ピラティスで肉体疾患のリハビリや予防

ピラティスで痛み緩和!頚椎ヘルニアにアプローチ

ピラティスは頚椎ヘルニアを緩和する

ピラティスでヘルニア緩和
 ピラティスの創始者は、自分の弱い体を鍛え、他の者のリハビリを研究することでこのメソッドを確立していきました。
長い年月をかけて培ったこの方法によって多くの傷病者が見違える程の肉体の改善を可能としています。
頚椎ヘルニアは、治りにくい症状とつらい痛みが特徴ですが、日常生活の中の不自然な姿勢や無理な運動などによって起こるものですから、それを予防し改善することで症状の緩和や予防をすることができます。
ピラティスのメゾットにはこれらの症状の緩和を助ける要素が含まれています。

病や負傷者にも実行できるメソッド

もともとピラティスのメソッドというのは、戦傷者や病気、怪我の治療後のリハビリテーションに使われていました。
頚椎ヘルニアの他にもさまざまな肉体の症状の緩和に役立つものです。
肉体を無理なく鍛えることができ、痛い部分を無理に治すものではないため、体の負担が少なくて済みます。
骨格を正すことに重点を置いているため、骨や筋肉に不快症状を抱える人には適した方法です。

ピラティスの病気やケガへのアプローチ

ピラティスは、現在でこそ多くの健康な人々に愛されていますが、本来は傷病者のリハビリや弱った体質を改善することを目的として始まったものです。
そのため、体に余計な負担をかけずに正しい肉体を作る過程を通して症状を改善して痛みや動きにくさを解消することができます。
痛みや無理な負担のある動きはしないため、精神的にもリラックスしてエクササイズを続けることができます。

創始者ジョセフ・ピラティスとは

ピラティスのメソッドは戦後、戦傷者に対して行われたリハビリテーションが始まりと言われています。
このメソッドを確立したのは、ジョセフ・ピラティスというドイツ人で、これをもとにして生涯かけて多くの人の肉体を改善することになりました。
もともと体が弱かったジョセフは、少年期から体を鍛え始め、自分の肉体の変化を見つめ続けました。自らが鍛えた体でいろいろなことにチャレンジすることを続け、他方では周囲の人々に対しても自分のメソッドでのリハビリや肉体の鍛錬を施すことになりました。
動けない病後の患者に対して用具や手法を用いてリハビリを施し、その効果を出し続けました。
解剖学をもとにした綿密に計算された方法は、弱った体を無理せず鍛えることができることで徐々に広まっていきました。

負傷者のリハビリへ

ジョセフ・ピラティスはイギリス国内で戦争を迎え、捕虜となりました。
収容所の中でも医療に関わり、収容されていた寝たきりの患者に対してリハビリを行うなどの活躍をしていました。他の捕虜たちにも自分のメソッドを教えており、その高い成果は後後へと語り継がれるようになりました。
戦後解放された後、アメリカへと渡ったジョセフはそこで多くの怪我をしたダンサーやアスリートの治療を手がけるようになりました。
指導を仰ぐ人も増え、有名な選手が彼の元をたくさん訪れるようになっていきました。

肉体の回復と正しい肉体づくり

ピラティスの手法は、肉体のあるべき姿への再構築にあるため、頚椎ヘルニアのような骨と神経の症状には大きな効果が期待できます。
痛みのある箇所を刺激することなく、体の負担を減らして行うことによって、快適なリハビリとなります。

頚椎ヘルニアにアプローチ
頚椎ヘルニアというのは、背骨の骨が部分的にズレて神経を痛めたり、圧迫したりするものです。
そのため、手足のしびれや動きにくさを感じたり、ずれた骨によって肩や首などにコリや痛みを感じたりします。骨が正常な場所にないため、これらのコリや痛みの症状は改善されることがなく、つらい症状からの回復には手術が用いられたりします。ピラティスを行うことで、外科手術をすることなく温存する場合にも痛みを減らし、症状を改善させる効果が期待できるのです。
正しい姿勢とそれをキープする筋肉を作るため、骨と神経が正しく働きやすくなり、痛みを和らげます。また、インナーマッスルを鍛えることで、骨の働きを補助して骨にかかる負担を減らすことが可能です。
予防するためにできること
頚椎ヘルニアは、仕事や日常生活で姿勢の悪さや運動をしないことによっても起こりやすくなります。
ピラティスを行うことで、姿勢を正すことができ、また日常生活においてそれを継続することができます。

肉体疾患のリハビリや予防

ピラティスで肉体疾患のリハビリや予防
ピラティスは、もともとリハビリや肉体を鍛えることで骨や筋肉を守り症状を改善するために始まりました。
その結果美しい肉体を得ることにも繋がったわけですが、本来の目的からすると、頚椎ヘルニアなどの疾患の緩和や予防という見地でのピラティスの利用は理にかなっていると言えるでしょう。
ピラティスの創始者自身も体が弱かったという経緯から、どんな体調の人にも無理なく始められるメソッドになっています。

ピラティスで頚椎ヘルニアの痛みを改善

筋肉を鍛えることで体を補強して骨を守り、姿勢を正すことで骨の歪みを正すピラティスは、頚椎ヘルニアのような症状の緩和に適しています。
治りにくい疾患ですが、手術せずに症状を抑えて、快適に過ごすこともできるようになります。

500円体験レッスン
ピラティス体験予約ヨガ体験予約
ピラティスの体験レッスン ヨガの体験レッスン