マインドフルネスと生死

はじめに

deth
今回はマインドフルネスと生死というテーマで話を進めていきたいと思います。
私達はみんな死にます。これは紛れもない事実です。普段の生活の中で私達は自分の死についてあまりリアルに捉えていないようです。自分自身も毎日が同じように繰り返される錯覚に陥りがちです。しかし、今の日本ではその意識も少しずつ変わりつつあるのかもしれません。東日本大震災、そして、今年は熊本での大災害で多数の死傷者、住む場所がなくなってしまった人など生きること自体が難しい方がいらっしゃいます。
仏教的には ‘一寸先は闇’次の瞬間には何が起こるかわからない、そういう覚悟で今を生ききりなさいと教えるそうです。
今回は重いテーマですが今、自分自身が感じている事を書いておきたいと思います。

武士道的「死」

私は学生の頃から時代小説ものを読むことが好きで、司馬遼太郎さん、池波正太郎さん、隆慶一郎さんなどをよく読んだものです。今では時代小説をゆっくり読む時間がなくなってしまいましたが…。
以前、隆慶一郎さんの著作の中で『死ぬことと見つけたり』(新潮社文庫)という小説を読んだことがあります。
その中でとても印象的だった部分がありました。朝、目覚めたらすぐに動かずにトラに襲われて食われる自分を想像しイメージの中で一度死んでから朝目覚めて一日の行動を開始するという内容でした。私がこの小説を読んだのはずいぶん昔の事でしたが、今回の生死のテーマを取り上げようと思った時に自然と内側から記憶が呼び起されました。
朝起きる時、死ぬ覚悟をまず心の中にイメージしてから一日を過ごすというのはどういう心境になるのだろう?当時はそんな風に興味本位だけが先立っていましたが…。
しかし、それから時間が経ち、自分自身の中でいろいろな生や死の経験を得て考え直してみると自分自身の死をイメージしてから活動し、いつ死ぬか分からないそういう覚悟を持って今を生ききる。死をイメージし生活することにより今この瞬間をいかに大切に過ごすかという方が生きることが鮮やかになってくるような気がします。
我々の祖先の一形態である武士という人たちの中には自らを律し生ききっていた人たちもいたのだと思います。そして、武士道として昇華して、時代とともにその役割を終えていったのでしょう。そして、そのエッセンスは現代の私達の中にも本来は存在しているものなのかもしれません。

今をどう生きるか

af0060019988l
東洋医学の先生が授業の中でお話しになったことを少し書いておきたいと思います。その先生は「私達は死にゆくようにできていて、最後の瞬間、自分がどのような死を迎えていきたいかで今の行動を決めていきなさい。」とお話しされていました。例えば、自分が死ぬとき、周りに自分の子供、家族、親族、親友そういう人たちに囲まれてハッピーに死んでいきたいのであれば今のこの瞬間からそのようになるようにビジョンをもって行動をしていくという事です。
このようなビジョンを持つようになると、自分自身の小さな我欲だけで限られた時間をすべて埋め尽くすような生活ではなく、周りの人たちそして、自分自身がより満足して楽しく生活できるような生活スタイル、習慣へと変化していくように思います。私自身もそのような感覚があります。
もちろん、我慢しないといけないことも沢山あるでしょうし、忍耐力も試されますが…。しかし、自分のビジョンを持った生活スタイルを積み重ねられると毎日が本当の意味で充実し自分自身も満たされる感じが出てきます。
逆に一人でさみしく、世の中の恨みつらみの中で死んでいきたいのであればそうすればよいのかもしれませんが、それは人の道としてはとても悲しいと私は思います。
当然の事ですが、私達は今の積み重ねの中で生きています。そして、何気ない日常の積み重ねが私達の習慣になり、私達の生活になり、私達の生き方になっていきます。
日常をなんとなく過ごしてしまう事としっかり将来のビジョンを持ち今している事を正しくとらえ今を生きていることでは最終的に大きな差になって自分自身の人生に現れてくるでしょう。
マインドフルネスは今の瞬間瞬間に判断を加えず注意を向け気づいているとよく言われています。
現在のマインドフルネスでは注意集中・判断を加えない・気づきということが定義上強調されていますが、本来のマインドフルネスはスキルやメソッドというものだけではないと思います。今にしっかり気づくということは過去、そして未来のビジョンを正しくもって生きているということでしょう。
マインドフルネスの先生であるボブ・シタール先生もマインドフルネスは‘Way of life‘であるとお話されていました。生き方そのものがマインドフルネスであるともいっていました。逆説的に言えば常に死もその裏側にあるということです。
今の自分がどのように生きていのちを燃やし、そして最後どのように死を迎えるか…。
自分自身に一度問いかけてみると新しい気づきがあるかもしれませんね。
今回はこの辺りで失礼します。
お読みいただきありがとうございました。
googleやゴールドマン・サックスなどの一流企業が続々導入し、アメリカでは一般市民レベルで大きな飛躍を見せている「マインドフルネス」。
一過性のブームではなく、現代人老若男女問わず必要とされるものとして認知されています。
科学的にもその効果が証明されており、ますます今後広がっていくと考えられます。
BASIピラティスはマインドフルムーブメントにフォーカスしたクラスを行うピラティス専門スタジオです。
BASIピラティス HP:basipilates.jp

<ライター>

長谷川 洋介uid000001_2014011323060468f6bfd0
医療法人和楽会 ヨーガ講師。東京マインドフルネスセンターにて指導。
法政大学卒業。2006年ヨーガを始める。
「マインドフルネスは今を大切に生ききることです。そして、マインドフルネスは生活の中で実践していくことがとても重要です。センターではヨーガやメディテーション等を通じ今に意識を向け、いろいろな気づきを得る練習をします。マインドフルネスを皆さんと一緒に実践し心と体を調えていきましょう。」
(社)ヨーガ療法学会 ヨーガ講師養成講座修了
東洋鍼灸専門学校卒業
鍼灸師(国家資格)
あんまマッサージ指圧師(国家資格)
ジョン・カバットジン博士「MBSRワークショップ」修了
介護予防運動指導員

500円体験レッスン
ピラティス体験予約ヨガ体験予約
ピラティスの体験レッスン ヨガの体験レッスン