ストレッチを行うのに効果的な時間とは?

ストレッチを行うのに効果的なのは、入浴後の時間帯だと考えられています


ストレッチは硬くなった筋肉を伸ばして、柔らかくするのが目的で行われます。そのためできる限り筋肉が緩みやすい時間帯だとストレッチの効果が出やすいとされています。
入浴後に時間帯は体が温まり、筋肉もほぐれやすいのでストレッチのよいタイミングだと言えます。ストレッチは20秒~30秒位、繰り返し行うのがよいともされています。
入浴後は水分不足気味なので、水分補給も忘れずに行いましょう。

入浴後は筋肉が温まり、伸びやすいとされています

ストレッチは筋肉を伸ばしたり縮めたりしてほぐし、体を柔らかくする効果が期待できます。そのためストレッチは筋肉が動きやすい状態にある時間帯で行うのが効果を得やすいと考えられます。
筋肉が硬直状態にあると伸縮しづらいので、筋肉が温まり多少緩む時間帯が望ましいと言えます。入浴後は体が温まり、血流が促されており、筋肉が伸びやすいためストレッチには適した時間帯だと考えられています。
ただ入浴後から45分以上経過してしまうと、筋肉が冷めて入浴前の状態に戻ってしまう言われています。このタイミングを逃さないように、ストレッチを行う事が大事です。
また入浴で体が温まり、発汗しているので体は水分不足に陥っています。筋肉は血液を含んだ組織なので、水分不足で血流が滞ると筋肉の動きが悪くなるので、ストレッチの効果も半減してしまいます。
そのため入浴後は少し休憩し、コップ1杯の水を飲んでからストレッチを行うようにしましょう。

1回に20~30秒位の時間のストレッチがよいとされています


ストレッチにかける時間は、基本的には20秒位~30秒位がよいと考えられています。10秒では時間が短く、筋肉が十分に伸びません。
しかし60秒と時間が長くても、実は20秒とあまり効果が変わらないとも言われています。ただ筋肉はゴムのようなもので、伸ばして縮むという動きを繰り返すことで少しずつ伸びていきます。
じんわり伸ばすという動作を60秒もかけて行うよりも、やや短い時間で回数をある程度繰り返すほうが、ストレッチの効果がより高まると考えられます。そのため20秒~30秒のストレッチを5回以上行う方がよいとされています。
さらに体の部位によって時間を変えるのが効果的とも言われています。太ももなどの筋肉は他の部位に比べると太めなので、時間をかけてゆっくりじわじわ伸ばしていくのがよいとされているので、30秒は必要でしょう。
逆に肩や腕などの筋肉は、薄いので時間をかけすぎると関節を痛める可能性もあるため、20秒程度の時間が適していると言われています。

食後の時間帯はストレッチを控えましょう

反対にストレッチを控えたほうがよい時間帯もあります。食後にストレッチを行うと、筋肉への血液の流れが盛んになる一方で、胃腸の血流が滞りがちになります。
すると消化不良を起こして、胃もたれや便秘などのトラブルを招く可能性があります。そのため消化が行われる食後30分位までストレッチは控えましょう。
また朝の寝起きにストレッチをした方がよいと聞いたこともあるでしょう。睡眠中は基本的に体が動かず、じっとしている時間が長いので筋肉が硬直しやすいと言えます。
硬くなった筋肉を朝のストレッチでほぐすことで、筋肉を動かしやすくするのにも効果的だと考えられています。ただ筋肉を伸ばして柔軟性を養うという意味では、入浴後のストレッチの方がよいと考えられています。
ストレッチが面倒に感じて入浴後毎日できないと、週末などにまとめて長い時間を行えばよいのではないかと思う方もいるでしょう。しかし時間が空いてしまうと筋肉はまたすぐに硬くなってしまい、ストレッチをやっていない状態に戻ってしまうとされています。
硬くなる前に、こまめにストレッチを行わないとストレッチの効果が現れにくくなるというわけです。そのためまとめてではなく1日短時間でもいいので毎日ストレッチを続けることが大事です。

(まとめ)ストレッチを行うのに効果的な時間とは?

1.ストレッチを行うのに効果的なのは、入浴後の時間帯だと考えられています

ストレッチは体温が上昇し、筋肉が緩みやすい入浴後の時間帯で行うのが効果的だとされています。
1回のストレッチは20秒~30秒位、回数を繰り返すことで筋肉が解れやすいと考えられています。

2.入浴後は筋肉が温まり、伸びやすいとされています

入浴後は体が温まり、血流が促されて筋肉が緩みやすいのでストレッチの効果が出やすい時間帯だと言えます。
ただ入浴後から45分以上経過すると、筋肉が冷めて硬くなりやすいので、時間内にストレッチを行うようにしましょう。

3.1回に20~30秒位の時間のストレッチがよいとされています

ストレッチは1回で60秒と長く続けるよりも、20秒~30秒位と短い時間で数回行うのが効果的だとされています。
筋肉には伸び縮みを繰り返すほうが、解され柔らかくなって伸ばしやすくなるからです。

4.食後の時間帯はストレッチを控えましょう

消化不良を起こしやすいので、消化が行われている食後30分位まではストレッチを控えましょう。
またストレッチは日にちが空くと、筋肉が硬くなって伸びづらいため、毎日短時間でもいいので続けることが大事です。

500円体験レッスン
ピラティス体験予約ヨガ体験予約
ピラティスの体験レッスン ヨガの体験レッスン