ストレッチを運動前にしてはいけない?

運動前にストレッチをやりすぎてはいけない場合もあります


ストレッチは、身体を伸ばして筋肉と関節をほぐすなどの目的で行う運動です。運動前には、ケガを予防するための準備運動としてストレッチを行い、身体の柔軟性を高める必要があるといえるでしょう。
ところがストレッチの種類によっては、運動前にやりすぎると運動に支障がでる場合もあるといわれています。運動前のストレッチは、ストレッチの特徴や方法に気をつけて正しく行うことが大切といえます。

ストレッチは種類により方法や効果が違います

ストレッチには静的ストレッチ(スタティックストレッチ)と動的ストレッチがあります。さらに動的ストレッチはダイナミックストレッチとバリスティックストレッチに分けられます。

スタティックストレッチ

反動を使わずに数秒~数十秒間筋肉や関節を伸ばして柔軟性を高めるストレッチです。筋肉をほぐして関節の可動域を広げることで、老廃物を流す代謝の改善につながるとされています。
心身のリラックスのためや、疲労を回復させたいときなどに適しています。

ダイナミックストレッチ

身体を動かしながら筋肉や関節を伸ばす方法です。ラジオ体操もダイナミックストレッチに分類されます。
筋肉の柔軟性を高め、体温の上昇・心拍数の上昇・血行促進などの効果が期待できるでしょう。

バリスティックストレッチ

身体を動かし、反動をつけながら筋肉と関節を伸ばすストレッチです。ダイナミックストレッチと同じような目的で行う運動ですが、ダイナミックストレッチよりも激しい運動といえます。
動的ストレッチは身体に少し負荷をかけて行い、運動する前の準備を整える運動とされています。運動前には、静的ストレッチではなく動的ストレッチを行うといいでしょう。

静的ストレッチは運動前には適さないストレッチとされています


日常生活でずっと座っていた状態から運動を始めようとするときには、ストレッチをする必要があるとされています。それまで動かしていなかった筋肉や関節は硬くなっているため、急に激しい運動を始めると、ケガや肉離れなどを起こすことがあるかもしれません。
そのためスポーツなどの運動をする前には、ストレッチをするといいとされています。ただし静的ストレッチは、動的ストレッチとは違う働きをするため、スポーツなどの前には適さないストレッチといえるでしょう。
静的ストレッチでは数秒間筋肉を伸ばし続けることで、硬くなっている筋肉をほぐすとされています。ストレッチで筋肉が柔らかくなると、硬い筋肉によって流れが滞っていた血流の促進につながって、 新陳代謝がアップし、冷え性・むくみ・肩こりなどの改善が期待できるとされています。
そして静的ストレッチのあとには動的ストレッチのように体温や心拍数が上昇することはなく、逆に身体がリラックス状態になるでしょう。リラックスした状態になると、筋肉のパフォーマンスが落ちてしまうため、静的ストレッチはスポーツなどの運動前には適さないといわれています。

適したストレッチ方法がケガを防ぎ運動効果を高めるといえます

静的ストレッチや動的ストレッチなど、ストレッチによってその特徴や目的は異なります。必要なときに適したストレッチを行うことが、ケガを予防して安全に運動すること、運動効果を高めることにつながるでしょう。
ストレッチは自分で運動のレベルを調節しながら行うため、ムリをしすぎると筋肉を痛めてしまう場合もあります。身体を柔らかくしたいと思っていても、痛みを感じるほど過度なストレッチはしないように気をつけて行いましょう。
世界では多くのアスリートが、基本トレーニングにピラティスを行っています。ピラティスのエクササイズには、筋肉や関節を伸ばす働きや筋力トレーニングの働きなどがあるため、スポーツ前に行う運動として適しているといえます。
ピラティスを生活に取り入れると、日常生活で生じた筋肉や骨格の歪を正しく矯正して、身体バランスを改善することが期待できるでしょう。正しい呼吸法を行い、鍛える筋肉に集中して行うピラティスのエクササイズは、スポーツに必要な精神面と肉体の両方を鍛えるためにも適しているといわれています。

(まとめ)ストレッチを運動前にしてはいけない?

1.運動前にストレッチをやりすぎてはいけない場合もあります

ストレッチは体を伸ばして筋肉と関節をほぐす目的で行います。運動前にケガの予防のため行う必要があるとされています。
ただしストレッチの種類とやり方によっては運動前のストレッチの逆効果になる場合もあるでしょう。

2.ストレッチは種類により方法や効果が違います

ストレッチには、静的ストレッチと動的ストレッチがあります。動的ストレッチは筋肉の柔軟性を高め、体温や心拍数を上昇させるなどの働きが期待できるため、運動前には動的ストレッチを行うとよいとされています。

3.静的ストレッチは運動前には適さないストレッチとされています

静的ストレッチを行ったあとには、体温や心拍数が上昇せず、逆にリラックスした状態になるとされています。そのため筋肉のパフォーマンスが落ちることから、スポーツなどの前には適さないといわれています。

4.適したストレッチ方法がケガを防ぎ運動効果を高めるといえます

ストレッチは自分で強度を調節するので、ムリをして筋肉を痛めないよう注意が必要です。多くのアスリートが基礎トレーニングに取り入れているのがピラティスです。
ストレッチや筋トレなどの効果も期待でき、スポーツをする方におすすめといえるでしょう。

500円体験レッスン
ピラティス体験予約ヨガ体験予約
ピラティスの体験レッスン ヨガの体験レッスン