運動後にもストレッチが必要?

運動後のストレッチは疲労回復を早めるためにも必要といえます


運動をしているときには、筋肉に栄養を運ぶため多くの血液が流れています。ジョギングのあとに急に止まるなど、運動を急激にやめると血液が身体の各部に溜まったままになる場合があるかもしれません。
そして血液が上半身や心臓に戻りにくくなるなどの問題を避けるために、急に運動を止めずクールダウンを行う必要があるといわれています。クールダウンにはストレッチなどが適しているとされています。

クールダウンにより運動後のさまざまなメリットが期待できます

スポーツなどの運動を行っているときには、 普段よりも血圧や心拍、体温が上昇し血液の流れが促進されています。ところが運動を急にやめると、身体の状態も急激に変化を始めてしまうでしょう。
クールダウンをしないと急激な血圧や心拍の低下により血流が弱まり、代謝も阻害されるなどの問題が生じるとされています。運動時には筋肉中に疲労物質とされる乳酸が発生するといわれています。
急激に運動を止めて代謝が悪化した場合には、この乳酸が筋肉に留まったままになるため疲労もとれにくくなるでしょう。また運動をしているときには筋肉が激しく収縮しているため、運動直後の筋肉はまだ緊張した状態でいるとされています。
運動後に運動を徐々に弱めていき、ゆっくりと身体の動きを止めていくと、 急激な身体の変化が生じにくくなるでしょう。そしてクールダウンのときに適したストレッチを取り入れることで、緊張して硬くなっている筋肉をほぐすことができるとされています。

運動後には適したストレッチを行う必要があるといえます


クールダウンには、適したストレッチを行うといいでしょう。ストレッチには主に静的ストレッチと動的ストレッチの2種類があります。
静的ストレッチは、反動をつけたり動きを入れたりしないで数秒間ずつ筋肉を伸ばすストレッチです。対して動的ストレッチは、ラジオ体操のように体を動かしながら少しずつ筋肉や関節をほぐしていく、動きのあるストレッチといえるでしょう。
動的ストレッチは、さらにダイナミックストレッチとバリスティックストレッチに分けられ、反動を使って大きく筋肉を伸ばす。
ストレッチがバリスティックストレッチといわれています。そしてストレッチの中でもクールダウンに適しているのは静的ストレッチとされています。
動きを伴わず負荷をかけない静的ストレッチでは、運動後の緊張している筋肉をゆっくりと伸ばしてほぐし、柔軟性を取り戻すことができるでしょう。運動後には、運動時に上がっていた心拍数などが低下します。
静的ストレッチで筋肉の柔軟性を改善すると硬くなった筋肉によって悪化していた血流が促進されるため、ストレッチで身体に大きな負担がかかる血圧や心拍数などの急激な低下を防ぐことが期待できるでしょう。

運動後には正しくクールダウンをして疲労から早めに回復しましょう

運動後にしっかりとクールダウンをしないと、筋肉の柔軟性や血流がなかなか改善されないといえます。運動すると筋肉が損傷し、筋肉の修復には血液が運んでくる栄養がたくさん必要になるでしょう。
クールダウンにストレッチなどを行うと、血流が改善されて、運動をしたあとの筋肉や身体の早めの回復が期待できます。運動後にはクールダウンを忘れずに行うことが重要です。
運動後のクールダウンにはピラティスが適しているといえわれています。ピラティスは身体に負担の少ない動きでムリなくできる有酸素運動とされています。
徐々に身体をリラックスさせていくことで、正しいクールダウンができるでしょう。呼吸法で新鮮な酸素を身体に取り込むため、循環器系や筋肉、全身の活性化も期待できます。
ピラティスのエクササイズは、その特徴から高齢者の健康維持に取り入れられることも、アスリートの基礎的なトレーニングに取り入れられることもあります。身体の健康・体調維持もできるように計算して作られたエクササイズで、運動後の身体もムリなくクールダウンできるでしょう。

(まとめ)運動後にもストレッチが必要?

1.運動後のストレッチは疲労回復を早めるためにも必要といえます

運動をしているとき、筋肉には多くの血液が流れています。その運動を突然やめると 、血液が体の各部に溜まったままになりやすいため、ストレッチなどのクールダウンを行う必要があるとされています。

2.クールダウンにより運動後のさまざまなメリットが期待できます

運動を急にやめると、血圧や心拍などが急激に下がって血流が弱まる、筋肉の緊張状態が解けないなどの問題が生じるでしょう。運動後にクールダウンを行うとゆっくりと身体が通常の状態に戻るため、問題は生じにくいとされています。

3.運動後には適したストレッチを行う必要があるといえます

ストレッチには、静的ストレッチと動的ストレッチがあり、クールダウンには静的ストレッチが適しているとされています。静的ストレッチで筋肉の緊張をほぐすことが、運動後の急激な血圧などの低下を防ぐことにつながるでしょう。

4.運動後には正しくクールダウンをして疲労から早めに回復しましょう

運動後には筋肉が損傷するため、修復するためには栄養を運んでくる血流を促進することが大切といえます。有酸素運動の一つとされるピラティスで、新鮮な酸素を取り込んで循環器系を活性化させ、少しずつ身体をリラックスさせてクールダウンできるでしょう。

500円体験レッスン
ピラティス体験予約ヨガ体験予約
ピラティスの体験レッスン ヨガの体験レッスン