高齢者はストレッチをした方がいい?

高齢者の体調管理にはストレッチが適しているといえます


年齢を重ねると、筋肉量や筋力などの機能が低下することがあります。そして筋肉や骨、関節に障害が現れると、さらに筋力の低下が生じて歩行が困難になるなど身体機能が衰える場合もあるでしょう。
高齢者の身体の機能が衰えないようにするには、日常生活にストレッチなどの運動を取り入れることがいいといわれています。ストレッチは筋肉や関節を柔軟にするための軽度な運動で、硬くなりやすい手足の動きの改善が期待できます。

高齢の方は軽い運動を日常に取り入れることが大切とされています

高齢の方は、健康寿命を伸ばすために筋力や体力を維持する運動の習慣をつけることが奨励されています。年齢を重ねていくと、徐々に筋肉量の低下や動脈硬化が進み、運動能力や健康状態が悪化しやすいといえわれています。
そこで日ごろから運動する習慣を身に付けることで、身体機能や健康状態を維持することにつながるでしょう。実際に年齢による健康状態の悪化に日常生活での運動不足が加わると、がんや心筋梗塞、脳梗塞などの成人病による死亡リスクが上がるとされています。
介護を必要としない健康な身体を維持するためには、日常的に運動をすることが大切ですが、運動のしすぎにも注意が必要といえます。 高齢の方が突然ランニングや強い負荷のかかる筋力トレーニングなどを行うと、衰えを感じていた血管へ大きな負担がかかり心疾患などにかかることもあるかもしれません。
また激しい運動の際には、転倒して骨折してしまうなど思いがけないリスクも考えられます。ムリな運動をするのではなく、手軽に行えるストレッチングやウォーキングなどの軽度の運動を日常に取り入れることが大切といえます。

ストレッチを続けることでさまざまな効果が期待できます


普段から長い時間同じ姿勢で座っていたり、同じような動きしかしないことが多いと、筋肉バランスが偏りがちになるといえわれています。ずっと使っていない筋肉や関節は萎縮し、硬くなって動きが悪くなるため、その予防や改善には身体全体を動かせるストレッチが適しているといえるでしょう。
ストレッチなどの身体の柔軟性を高める運動には、さまざまな効果が期待できます。

高齢者向けのストレッチの目的

・年齢による筋肉の萎縮や固まることを予防する
・筋肉や関節を柔軟にし血行を改善させる
・体を動かすことでストレスを解消する
・脳に刺激を与えて認知症を予防する
・筋肉の柔軟性・運動機能を保ち転倒を防止する
ストレッチのような運動を行っていると身体機能を維持するだけでなく、脳の活性化につながって認知症を予防する働きも期待できるでしょう。 また慢性的な腰痛や膝の痛みなどはその多くが加齢による筋肉・関節の衰えから生じるといわれています。
ストレッチやエクササイズで筋肉を鍛え、硬くなっている関節を柔軟にすることで腰痛や膝の痛みの改善も期待できるでしょう。

健康維持のためには正しい運動の継続が必要とされています

健康を維持するための運動は、継続する必要があるといえわれています。徐々に筋肉や関節の柔軟性を上げ、筋力をアップさせることで健康の改善・病気や障害の予防に役立つといえるでしょう。
関節を柔軟にし、身体の深部にあるインナーマッスルを鍛えて筋力をつけるなど、健康の維持に適しているのがピラティスのエクササイズといわれています。ピラティスはアスリートが用いる基礎トレーニングとしても有名な運動の一つで、ハリウッドセレブや芸能人にも注目されている人気のエクササイズといえるでしょう。
ピラティスはその効果だけでなく、難しいポーズがなく安全で誰でも行えるという特徴から、高齢の方向けの体力作にもよく取り入れられています。ピラティスを日常生活に取り入れて継続することが、健康寿命を延ばすことにつながるでしょう。
運動を続けるのがどうしても苦手という方は、スクールに通ってみるのもおすすめです。レッスンでは通う日が決まっているため続けやすく、正しい運動方法をしっかり学ぶこともできます。
楽しみながら、効率よく運動を継続できるでしょう。

(まとめ)高齢者はストレッチをした方がいい?

1.高齢者の体調管理にはストレッチが適しているといえます

年齢を重ねると筋肉量や筋力などが低下し、場合によっては歩行が困難になるまで身体機能は衰えることもあります。予防のためにストレッチで筋肉や関節を柔軟にしていると、硬くなりやすい高齢者の手足の動きの改善が期待できます。

2.高齢の方は軽い運動を日常に取り入れることが大切とされています

高齢の方は筋力や体力を維持するために運動の習慣をつけることが奨励されています。身体能力や健康状態は年齢を重ねると低下しやすいので、健康寿命を延ばすために、ムリせず行える軽度の運動を日常生活に取り入れることが大切といえます。

3.ストレッチを続けることでさまざまな効果が期待できます

長い時間同じ姿勢で座っている、同じ動きばかりしているなどの場合には、筋肉のバランスが偏りがちになるでしょう。ストレッチやエクササイズを行うと、全身の筋肉や関節を動かし、血行の改善や認知症の要望などさまざまな効果が期待できます。

4.健康維持のためには正しい運動の継続が必要とされています

健康を維持するためには、筋肉や関節の柔軟性を上げて筋力をつけるために必要な運動を続けることが大切といえます。運動を続けるのが苦手な方は、正しい運動方法を学びながら楽しく続けられる、スクールに通ってみてはいかがでしょうか。

500円体験レッスン
ピラティス体験予約ヨガ体験予約
ピラティスの体験レッスン ヨガの体験レッスン