眠っている女性

色々したが、未だに睡眠改善がされない方へ。〈ピラティス&CBD〉を生活に取り入れてみませんか?

睡眠改善には、〈ピラティス・ヨガ × CBD〉が更に有効的?

今私たちが着目しているのが、ウェルビーイングや生活の豊かさに大きな影響のある「睡眠の質」。
私たち日本人は世界一睡眠時間が短く、 睡眠不足であることを、みなさんご存知でしたか?

経済協力開発機構(OECD)が行った調査によると、日本人の睡眠時間(7時間22分)は、 調査の対象となった33カ国の中でも最低で、全体平均(8時間27分)を1時間以上も下回る結果となりました。

あらゆる不調や病気の根本的な原因はストレスだと言われており、ストレスが元で起こることのひとつに「睡眠の質の低下」があります。2004年に大学生を対象に行われた研究では、ストレス反応が高い人のうち、約70%が睡眠に関連して何かしらの問題を抱えていることが明らかになりました。

皆さんの中にも、「最近寝つきが悪い」「夜中に何度も起きてしまう」というようなお悩みを抱えている方がいるのではないでしょうか?

ピラティスは睡眠改善に良いことは既に研究で証明されている

zenplace が行っているピラティス・ヨガのマインドフルムーブメントを効果的に行うと、脳のエネルギー消費を抑え、ネガティブな思考を抑制する働きが期待できます。自律神経の働きも改善され、日中は活動的になり、夜はリラックスしてぐっすり眠ることができるようになるのです。

イエール大学の研究によると、瞑想などのマインドフルネスは、脳が意識的な活動をすること、集中した状態を作ることができ、これにより、脳がストレスなくリラックスした状態になります。まさに、ピラティス・ヨガのマインドフルムーブメントも同様の脳内の状態を作ることで有効であり、良質な睡眠に効果があると言われています。

CBDも睡眠改善に良いことが既に研究で証明されている

そして、ヘンプから抽出された自然成分『CBDオイル』も、不眠の原因となる、過度の疲労やストレス、生活リズムの乱れ、 カラダやこころの不調を解消すると言われています。

CBDを利用する目的とその効果について、 アメリカ在住の約2,500名対象に行われた調査では、慢性的な関節痛や不安・抑うつ症状の軽減、 不眠症・睡眠障害の改善がCBD利用の主な目的であるという結果になり、 アメリカではCBDが睡眠改善のために多く利用されていることが分かりました。
また、その効果に関しては、全体の約36%の人が「治療の効果をしている」と回答し、 不眠改善に明らかな効果を感じていることが明らかになりました。
※論文は英語になりますが、GoogleChromeの検索窓の右にある翻訳ボタンを押すと、全文が日本語で表示されます。

睡眠改善には〈ピラティス・ヨガ × CBD〉が有効的

睡眠トラブル解消のため、枕やマットレスなどの寝具を変えたり、アロマやヒーリングミュージックを用いることももちろん有効な手段ですが、心身の司令塔である「脳」のケアとして、【zen placeピラティス・ヨガ+CBD】というライフスタイルを取り入れられるのはいかがでしょうか?

zen placeが販売する
最高品質のCBDはこちら

※レビューの一部をシェアさせていただきます。

42歳・男性 Aさん
効果は明らかに感じました。期待値の高さにもよりますが、薬ではないので、劇的に変わることはないと分かっていました。 まず、途中で起きることなく、寝れるようになり、朝スッキリ起きられるようになりました。また、日中は不安感が焦りが治められているなど、 体感できるレベルで生活の質が改善されています。

48歳・女性 Bさん
起きた時の感覚が違います。緊張状態を次の日に持ち越さず、リセットされている感じですね。

55歳・女性 Cさん
睡眠改善は効果大です。飲むタイミングは寝る前で、睡眠は間違いなく深くなりました。むしろ深くなりすぎて怖いくらいかもしれません。 地震が起きても、起きないんじゃないか?家族からも「寝返りもうたずに、身動きしないで寝ているね。」と驚かれました。 朝起きた時のスッキリ感が違います。

zen placeが販売する
最高品質のCBDはこちら

SNSでシェア
ピラティス・ヨガを体験する
//サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述