有酸素運動でキレイにダイエット! ヨガやピラティスの効果とは?

無理なくキレイにダイエットをするなら、運動をするのが一番だと言われています。しかしいきなり激しい運動はしなくない、冬場は外に出るのが嫌といった理由から、長続きしない方も多いものです。その点、ヨガやピラティスなら、運動が苦手な人でも挑戦しやすく、しかもダイエットへの高い効果にも期待できます。

基礎代謝を上げる理由

人間の身体には基礎代謝というものがあります。これは食べ物の消化や息をするなど、生命活動を維持するために使われるエネルギー量のことです。言い換えれば、基礎代謝が高いほど痩せやすい身体であるということになります。
基礎代謝量を上げるには、身体を温めることや筋肉量を増やすことが有効です。筋肉を動かすにもエネルギーが必要になるため、日常のちょっとした動きの中でも、より多くのカロリーを消費できるようになります。

有酸素運動と筋トレの組み合わせが大切

ダイエットをするには基礎代謝のアップが肝心ということはわかりましたが、ただ筋肉を増やして基礎代謝を上げるだけでは限界があります。基礎代謝はあくまで「何もしなくても使われるエネルギー」ですから、ほかに何もしなくても痩せるというわけではないのです。
そこで、筋トレと合わせて行いたい運動があります。それは有酸素運動です。有酸素運動は、軽く息が上がる程度、苦しくない程度で、酸素を体内に取り込みながら行います。例えば少し速足のウォーキングや自転車なども有酸素運動の一種です。
脂肪は少しきつく感じるくらいの運動をしたとき、一番燃焼効率がよいとされています。だからこそ、ダイエットをするなら有酸素運動が欠かせないのです。
また、有酸素運動をするなら、断然筋トレの後がおすすめです。筋トレを行うと成長ホルモンが分泌され、血糖値が上がり脂肪が燃焼されます。このタイミングで有酸素運動を行えば、よりたくさんの脂肪が燃えるというわけです。

有酸素運動ならヨガ・ピラティス

有酸素運動にはさまざまな種類のものがあり、ただ歩くだけでも問題ありません。しかし天気が悪いなど続けるのが面倒なときもあるでしょうし、元々運動が嫌いな方なら、余計につらいものがあります。そのような場合、ヨガやピラティスを行うというのも一つの手です。
ヨガもピラティスも、インナーマッスルを使いながらゆっくり動きます。特にピラティスはヨガと異なり、一つひとつのポーズを決めるわけではなく、流れるように常に動き続ける運動です。しかも無酸素運動にならないよう深呼吸をしながらなので、見た目以上に筋肉に負荷がかかります。ヨガも腹式呼吸を行いながら身体を動かすため、正しく行えば立派な有酸素運動です。
どちらにしろ、基礎となる呼吸法が大切ですから、できればきちんと先生について指導してもらった方がダイエットに効果的です。まずは無料レッスンなどで、どのくらい身体が疲れる運動であるか、試してみるといいかも知れません。

 

ピラティス体験予約ヨガ体験予約
SNSでシェア
ピラティスの体験レッスン ヨガの体験レッスン