肩甲骨はがしの方法とは?

肩甲骨はがしにはエクササイズなどさまざまな方法があります

肩甲骨はがしの方法にはさまざまな方法があります。ヨガ・ピラティス・エクササイズ・ストレッチ・整体やマッサージ店で受ける施術など、多様な方法があるといえるでしょう。
肩甲骨はがしは、肩こりや首のこりなどによって肩甲骨の動きが悪くなっている場合の改善に適した方法とされています。それぞれやり方によって方法は異なりますが、どの方法でも肩甲骨まわりの筋肉をほぐして、動きが悪くなっている肩甲骨の動きをスムーズにする働きがあるといえます。

肩甲骨はがしは肩こりなどの改善に適しています

近年では、長時間のパソコンやスマートフォンを使用する方が増えています。そのため猫背やストレートネックなど肩こりになりやすい姿勢で過ごす時間が増え、肩こりで悩んでいる方が増加しているといわれています。
肩こりは、悪い姿勢などが原因で肩まわりの筋肉への負担が大きくなり、筋肉の緊張が続いて硬くなった状態といえるでしょう。筋肉が硬くなると血行が悪化したり頭痛が生じたり、悪化すると自律神経の乱れが生じる場合もあるとされています。
肩甲骨は肩から背中の部位にある三角の形をした骨のことで、首を支える筋肉などとくっついて、肩を上げ下げしたり、腕を上げ下げしたりするなど上半身が自在に動けるようにサポートしています。肩こりや背中のこりなどが生じると、肩甲骨まわりの筋肉が硬くなるため、肩甲骨が肩こりで硬くなった筋肉によって背中に張り付けられたようになるでしょう。
肩甲骨はがしとは、背中に張り付いている肩甲骨をはがして、肩甲骨が本来の可動域を自由に動けるようにする方法です。肩甲骨はがしには自分で行うエクササイズやストレッチがあるので、肩甲骨の動きが気になった時には、気軽に行いやすいといえます。

肩甲骨はがしはマッサージとは異なります

同じ姿勢を続けることや、筋肉の衰えなどによって生じた肩こりで固まった筋肉は、マッサージなどで改善することが難しいとされています。肩こりは、体の深い場所にある肩甲挙筋や菱形筋に負担がかかってこりが生じることが主な原因といわれています。
体の表面に近い場所にある僧帽筋のこりも肩こりの原因のひとつですが、この僧帽筋のこりはマッサージや肩もみなどでほぐすことで改善しやすいといえるでしょう。ただし深い部分にある筋肉のこりは、マッサージでは改善が難しく、肩甲骨はがしなら改善が期待できるといわれています。
肩甲挙筋や菱形筋は肩甲骨を動かす時に使う筋肉とされています。そのため肩甲骨を動かすストレッチやエクササイズなどでこれらの筋肉を動かしてほぐすか、整体などで受ける強めの施術で肩甲骨まわりの筋肉をほぐすなどの肩甲骨はがしを適度に行うといいでしょう。
自分で行う肩甲骨はがしのストレッチには、肩をぐるぐる回す方法や、背中を思い切り伸ばす方法などさまざまな方法があります。自分で行うストレッチは、自宅で定期的に行うとより効果が出やすいといえるでしょう。

肩甲骨はがしでは根本から肩こりなどの症状が改善されます

肩甲骨はがしには自分でできるストレッチやエクササイズなどがありますが、正しい姿勢や正しい動きで行わなければ十分な効果が得られません。また整体で受けることができる肩甲骨はがしは、人によっては強い力での施術が必要になる場合もあります。
ムリなく正しい肩甲骨はがしを行うには、ピラティスの肩甲骨はがしがおすすめといえます。ピラティスの肩甲骨はがしでは、肩甲骨を中心とした動きで肩の筋肉をほぐすことが期待できます。
ヨガよりも簡単な動きで、負荷をかけたい部分に集中して行うことができるので、効率よく肩甲骨まわりの筋肉をほぐし、鍛えることができるでしょう。ピラティスでは正しい姿勢で行うため、姿勢の矯正や正しい呼吸方法で肩こりの原因となる体のゆがみから改善することが期待できます。
姿勢のゆがみが矯正できるので、肩こりの根本的原因まで改善が見込めるというメリットもあります。マジックサークルというツールを用いて、負荷をかけたい部分にもしっかり力をかけられる肩甲骨はがしができるでしょう。

(まとめ)肩甲骨はがしの方法とは?

1.肩甲骨はがしにはエクササイズなどさまざまな方法があります

肩甲骨はがしの方法には、ヨガやピラティス、整体などで受ける施術などさまざまな方法があるとされています。肩甲骨はがしの方法にはさまざまなものがありますが、肩甲骨周りの筋肉をほぐして動きをスムーズにする働きがあるといえます。

2.肩甲骨はがしは肩こりなどの改善に適しています

肩こりは、姿勢が悪いことなどの負担から、肩まわりの筋緊張が続いて硬くなった状態といえます。硬い筋肉によって背中に張り付いた肩甲骨は、気軽に行えるエクササイズなどの肩甲骨はがしで改善できる場合もあります。

3.肩甲骨はがしはマッサージとは異なります

姿勢の悪さや筋肉の衰えなどによって生じた肩こりは、身体の表面に近い場所の筋肉はマッサージなどで改善が期待できます。ただし体の深部にある筋肉にはマッサージではなく、肩甲骨はがしが適しているとされています。

4.肩甲骨はがしでは根本から肩こりなどの症状が改善されます

肩甲骨はがしには自分でできる簡単なストレッチやエクササイズがありますが、やり方によっては十分に効果が得られない場合もあります。ピラティスではムリなくできる動きで、効率よく負荷をかけた肩甲骨はがしが行えるでしょう。

キャンペーン実施中!
今ならグループレッスンの
体験1回500円(税込)!
さらに体験当時入会で
入会金無料!
SNSでシェア
ピラティスの体験レッスン ヨガの体験レッスン