ピラティスで身体のコアを鍛える

ピラティスの基本はポーズからなの?

ピラティスの基本ポーズは身体のコアを鍛えるエクササイズ

ピラティスで身体のコアを鍛える
モデルや女優のような芸能人からも高い人気と注目度を誇っている「ピラティス」。
腹式呼吸を推奨するエクササイズで、除骨や肩甲骨を意識するポーズから始まるため、姿勢の改善にも繋がるとされています。
そう、ピラティスの基本は、まずポーズにあると言えるのです。
この基本ポーズをしっかり身に着けることで、ピラティスの効果は最大限に引き出されるとも言えますね。
身体の筋肉を偏りや歪みを正して、バランスが良いものに整えていくものなので、無理なく良いものを取り入れられるようにしましょう。
そもそもピラティスの始まりは、身体の中心部を意識して鍛えることです。
この中心部は腹横筋と内腹斜筋という筋肉を指しており、身体の中でも唯一横に筋繊維を走らせているという特徴があるのです。
この筋肉は内臓をガードルのように包み込んでいるため、機能低下は骨盤の位置をキープしにくくなることに繋がる可能性もあるため、適切な対処が必要というわけです。

ピラティスとヨガの違いとは?

ピラティスとヨガが同じものであると勘違いしている人がしばしばいます。
確かにピラティスの歴史を振り返ると、インド発祥であるヨガを参考にして体系化されてはいますが、実際は大きな違いがあります。
ヨガは現在では健康法として広く知られているものの、元々は思想体系を根元においた修業方法であり、治療方法です。
呼吸とストレッチに重きを置き、筋肉を鍛え上げていくものですね。
一方ピラティスの方と言えば、元々は戦争のリハビリとして生まれ、練り上げられてきたトレーニング。
戦時中に大幅に発展した解剖学を用いたインナーマッスルのトレーニングエクササイズです。
正しい骨格を意識して、体幹の筋肉を整えていくものなのです。
深層筋肉を鍛えていく上で、ポーズや呼吸もチェックしていくのが違いですね。

ピラティスは、いま女性に支持されているエクササイズ

ピラティスは女性に支持されている
近年注目を集めているピラティスですが、その中でも特に女性からの人気が高くなっています。
テレビや雑誌などのメディア媒体においても、非常に高い注目を集めていますが、そのターゲットはやはり女性を中心層としています。
ピラティスは体幹に働きかけていくタイプのエクササイズですから、美容法として活用されることがとても多いのが理由ですね。
また、美容関係のエクササイズ類の中では、ピラティスは比較的動きが緩やかで、身体への負荷も少ないというメリットがあります。
そのため、激しい運動や身体に負荷がかかりすぎるエクササイズを避けたい女性から好まれる傾向にあるというわけですね。
ピラティスを指導するスタジオやインストラクターも多くなっていますし、総合スタジオでは新しくピラティスのコースを設置するところも増えていますよ。

ピラティスの基本ポーズを会得しよう

ピラティスのスタジオや教室によっては、クラス分けやコース分けがされている場合があります。
初心者の人は、まずはピラティスの基本であるポーズからしっかり身に着けられるところを選ぶのが良いでしょう。
ベーシックのピラティスをはじめとして、目的別に区分けされているところも少なくありません。
ボディメイクのピラティス、ウエスト引き締めの子ピラティス、ヒップ引き締めのピラティスなどですね。
姿勢やウォーキングに特化したコースもあります。
しかしそうは言っても、まずはいくつかの基礎的なポーズから始めていくのが効率も良いでしょう。
背骨をねじるポーズは、基本のポーズですが猫背の改善やウェストの引き締めに効果的とされています。
ワキ腹や腹斜筋のストレッチ、骨盤の安定にはサイドストレッチのポーズがおすすめですね。

(まとめ)ピラティスの基本はポーズからなの?

1.ピラティスの基本ポーズは身体のコアを鍛えるエクササイズ

いま注目を集めているピラティスは、身体のコアにあたる筋肉を鍛えることで、姿勢を直したり、身体的な不調を防いだりする効果が期待出来ます。
ピラティスの基本は無理のない正しいポーズとなっています。

2.ピラティスとヨガの違いとは?

ピラティスとヨガは、発祥や普及の仕方から似ているものと思われがちですが、実は本来体系化された背景や根本の目的を考えると、似て非なる部分が非常に多くなっています。
ピラティスの基本はポーズや呼吸を意識しながら、体幹を鍛えて整えていくものです。

3.ピラティスは、いま女性に支持されているエクササイズ

近年高い注目度を誇っているピラティスは、女性人気が非常に高いエクササイズです。
その理由は、身体にかかる負担が少なく、動きも緩やかで、女性でも手軽に取り組みやすいからでしょう。

4.ピラティスの基本ポーズを会得しよう

スタジオや教室でピラティスを始める人は、ピラティスの基本から取りかかれるコースを選ぶようにしましょう。
基本のポーズを身に着けて、目的に合ったピラティスをすることも大切になって来るでしょう。

500円体験レッスン
ピラティス体験予約ヨガ体験予約
ピラティスの体験レッスン ヨガの体験レッスン