インストラクター紹介

Maya

ピラティス
ピラティスインストラクター
■ 資格
■ 出身地: 岩手県
【2/10今日の一言】
皆さん、自分の坐骨触れますか?
毎回ピラティスで坐骨幅で立ってくださいと呪文のように言っているのですが、自分の坐骨は死ぬまで直接は見れません。触ることで辛うじてこんな感じかな?と推察するしかないんです。
坐骨といえば、この間の研修で男性と女性の坐骨幅の違いに驚きました。レッスンでは簡単に説明するために、だいたいゲンコツ1個分とは言っていますが、実際に触ってみたら思ってた幅と違いました……。
皆さん男女どっちが坐骨の幅広いと思いますか?

1995年生まれ。
猫好きで実家では黒猫を飼っている。
図書館司書の資格を取るほど本も好き。

12年間モダンダンス、4年間少林寺拳法を続け、身体を動かすことに親しむ。
市民ミュージカルから日本の代表としてドイツのジャパンエキスポにて、ミュージカルで日本文化を伝える。
身体を動かすこと、そこでの仲間や場所が心の支えになっている事に気がつき、そんな場を作る側にまわりたいと考えてこの仕事に就く。

人生を豊かにしていくために、、、
自分の心身を自分でよく出来る人を増やしたい。
自分の心身の機能と大切さを知り、機能を最大に、正しく活用出来る人を増やしたいと思っています!

よろしくお願いします。