スクワットと腰痛 原因と対策

スクワットで起こる腰痛の原因は、身体のポジショニング悪い場合がほとんどです。

まず股関節と膝と足関節が同じタイミングで曲がらず、膝から曲がることで椎間板を傷めてしまっていることが多いです。

またウェイトリフティングなどの選手がスクワット動作を行う場合、長軸方向の負荷が重すぎることが原因の場合が多いです。その場合、骨や椎間板が損傷してしまうことがあるため、適正負荷でトレーニングを行うことが重要になります。

Q.腰痛を起こさないスクワット法はありますか?

股関節・膝・足関節を同じタイミングで曲げる方法が良いです。

※本記事は情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、腰痛改善運営会社及び監修医などの関係者は責任を負いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です