バスケットボールと腰痛 原因と対策

バスケットボールでの腰痛の原因として、ディフェンスポジションの不良による腰痛があります。股関節と膝関節、足関節がバランス良く曲げられないと腰部に負担がかかります。

特に股関節の屈曲角度が少ない選手が多いですから、股関節の屈曲角度を増やした良いポジションで構えることが腰痛改善につながります。

※本記事は情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、腰痛改善運営会社及び監修医などの関係者は責任を負いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です