反り腰と腰痛 症状と改善方法

反り腰とは

ぽっこりお腹が出る反り腰がぎっくり腰などの腰痛の原因になっている事をご存知ですか?
反り腰とは、腰のカーブが極端にきつくなっている状態を指します。壁に背中とかかとをつけて立ったとき、腰と壁の間に、にぎりこぶしがすっぽりと入るくらい余裕があるなら、骨盤が前傾して腰が反っている証拠です。

反り腰の原因

では、なぜ反り腰になってしまうのでしょうか。

人間の体は、もともと前側の方が重くなっています。

体の軸となる背骨は後ろ側にあるのに、重量のある内臓や胸郭は前側にあるのですから、前に倒れそうになるわけです。

この力に負けないよう、体の後ろ側についているのが「主要姿勢筋」です。頭を支える頸部筋、背骨を支える脊柱起立筋、太ももの裏側にある大腿二頭筋、足首を動かすヒラメ筋。これらの筋肉がしっかり機能していれば、正しい姿勢で立つことが出来ます。

一方、これらの筋肉が衰えていたり、柔軟性を失っていると、前に倒れそうな力に対抗できません。特に、もも裏から骨盤の後ろにつながる大腿二頭筋が弱いと、骨盤が前に傾いてしまい、体のバランスをととのえようとして腰が反ってしまうのです。

これが反り腰です。

特に妊娠・出産経験のある女性は、妊娠中にお腹の重みで重心が前側に引っ張られて骨盤の前傾が強まり、出産後もその姿勢のままになってしまうという方が多いようです。

反り腰の症状

反り腰による症状は、慢性的な腰痛以外にも、様々なものがあります。

例えば、女性に多いむくみやすさは、骨盤の歪みによる血流の悪さが原因である可能性があります。また、反り腰によって、おなかが前に突き出た姿勢だと、太っていなくてもおなかだけがぽっこり出てしまいますし、骨盤が開いた状態で歩いているとO脚になります。

反り腰の改善、治療、解消方法

反り腰を改善するには、骨盤周りストレッチで筋肉をほぐし、もも裏の筋肉を鍛える筋トレが効果的です。

・腸腰筋伸ばしストレッチ

①膝立ちの状態から片足を一歩前に踏み出し、下腹辺りにある腸腰筋をのばす
②膝立ちに戻り、脚を入れ替える。
③反対側も同様に行う。

・ゆりかご運動

① 体育座りをして両手をひざの上に置く。
② 体全体を後ろ側に倒し、肩甲骨が床に着く手前で戻る。
③ 今度は足裏が床に着く手前で戻る
④ ゆっくりと前後に往復する。

無理せず、休憩しながら自分のペースで行うことがポイントです。

※本記事は情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、腰痛改善運営会社及び監修医などの関係者は責任を負いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です