尿路結石と腰痛 原因と治療、予防方法

日ごろ私たちの生活を悩ませることが多い腰痛。そんな腰痛は、尿路結石でも伴うことを知っていますか?

尿路結石が激しい痛みを感じることは有名な話です。しかし場合によっては、腰痛を感じることもあります。特に男性は、年を重ねるごとになりやすい尿路結石。

尿路結石と腰痛にはどのような関係があるのでしょうか。こちらの記事では、尿路結石と腰痛の関係、尿路結石の治療法や尿路結石にならないための予防方法についてご紹介します。

尿路結石とはどんな病気?

腰痛を感じることもある尿路結石。そもそも尿路結石とは、どのような病気なのでしょうか。次にまとめました。

尿路結石とは、尿の中に含まれる物質とたんぱく質などが固まり結石となったものが尿路(腎臓、尿管、膀胱)に詰まることをいいます。腎臓に詰まったら腎結石、尿管に詰まったら尿管結石、膀胱に詰まったら膀胱結石といい、それらの総称が尿路結石です。

尿路結石は日本人男性でも、一生で7人に1人がなるといわれています。そのため決して他人事ではなく、いつ誰がなってもおかしくない病気です。

そういった意味でも、腰痛との関係をしっかり押さえましょう。

尿路結石と腰痛の関係とは

尿路(腎臓、尿管、膀胱)と腰は、全く違う部位のように感じる人も多いと思います。ではなぜ尿路結石になると腰痛を感じることが多いのでしょうか?

実は腎臓から膀胱がある位置というのは、肋骨の下から骨盤内にかけてです。その部位は一般的に「腰」といわれる部位になります。そのため尿路が痛むことで腰に痛みを感じます。尿路に結石が詰まると、激しい痛みを感じるもの。結果として尿路結石では、腰に痛みを感じるのです。

しかし腰痛や背中の痛みと尿路結石との関係は、普通では疑う人はいないと思います。ではどのような時に尿路結石と疑うべきかというと、痛みの種類が違うときと整形外科で異常が見当たらないときです。

整形外科で異常が見つかるような腰痛は、骨や筋肉に異常があります。そのためそのような異常が見つからない場合は、尿路結石を疑い泌尿器科に行くこともおすすめです。

尿路結石による腰痛と一般的な腰痛の違い

また、一般的な腰痛と尿路結石での腰痛では、痛みの種類が異なることも。普通の腰痛がズーンという鈍い痛みなのに対し、尿路結石の痛みがズキズキやキンキンと感じる神経を刺激する鋭い痛みです。

また腎臓から尿管にかけては、左右に1つずつあるもの。そのため尿路結石では、左右どちらか限定的に腰痛を感じることも多いです。さらに姿勢を変えても痛みが変わらなかったり、腰から下腹部にかけて痛みを感じたりする場合も、尿路結石を疑っていいかもしれません。

尿路結石のその他の症状

腰痛だけでは病院に行くまでもないと考える人は多いでしょう。尿路結石は腰痛の他にも、次のような症状が出ることがあります。そのため、他の症状がないかどうか照らし合わせることも重要です。

  • 背中や下腹部、足の付け根の痛み
  • 尿回数が多い
  • 尿漏れ・尿が出にくい
  • 排尿時の痛み
  • 血尿

腰痛と共に、以上の症状を感じた場合は泌尿器科へ受診することがおすすめです。

尿路結石による腰痛の治療方法

尿路結石で腰痛を感じる場合は、尿路結石自体を治療するほかありません。結石をなくすることで腰痛も他の症状も改善します。そこでここでは、尿路結石の治療法についてご紹介します。

自然に排泄させる

ほとんど症状がない場合や結石が小さい場合などは、自然に排泄を待つ場合もあります。そのようなときは、水を多量に飲むなどの対処を行うことも。尿と一緒に排泄するのを待つため、他の治療は行いません。

内服薬で治療する

自然に待つことと並行して、内服薬で治療を行うことがあります。そのような場合には、結石の排泄を促したり激しい痛みを緩和させたりするための薬を処方されます。この治療でも、尿と一緒に排泄するのを待つことになります。

手術

尿と排泄されなかったり緊急性が高かったりする場合は、手術で摘出することも。場所や進行度によって、手術の方法は以下の通りです。

体外衝撃波結石破砕術(ESWL)

衝撃波を発生させる装置で、身体の外から結石を砕く手術方法です。お腹にメスを入れず、粉砕した結石が尿と出るのを待つ方法です。

経皮的腎砕石術(PNL)

この手術は、大きくなりすぎた結石に行うことが多い方法です。背中にメスを入れ、内視鏡で結石を砕きます。内視鏡手術であるため、主に大きな病院で行われる手術です。

経尿道的尿管砕石術

尿道から内視鏡を挿入し、結石を砕く方法です。比較的下の方にある結石を砕くために用いられます。砕かれた結石は排泄を待つため、メスを入れることはありません。

開腹手術

お腹にメスを入れ結石を取り出す方法です。しかし現在はほとんど行われておらず、メスを入れる場合も内視鏡を使用したものがほとんどです。

尿路結石で腰痛にならないための予防策

尿路結石の腰痛を防ぐためには、尿路結石の予防策を講じる必要があります。再発も多い尿路結石。日常生活から気を付けることで、ある程度予防が可能です。ここでは、尿路結石の予防方法についてご紹介します。

こまめに水分を摂る

尿の中に含まれる結石となる成分を薄めるために、こまめに水分を摂取することが重要です。1日当たり2L以上摂取することで、ある程度予防することができます。水分摂取には、お茶やお水が有効です。アルコールや甘いジュースなどは逆効果となることも。さらに夏場は汗をかきやすいため、2L以上摂取する方が望ましいです。

夜遅い時間にご飯を食べない

結石は主に夜間作られるといわれています。排泄を行わない寝ている間というのは、尿が濃縮され結石となりやすいです。そのため夜間は軽めの食事を行い、水分を多く取ることが予防には望ましいです。

規則正しい食生活を送る

肥満になると、結石ができやすくなるといわれています。そのため規則正しい食生活で適正体重を維持することが、予防には効果的です。日ごろから食生活に注意し適度に運動することで予防できるため、心がけて行いましょう。

下腹部にかける腰痛は尿路結石を疑おう!

尿路結石に伴う腰痛と治療方法、予防方法についてご紹介しました。

下腹部にかける腰痛や左右差のある腰痛は、尿路結石である可能性も。その場合、整形外科では異常が見つかりません。腰痛の原因が分からず困っているときは、尿路結石を疑ってもいいかもしれません。そのような場合は、この記事を参考にしてみてください。

※本記事は情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、腰痛改善運営会社及び監修医などの専門家は責任を負いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です