床の座り方と腰痛

アパートでのひとり暮らしや、畳が多い住まいでは、床に座ることが多い方も多いのではないでしょうか。

畳のようないわゆる昔ながらの和式の生活ですと、正座やあぐら座位を取る方が多いです。アパートでは、座椅子を用いて足を投げ出して座る長座位と呼ばれる姿勢を取ることが多いでしょう。

床での生活は、体重に対して床からの反発を受けやすいため、長時間座ることで身体のどこかに負担をかけることがあります。

特に骨盤で身体を支え、骨盤の傾きによって腰の状態も変化するため、腰に負担がかかり痛みが誘発することが多くあります。

今回はそんな床の座り姿勢による腰痛に関して詳しく述べて行きたいと思います。

正座

正座という姿勢は、日本特有の文化で、欧米の洋式文化では行うことがない姿勢です。日本では、冠婚葬祭やお参りをする際などに現代でも多く使われています。

そのため、畳が少なくなった現代でも日本人は正座をすることが珍しくありません。正座という姿勢は、江戸時代の頃、庶民に畳が普及したことで、定着したと言われています。

正座姿勢による腰の負担は多くはありません。正座の姿勢は、骨盤が床面に対して垂直に立ちやすく、腰もまっすぐの状態を保持しやすいからです。

また、直接床と臀部が接触しないことで、体重による床からの反発を腰に受けにくく、腰に負担がかかりにくい姿勢といえるでしょう。

しかし、正座という姿勢は、膝を深く折りたたんだ状態で床面に接触します。正座での膝の角度は正常可動域の130度よりも深く、140度以上で曲げる必要があり、その状態で床の反発を受けることは膝関節の変形を引き起こす要因となります。

また、足首も深く足の甲がつく姿勢になるため、足首の全面に負担がかかります。よって歩いていてつま先が上がりにくくなることや、足首が緩くなり捻挫をしやすくなるなどの影響が考えられます。

床での生活というのは、床からの反発を受けやすい以上、どこかの関節や組織を圧迫したり、負荷を受けます。ですから長時間同じ姿勢で座り続けることは望ましくありません。

あぐら

あぐらをかく姿勢は胡坐位と呼ばれ、股関節を外側に開きながら回旋し、膝をたたんで重ねた姿勢を言います。

あぐらの姿勢は、室町時代から普及しましたが、女性が着物を着た状態では見た目が良くないため、男性の中で広く使われました。現代では、瞑想やヨガなどの姿勢であぐらの姿勢を取ることも多く、女性の方でも使われる方が多くなっています。

正しいあぐら座位の姿勢では、正座と同じように骨盤を床面に対して垂直に立て、腰を真っ直ぐに保持することで背筋が立っている状態です。

この姿勢であれば腰への負担は少ないでしょう。しかし、あぐらの姿勢でよくあるのは、骨盤が後方に傾き、腰を丸めて曲げた姿勢を取る方が多いです。これは、腰を丸めたほうが腰周りの筋力を使わずに済むため、楽に座ることができるからです。

楽に座ることができるならそれでいいように感じますが、そうではありません。筋力を使わず楽な姿勢ということは、床からの反発を受けることによって、腰の関節や筋肉に負担をかけていることになるのです。

そのため、姿勢の悪いあぐら座位は、腰に負担がかかり、腰の関節が痛くなったり、腰の筋肉が緊張して、長時間座っていると痛みが生じやすい要因となります。

長座位

座椅子で座る姿勢でよくある長座位の姿勢は、座椅子に座って足を前方になげだした姿勢のことを言います。スポーツテストなどで長座体前屈という種目を行ったことがある人は想像しやすいでしょう。

この長座位という姿勢は、大腿の後面の筋肉が引き伸ばされた姿勢になります。この筋肉が骨盤を後方へ引っ張るため、腰が丸まった姿勢を取りやすくなります。長座体前屈で前方になかなか行けない人は、腰を丸めて前に屈もうとするのと同じです。

ですから、長座位の姿勢でも、腰が丸まって曲げた姿勢が多いため、長時間座ることで腰に違和感や痛みが生じることがあります。

床で座る際の対策とは

まず一つ目に、長時間同じ姿勢で座らないことです。床で座るということは、体重に対して床からの反発を身体のどこかに受け続けます。

同じ場所に負担をかけ続ければ、自ずと違和感や痛みが生じやすいです。30分に一度は立ち上がったり、座る姿勢を変えると良いでしょう。

2つ目に身体の柔軟性を保つことです。あぐら座位の姿勢を例にあげますと、股関節を外側に開く必要があります。股関節が開かずあぐらの姿勢が取れない方も少なからずいます。

股関節が開かないと、必ず骨盤を後方に傾けて身体を屈めることで、なんとかあぐら座位をとり、バランスを保とうとします。

ですから、身体が硬いと正しい姿勢で座れなくなってくるのです。あぐらで腰が痛くなる原因が、腰が悪いのではなく、股関節が硬いことで姿勢が悪く、腰の痛みになることが多いです。

普段から腰回りのストレッチだけでなく、股関節周りもストレッチをして、柔軟性や関節の可動域を維持していくことが大切です。

3つ目に正しい座り方を意識することです。座り始めるときに自身の姿勢を見直してみましょう。腰が丸まっていませんか?

背筋を伸ばした姿勢は、腰回りの筋肉を使って座っていますので、腰に負担がかかりにくいです。

普段から姿勢の悪さを感じている方は、ぜひ意識的に座り方を変えてみてください。

4つ目に床に座るクッションを変えてみましょう。上記にあるように、座椅子で長座位の姿勢は腰が丸まりやすく長時間座ることはおすすめできません。

もし座椅子を選択するのであれば、あぐらで姿勢良く座ること、座椅子を低反発なものを選択しましょう。

低反発すぎて沈み込みすぎると骨盤が傾きやすく姿勢が崩れる要因になるので、何度か座ってみて、自身にあったものを選びましょう。

骨盤サポートチェアのように、骨盤が傾かないように支えてくれる座椅子もありますので、こちらはおすすめです。

人間の身体というのは、長時間同じ姿勢を取り続けることに強くありません。

30分から1時間に一回は姿勢を変えて少し歩いたり、作業を変えて気分転換を図っていくと腰の負担軽減だけでなく、ストレスの軽減にもなりますよ。

※本記事は情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、腰痛改善運営会社及び監修医などの専門家は責任を負いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です