椎間板ヘルニアとぎっくり腰の症状、見分け方

椎間板ヘルニアとは 原因と症状

椎間板ヘルニアはとても有名な病名です。椎間板の中にあるゼリー状の髄核が、線維輪の損傷した部分を通って脊柱管に移動し、症状としては、神経を刺激することで激しい下肢痛やしびれを生じさせます。

ぎっくり腰とは 原因と症状

ぎっくり腰とは「急に起きた激しい腰の痛み」という意味で、椎間関節・椎間板・仙腸関節・筋筋膜のどこから起きたのかには関係なく、急に起きた激しい腰の痛みの症状すべてを含みます。

急性に腰痛が起きる原因としては、何か物を持ったり、同じ姿勢をとっていたというようなことで、腰の関節や椎間板に負担が加わって痛みが出ることがあります。もしくは、筋肉に強い負担がかかって筋肉そのものが傷んでしまう場合です。

椎間板ヘルニアとぎっくり腰の見分け方

激しい下肢痛やしびれを生じている腰痛は、椎間板ヘルニアである可能性があります。ただし他の腰痛の可能性もありますので、自分の腰痛の原因を診断して貰いましょう。

※本記事は情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、腰痛改善運営会社及び監修医などの専門家は責任を負いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です