産後の腰痛 原因と対策

お産の後に起き上がれないほどの腰に激痛を感じたことはありますか?産後に起こる腰痛には大きな原因が2つあります。

1つは仙腸関節の障害、もう1つは腹横筋、骨盤底筋へのダメージです。

仙腸関節の障害の場合、出産の際に産道を広げるために仙腸関節が緩んで関節に負担がかかります。そのため出産後に仙腸関節が緩んだ状態のままで体を動かすと、仙腸関節におおきな負担がかかり、腰痛が出ることがあります。

骨盤は2つの腸骨と、一つの仙骨がつながって輪っかを作っています。この輪を歪めるような力が働き続けると、仙腸関節に負担が加わり、痛みがでます。痛みの場所が背中の正中の背骨ではなく、ベルトの高さより下の骨盤部分の正中から数センチずれたところにあります。

もう一つの、腹横筋、骨盤底筋へのダメージの場合、妊娠期にお腹が膨らむことで腹横筋と骨盤底筋に損傷が起きます。もしダメージが大きく産後にこれらの筋肉がきちんと働かないと腰の骨が不安定になり、腰痛を起こしやすくなってしまいます。

このため出産後は関節と筋肉をきちんと使えるようにするエクササイズが求められます。具体的には、骨盤輪を安定させるために必要な腹横筋や骨盤底筋を中心とした体幹筋のエクササイズ、下肢筋のストレッチを行いましょう。

また、あまりにも腰の痛みがひどく、起き上がることができない、歩けない場合は、痛みが引くまで安静にし、動ける範囲で徐々に動かすようにしましょう。

帝王切開やがんの手術などでお腹の手術をした後には、お腹の傷が残ります。筋膜との間で傷によって癒着が起きてしまうと、筋膜の動きが悪くなり、それが原因で腰痛を起こすこともあると思います。

そういう時には傷の周りの癒着を取るために、何らかの運動やマッサージをすると良いかもしれません。

※本記事は情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、腰痛改善運営会社及び監修医などの関係者は責任を負いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です