腰痛と体重増加 原因と対策

体重が増加すると体を支えるための筋肉への負担が増えます。また体重の負担が筋肉だけでなく、椎間板や関節にも加わるので、椎間板が傷んだり、関節が変形したりすることは、体重が多い人の方が起きやすいと言われています。

筋肉からくる腰痛には、マッサージや温める、針などの治療法も有効になります。

しかし、マッサージで一時的に痛みが取れても、日常生活で同じように筋肉に負担をかけ続ける生活をしていると、再び痛みが出てしまいます。そのためマッサージのような対症療法ではなく、痛みの起きない体にするために、体の使い方を身につけることが重要です。

椎間板ヘルニアはとても有名な病名です。椎間板の中にあるゼリー状の髄核が、線維輪の損傷した部分を通って脊柱管に移動し、神経を刺激することで激しい下肢痛やしびれを生じさせます。

多くのヘルニアは自然に吸収されますし、神経の炎症が治まれば症状は自然に治ります。激しい痛みが落ち着いてから、椎間板への負担を減らすためのストレッチや体幹筋のエクササイズを行いましょう。

椎間関節性腰痛とは
腰の骨の後ろ側には骨と骨を連結する椎間関節(ついかんかんせつ)があり、腰をそらしたりひねったりすると、この関節に負担が加わり炎症がおきます。

この様な負担が長年続いていると、関節の軟骨は減っていって関節の変形が起きてしまいますので、腰への負荷を減らすためのエクササイズを行いましょう。

※本記事は情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、腰痛改善運営会社及び監修医などの関係者は責任を負いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です