腰痛と処方薬の種類

整形外科に行った時によく出される薬には二通りの作用のものがあります。一つは起きた炎症を抑えるための消炎鎮痛剤、もう一つは中枢脳に作用して痛みを感じにくくさせる薬です。

腰に何か問題が起きて関節や神経に炎症が起きた時には、炎症を抑える薬が効きます。痛みが長引いてなかなか治らない時には、中枢脳に作用する薬が使われることがありますが、痛みを感じなくさせるだけで腰の問題を直す薬ではありません。薬を飲んで痛みが取れたからといって、治ったと思うのは大きな間違いです。

腰の痛みを根本的に治すためには、炎症が治まった後に同じ痛みが起きないように、体の機能を高めて腰の負担を減らすことが正しい治療法です。

腰痛に対して使われる消炎鎮痛剤で代表的なものは、「ロキソニン」や「ボルタレン」という薬です。ロキソニンは市販されていて薬局でも売っています。腰痛の原因になるような腰の関節あるいは神経の周りの炎症を抑えるものになりますが、”炎症を抑える”という点では良い薬です。

痛みが強い時には必要ですが、薬を飲み続けることよりもきちんと運動をして、体の機能を高めることが大事です。

湿布は皮膚の浅いところにしか薬の作用が行きません。筋筋膜性の腰痛あるいは脊柱起立筋の腸骨への付着部の痛みなど、皮膚の浅いところに痛みの場所がある場合は、湿布を貼ることで痛みが楽になることはあります。

しかし奥深くにある関節の痛みや椎間関節の痛み、椎間板の痛みにはあまり湿布は効果がありません。痛みの場所によって、湿布を使うか使わないかが変わります。

中枢脳に作用する薬として、脳炎や神経に効く「オピオイド」という麻薬の一種があります。副作用が起きないように弱く作用する「トラムセット」という代表的な薬があります。あるいは神経が過敏になってるのを抑える「リリカ」という薬があります。

腰痛が慢性化してくると気分が落ち込んでうつ傾向になってしまうことがあるので、そのうつ傾向を治すために使われる薬もあります。代表的なのが「サインバルタ」という薬で、辛い気分を改善して痛みを軽くするという、本来の腰痛に対する薬とは言えないような薬です。

※本記事は情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、腰痛改善運営会社及び監修医などの関係者は責任を負いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です