腰痛と腹筋 腰の痛みを引き起こす原因と対策

腰の骨は5つの積み木のような骨が繋がってできているので、その骨を安定させるためには筋肉が必要です。そして、その筋肉には腹筋と背筋があります。

腹筋と背筋にはインナーマッスルとアウターマッスルがあり、インナーマッスルが骨に直接くっついていて、腰の骨を安定させるためにとても大事です。それゆえ、腹筋を鍛えることによって、このインナーマッスルがきちんと働き、腰の骨をきちんと支えてくれると腰痛は起きにくくなります。

特に、腰を反らすと痛みが出るような腰痛の場合には、反らす力を制御するために腹筋が重要になっています。つまり、腰を反らして痛みが出る人は特に腹筋をきちんと使えるようにする必要があります

いわゆる腹筋運動、仰向けに寝て体を持ち上げるような体操をしてると腰が痛くなるという人もいます。そのような人は腹筋のインナーマッスルをきちんと使えていない状態で、体を持ち上げようとアウターの腹筋をたくさん使っているので、腰の骨に負担がかかっていることが予想されます。

腹筋運動で腰が痛くなるような人は、お腹のインナーマッスルをきちんと使いながら腹筋運動をするようにしましょう。ピラティスをやるとどのようにやればいいのか掴めると思います。

※本記事は情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、腰痛改善運営会社及び監修医などの専門家は責任を負いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です