腰痛と血流 関係、症状、ストレッチなどの改善法

腰痛に悩んでいる方はとても多いですが、その腰痛になってしまった原因はさまざまです。

その一つに「血流」があります。今回は腰痛の原因になり得る「血流」について述べていきます。

血流とは?

まず血流とは、血液の流れのことです。別の言い方で表すと「血行」や「血の巡り」といいますが、どれも同じ意味になります。

血液というのは、細胞成分の赤血球・白血球・血小板と、血漿(水・タンパク質などで構成)からなっています。この中でも、血流に特に重要な働きをしているのが「赤血球」です。

赤血球はご存知の通り、心臓から送り出されてきた血液は、血管を通って全身に酸素を運んでいます。酸素は全身に必要で、臓器や皮膚、筋肉、骨、毛など一つ一つの細胞に供給して、私たちは生きています。呼吸と血液の酸素濃度は密接に、関連しています。

そして心臓から全身に送り出されますので、例えば呼吸ができなくなると、血液の酸素濃度が低下して細胞が死んでいきます。また、大量出血して血液が体外に出てしまったり、ランニングやスポーツなどの運動により、血液の酸素濃度が低下すると呼吸が速くなり体内に酸素を取り込もうとします。

それから「あくび」も眠り誘うものではなく、酸素を取り込む生理現象ともいわれています。これは深呼吸と同様、たくさんの酸素を取り込み、疲れている体や脳を活性化させる働きがあるためです。このように、呼吸と血液は強い関連性があります。

話を戻しますと、血流は血液の流れのことで、血流といってもどこの部分を指す訳ではありません。内臓や筋肉、骨、肌などあらゆる部分で血流は関係しています。

では腰痛と血流はどんな関係がある?

腰痛と血流の関連性について紹介していきます。腰痛の原因の一つに「血流不足・血行不良」があります。これは現代の医学では、レントゲン・MRI・CTなどの検査をしても特に異常が見つかりません。変形性脊椎症や腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎圧迫骨折、腰椎分離すべり症など原因がはっきりしている腰痛を「特異的腰痛」といいます。これに対して、原因がはっきりしない腰痛を「非特異的腰痛」といいます。

現在の検査技術では分からない僅かな変化が、身体の中では起こっているのです。例えば、腰の筋肉の血流減少や筋力低下、筋肉の凝りや緊張、日常生活での不良姿勢、精神的なストレスなどが関わっています。これらの僅かな変化を見つけるのは困難なため、慢性化してしまい、治りにくくなってしまうのです。

慢性腰痛は何で治りにくい?

一度、腰痛が発生してしまうと、痛みのため腰を動かさなくなります。その結果、腰の筋肉の血流が減少してしまい、筋肉が硬くなってしまいます。さらに、動かないことで筋力も低下して、新たな腰痛の原因を作りやすい腰の状態になってしまいます。そこから痛みが長引くと、痛みにより精神的なダメージも発生しやすいです。このまま治らないのではないか?という不安や心配により、精神が不安定となって、痛みに敏感になったり他の部分に痛みが広がってしまう場合があります。慢性化した腰痛が治りにくいのは、このような悪循環があるからなのです。

血流不足による代表的な腰痛

血流不足で起こる腰痛の代表的な疾患は「筋・筋膜性腰痛」というものです。名前の通り、腰の筋肉や筋肉を包んでいる筋膜による腰痛です。腰の筋肉、いわゆる背筋は「脊柱起立筋」という名前が付けられています。この筋肉は、主に姿勢を維持したり体幹を曲げたり、捻ったりする時に働いています。脊柱起立筋という名前は、3つの腰にある筋肉をまとめて呼んでいる総称で、正式名称ではありません。3つの筋肉を細かく分けていくと、最長筋・腸肋筋・棘筋があります。

最長筋は、棘筋と腸肋筋の間にある、人体で最も長い筋肉です。首から背中、腰、骨盤や仙骨にまでおよぶ長い筋肉なのです。背筋を伸ばして立ってもらと、背骨の両側に盛り上がっている筋肉が見えますが、それが最長筋です。特に腰を反らすような、体幹の後屈時に働きます。

腸肋筋は、最長筋の外側にある筋肉で、この筋肉も首から骨盤まで付いています。この筋肉の特徴は、腰から肋骨に付着しています。肋骨に付いていることで、体幹を捻る時に強く働いています。もちろん、側屈(体幹を横に倒す)にも強く筋肉は収縮します。

棘筋は、背骨の後ろに出っ張っているところを棘突起といいますが、その棘突起に付着している細い筋肉です。腰の棘突起には付着していませんが、首や背中の棘突起には付いていて、脊柱起立筋の中では一番内側に位置します。細い筋肉ですが、体幹の後屈や回旋に関わっています。

筋・筋膜性腰痛は、この中でも特に最長筋と腸肋筋に痛みが出ているものを指します。最長筋や腸肋筋が、何らかの原因により、筋肉に痛みが発生して起こります。急性と慢性があり、急性では重たい荷物を持った時や体を捻った時、スポーツなどで接触したり無理な体勢になったりして筋肉を損傷して発生します。慢性では、日常生活での不良姿勢や、腰が丸くなってしまうことで骨盤が後傾し、腰の筋肉の血流が悪くなり腰痛が発生します。

筋・筋膜性腰痛の症状って?

症状としては、急性で痛みが強い場合は動くことすらできません。いわゆる「ぎっくり腰」のような症状が出ることがあります。痛みで横になったまま動けず、1日中安静にしている方もいます。

仮に動けたとしても、動き始めに鋭い痛みが起こりやすいです。ベットから起き上がる時、寝返りを打つ時、座っていて立ち上がる時などに強烈な痛みが走ります。

また、常に腰が重たい感じがあり、ひどい時は咳やくしゃみで痛みが強くなってしまいます。痛みのため腰がまっすぐに伸びず、腰が曲ってしまう方が多いです。腰の痛みが強いと、歩く時も痛みがあります。なぜなら、歩く時は骨盤が動きますので、それに連動して腰の筋肉も動くためです。

意外と、自転車の方が骨盤の動きが少ないため、あまり腰の痛みを感じないことが多いです。それから、前屈時に痛みを訴えることが多いです。体幹が前屈すると脊柱起立筋は引っ張られるからです。朝に顔を洗う時、床の物を取ろうとした時、台所で料理をした時などでピリッと痛みが起こります。

血流不足で腰痛になってしまったら

腰の筋肉の血流不足により、腰痛になってしまった場合、血流改善のため「温める」ことが大切です。しかし、急性の筋・筋膜性腰痛であれば、温めると逆効果となりますので注意が必要です。あくまで、慢性の筋・筋膜性腰痛で有効です。

当たり前ですが、お風呂はシャワーで済まさず、湯船に浸かって身体を温めてください。また、寒い日に外出される場合は、腰にカイロを張ったり腹巻きをしたりして、腰を冷やさないように対策をしてください。夏でも冷房で腰が冷えてしまうことが多いですので、腹巻きやインナーで対策をしておくといいでしょう。

血流改善には、筋肉を伸ばすストレッチも効果的です。仰向けに寝て、両手で両膝を抱え込むように持って、太ももを胸の辺りに近づけていきます。この時に首を曲げて、身体全体が丸まるようにすると、さらに良いです。次に、片方の足のヒザを90度曲げて、股関節も90度に曲げます。もう片方の足は伸ばした状態で、身体を捻って曲げた足を反対方向に持っていきます。その時に両肩が床から離れないように注意しましょう。

これを朝起きた時と寝る前にするだけでも、腰の血流改善につながりますので、試してみてください。

 

※本記事は情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、腰痛改善運営会社及び監修医などの専門家は責任を負いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です