更年期障害の緩和としてピラティスがおすすめの理由とは?

更年期障害は40代半ばから50代半ばあたりの女性にとってよくある身体のトラブルといわれています。
そのケアとして婦人科へ通う、漢方薬を服用するなどがありますが、実はピラティスも更年期障害の緩和として有効的だということをご存じでしょうか。
本記事では更年期障害に役に立つピラティスについて説明していきましょう。

 

人によって症状はさまざま、更年期障害とは?

更年期とは閉経前後の40代半ばから50代半ばの期間のことです。ちなみに基本的に女性の身体は、思春期・性成熟期(=月経があり妊娠や出産できる身体であること)・出産を終えて月経が終了する更年期・老年期という4つのステージがあります。

更年期の身体になると、卵巣機能が衰え、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減少することでホルモンのバランスの乱れが起きます。この影響によって自律神経や精神状態も乱れてしまうことも、実際によくある更年期障害の症状といえば、のぼせやめまい、イライラ、肩こりや関節痛といった運動器官のトラブル、下痢や便秘、太りやすいなどであり、実にさまざまです。

また、更年期障害は人によって軽かったり重かったりで個人差があり、中には日常生活や仕事にも支障をきたし、物事に取り掛かれないというなどもあるといわれています。

 

更年期障害の緩和としてピラティスがおすすめの理由とは?

前述でも触れたとおり、更年期障害の症状が重たいと生活面であらゆる影響を及ぼしますが、緩和する手段を知っておけば最悪な事態を免れることもできます。その手段の一つとしてピラティスは更年期障害の緩和としても有効的です。理由としては次の3つが挙げられます。

1.体幹を鍛えることで閉経後の体重増加を防ぐ
インナーマッスルを鍛えることは身体の余分な脂肪(特に内臓脂肪)をつきにくくします。さらに正しい呼吸をすることで身体の血流が良くなり、代謝もアップし、太りにくい身体へと導きます。

2.関節を鍛え、関節を動きやすくし、丈夫な骨を保てる
日常生活や仕事で腰痛や関節痛、になったというケースも更年期の方によくあるトラブルです。年齢を重ねても丈夫な腰や関節を保ちたいというのであればピラティスのセラバンドで腕や脚を鍛えておくと骨が丈夫になるともいわれています。セラバンドはお店や通販でも購入できるグッズですので、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

3.骨盤底筋を鍛えることで、尿漏れや失禁を防ぐ
くしゃみをすると尿が漏れた、失禁したというケースも更年期障害によくある事例です。この場合、泌尿器系をコントロールする骨盤底筋が弱っているサインなので、骨盤に特化したピラティスで改善する見込みがあります。

 

更年期障害×ピラティスで心がけたい生活習慣

更年期障害対策としてピラティスと一緒にやっておくとおすすめなのが、生活習慣の見直しです。特に食事と規則正しい生活を心がけておきましょう。食事であれば栄養バランスが取れたものを食べるようにしましょう。特に大豆はエストロゲンと同じ働きをする物質・イソフラボンが豊富に含まれており、コレステロール値の上昇を抑え、骨粗鬆症になりにくくするのでおすすめです。

また、夜更かしが多い生活も更年期障害に陥りやすい事例であり、疲れが取れません。そのためにも早寝早起きを心がけましょう。

 

おわりに

更年期は働き盛りでもあり、人によっては親の介護をしなくてはならないなど、人生の中でも多忙を極める時期です。自分のことが二の次になるという方もいますが、更年期に入り「体重を増やしたくない」「イライラをどうにかしたい」……などという方は、リフレッシュとしてピラティスをやっておくと身体の悩みも改善されるかもしれません。

ピラティスは対面でもオンラインでも行われているので日頃の息抜きにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

キャンペーン実施中!
今ならグループレッスンの
体験1回500円(税込)!
さらに体験当時入会で
月会費2ヶ月無料!
SNSでシェア
ピラティスの体験レッスン ヨガの体験レッスン