ピラティス

zen place ピラティスとは

「ピラティス」とは、考案者のJoseph Pilates(ジョセフ・ピラティス)さんの名前から名付けられた、エクササイズ・メソッドです。ピラティスは、呼吸と共に背骨やインナーマッスルを動かし、深く集中した状態を作ることで脳の神経を刺激しながら人間が本来持っている機能を正常化し、生きるための活力を最大限に引き出します。ピラティスのエクササイズは、スポーツジムのトレーニングのように身体の一部分に「負荷」を加えて強くするものではなく、リハビリを目的に作られた身体と心のコントロール術のため、運動経験や老若男女に関わらず安心して続けられます。

ピラティスの効果
zen place ピラティスとは
zen placeのピラティスはこんな効果を得られます
自律神経が整い、心が安定する。毎日笑顔でポジティブでいられる。
心も身体も整い、しなやかで強い自分をつくれる
疲れにくい丈夫な身体になる
腰痛や肩こりがなくなる
ストレスがなくなり、免疫力があがる
スポーツのパフォーマンスがあがる
猫背や反り腰が改善する / 引き締まった体型になる

zen place ピラティスは
「世界最先端をまるごと学べる」
スタジオ

世界30か国以上/650か所以上で取り入られた世界最大のピラティス教育団体BASIのメソッド、ピラティス器具の最大手BALANCED BODYの教育プログラムなど、世界最先端の技術を学ぶことができます。

日本のピラティスは、ヨガスタジオのレッスンの中に、少しだけピラティスコースがある程度。必要な設備も整っておらず、ピラティスを受けたくても時間と場所が少ないのが現状です。
zen placeは、全国約100スタジオ全てにピラティスレッスンとマットマシンを完備。グループやマンツーマン、オンラインと多様なレッスンを提供し、あなたの好きな時間や場所で、世界基準のメソッドを体験できます。

レッスンの特徴
No.1

アスリートが選ぶピラティススタジオ※1

友人に紹介したいピラティススタジオ※2

通い続けたいピラティススタジオ※2

ビジネスマンが選ぶピラティススタジオ※3

医師が選ぶ自分の健康のためのエクササイズNo.1 理学療法士が選ぶピラティススタジオNo.1 医師が選ぶ自分の健康のためのエクササイズNo.1 医師が選ぶ自分の健康のためのエクササイズNo.1 理学療法士が選ぶピラティススタジオNo.1 医師が選ぶ自分の健康のためのエクササイズNo.1

※1 アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ 調査期間:2020年1月29日~31日 調査方法:インターネット調査 調査概要:ピラティススタジオ10社を対象にしたサイト比較イメージ調査 調査対象:全国の20代~50代の男女(アスリート対象)1075名 ※2 アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ 調査期間:2020年1月29日~31日 調査方法:インターネット調査 調査概要:ピラティス・ヨガスタジオ10社を対象にしたサイト比較イメージ調査 調査対象:全国の20代~50代の女性1123名 ※3 アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ 調査期間:2020年1月29日~31日 調査方法:インターネット調査 調査概要:ピラティス・ヨガスタジオ10社を対象にしたサイト比較イメージ調査 調査対象::全国の20代~50代の会社員の男性1134名 ※4 調査方法:インターネット調査 調査期間:2020年7月1日~2日 調査概要:(※4)エクササイズスタジオ10社を対象にしたサイト比較イメージ(※5)調査ピラティススタジオ10社を対象にしたサイト比較イメージ調査 調査対象:(※4)全国の20代~50代の男女(医師対象)1007名 (※5)全国の20代~50代の男女(理学療法士対象)1016名 アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ ※5 調査方法:インターネット調査 調査期間:2020年7月1日~2日 調査概要:(※4)エクササイズスタジオ10社を対象にしたサイト比較イメージ調査(※5)ヨガスタジオ10社を対象にしたサイト比較イメージ調査 調査対象:(※4)全国の20代~50代の男女(医師対象)1007名 (※5)全国の20代~50代の男女(看護師対象)1014名 アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ

選ばれる理由

世界最先端のノウハウを、凝縮・洗練してお届け

ピラティス、ヨガ、そしてウェルビーイングの先進国である欧米のさまざまな教育団体と提携し、常に最新情報を取り入れています。
ピラティスは世界30か国以上、650か所以上でおこなわれているピラティス指導者養成コースの最大手BASIピラティスと提携。世界中の指導者年間10人以上が来日(現在はオンライン)し、研修しています。
ピラティス器具の最大手BALANCED BODYの教育プログラムも提供しています。
ヨガは全米で最も歴史があり、最も多くの有名指導者を輩出したヨガワークスと提携して、世界中のヨガ指導者から学んでいます。

老若男女、誰でもいつからでも
簡単に始められる

ピラティスは一見「ハードそう」「ヨガよりも難しそう」というイメージを持たれがちですが、実はその逆。身体のコアを整える体系だった動きを繰り返す事で、身体がすぐに覚えやすくかつ効果がヨガよりも出やすいメソッドなのです。zen placeは、月間1,000以上のレッスン経験から出た声を元に、グローバルな最先端の技術を誰でも学びやすいレッスンに凝縮し、提供しています。

あなたの未来に寄り添う
Whole body educator

zen placeでは、講師をインストラクターとは呼ばず、Whole Body Educator(身体の教育者 / エデュケーター)と呼びます。レッスンを提供して終わりでなく、レッスン中1人1人の身体の状態をしっかりと見て、正しい身体の使い方になるよう丁寧に指導する、まさに教育者です。またエデュケーター自身も、ピラティスを通していきいきとエネルギッシュな人ばかり。会うだけでもエネルギーをもらえる存在です。

学べば学ぶほど深く楽しくなる
メソッド養成コースも開放

ピラティスは、やればやるほど自分の身体も心も変わります。「変わる自分が楽しくてハマっちゃう!」そんなピラティス好き経験者も多くいます。ピラティスをもっと深めたい!そんなあなたには、BASIピラティスのメソッドを学べる養成コースをご用意。他のピラティススタジオで体感できない世界レベルの学びを体験できます。

ピラティスの歴史

ピラティスは、1920年代にドイツ人のJoseph Pilates(ジョセフ・ピラティス)がリハビリを目的として生み出しました。幼少期、リウマチ熱やくる病を患い病弱だった彼は、病気を克服するためボクシングや体操、ヨガ、スキー、ダイビングなど様々なスポーツに取り組み、強靭な肉体を手に入れたといいます。その経験をもとに開発されたピラティスは、第一次世界大戦中に兵士のリハビリとして用いられ、ピラティスを実践していた兵士たちは、世界最大のパンデミックとよばれる「スペイン風邪」が流行した当時、誰一人スペイン風邪で命を落とさなかった、という逸話もあります。
ピラティス氏が亡くなった後、沢山の弟子たちによって世界中に広がり、今に至ります。

メンズピラティス
不調ピラティス
全スタジオの全てのレッスンが
オンラインでも受講可能
Studio live Streaming

月10,000レッスン以上オンラインライブ中継!全国のスタジオグループレッスンはオンライン受講も可能になりました!スタジオに行ってレッスン参加できない日もご自宅で、インストラクターやスタジオの受講生の様子のライブ中継を見ながらレッスン参加できます。

オンラインレッスンについて

学びを深めるインストラクター養成講座

レッスンを受けるだけでは物足りない。もっと深くピラティス・ヨガのことを学びたい。
資格を取って教えられるくらいになりたい。
そんなピラティス ・ヨガ好きのあなたに、世界最先端のzen placeの提供ノウハウを直接学べる場をご用意しています。

レッスンの特徴

ピラティスをもっと知る

パンデミックとピラティスの関係性”スペイン風邪”とは?

パンデミックとピラティスの関係性”スペイン風邪”とは?

2020年、新型コロナウィルス感染症拡大が世界で大流行し、多数の感染者、死者を出しました。
国内ではパンデミック第一波を超えたと言われるま現在も、第二、第三波への警戒をし続ける「withコロナ時代」として、ウイルスの共存、重症化の予防が重要とされています

パーキンソン病に対する、ピラティス効果について

パーキンソン病に対する、ピラティス効果について

日本人の平均寿命は、女性が87.32歳、男性が81.25歳と、2019年の厚生労働省の発表は、男女ともに過去最高を更新。長寿も進み、少子化も手伝って超高齢社会となった日本では、加齢に伴って患者数が増加する病気も多くあります。

腰痛改善へのピラティス効果

腰痛改善へのピラティス効果

腰の痛みを改善するためにマッセージや鍼にいくと、一時的に身体が楽になりますが、すぐに元に戻ってしまう、そんな経験は多くの方が思い当たるのではないでしょうか。
なぜなら「腰痛」は身体の間違った使い方や、精神的な原因によって起こることがほとんどだからです。