ストレッチは怪我の防止になるの?

ストレッチは怪我の防止によいと考えられています


リズミカルに関節を動かしながら、筋肉の伸縮を繰り返す動的ストレッチは、運動前に行うと怪我予防になるとされています。逆にゆっくりと筋肉を伸ばす静的ストレッチを運動前に行うと、筋力が一時的に低下するので、怪我を誘発する可能性があるため注意が必要です。
静的ストレッチは主に運動後の筋肉のクール為に行うのが正しいとされています。また日頃の運動不足などによる怪我を防ぐために入浴後や寝る前に静的ストレッチを行うのも、効果的だと考えられています。

動的ストレッチを行うことで、筋肉がほぐされ動かしやすくなるからです

ストレッチは基本的に縮んで硬くなった筋肉を伸ばすことで、ほぐして柔らかくする作用があると言われています。ただストレッチにもいくつか種類があって運動前の怪我防止には動的ストレッチがよいとされています。
リズミカルに大きく関節を動かしながら、筋肉の伸縮を繰り返します。血流が促されて筋肉が温まり、動きやすい状態になるとされています。ラジオ体操などが当てはまります。
肩や腕などを回したり、足を上げたり腰をひねったりといった動作が行われます。ただ運動前には柔軟体操とも言われる静的ストレッチは逆に行わない方がよいとされています。
静的ストレッチは、ゆっくりじんわりと筋肉を伸ばし、緩めるという動作を繰り返します。筋肉は程よくほぐされますが、逆に柔らかくなって運動時のパフォーマンスが落ちてしまう可能性があるからです。
静的ストレッチ後はしばらくは、筋力が低下して速く走れない状態や、モノをしっかり握れないといった状態に陥ってしまうことがあります。逆に運動で怪我をするリスクが高まってしまうと言われています。

静的ストレッチは運動後に行うのが怪我防止によいとされています


静的ストレッチは酷使した筋肉をクールダウンしたり、硬くなった筋肉をほぐしたりするのに効果的なストレッチだと考えられています。運動後の筋肉は、そのままにしておくと硬くなって縮み、骨が引っ張られます。
すると姿勢が歪んで血流が悪くなることでコリが生じたり、筋肉と骨が離れそうになって、炎症を起こして痛みや腫れなどの怪我につながったりもします。運動後の筋肉のコンディションを整え、怪我を防ぐためにもきちんと静的ストレッチを行っておくとよいと言えます。
また日頃運動不足の人が、日常生活で急に重いものを持ち上げたり、走ったりすると肉離れなどの思わぬ怪我をすることもあります。それは筋肉が常に硬い状態にあって。急な動きに対応しきれず断裂してしまうからだと考えられます。
寒い季節は冷えによって血流が悪くなりやすく、筋肉がより強張りやすい状態にあるので要注意です。日常生活において、怪我をしないためには普段から静的ストレッチを習慣化し、継続させておくことが大事だと言えるでしょう。

入浴後のタイミングで行うのが効果的だとされています

日常生活の怪我予防のために、静的ストレッチを行う際は入浴後のタイミングで取り入れるのがより効果的だとされています。お風呂にゆっくり浸かって体を温め、血流が促されると筋肉がゆるみやすいので、より伸ばしやすい状態になるためストレッチ効果が高まると考えられているからです。
ただ入浴後は45分以上経過すると、また筋肉が硬くなってしまうのでなるべく早めに行いましょう。ストレッチ後に就寝することで、副交感神経が優位になり、眠りにつきやすいとも言われています。
ストレッチを行う際は、反動を付けないでゆっくりじんわりと筋肉を伸ばしていき、痛いと感じる部分まで伸ばさないことが大事です。痛みを感じるのは筋肉に負荷がかかりすぎているサインなので、それ以上やると傷める可能性もあります。
そしてストレッチを行う際はしっかり呼吸を繰り返すのがポイントで、途中で止めないように意識しましょう。息を吐く時に副交感神経が活発化し、筋肉が緩みやすく伸びやすくなるからです。
大きく吸い込み、細く長く吐きながら伸ばしていきましょう。

(まとめ)ストレッチは怪我の防止になるの?

1.ストレッチは怪我の防止によいと考えられています

運動前に動的ストレッチを行うことで筋肉がほぐされ、温まるので怪我予防によいと考えられています。
一方で静的ストレッチは運動後や日常生活における怪我防止のために取り入れておくと効果的だとされています。

2.動的ストレッチを行うことで、筋肉がほぐされ動かしやすくなるからです

リズミカルに筋肉を伸縮させる動的ストレッチは、運動前に行うと運動時の怪我を予防するのによいとされています。
逆に静的ストレッチは筋力の一時低下を招くので、運動前にはやらないほうがよいと言われています。

3.静的ストレッチは運動後に行うのが怪我防止によいとされています

静的ストレッチは運動後や日常生活において行うと、筋肉が硬くなりにくく、転倒などにより怪我防止に役立つとされています。
運動後にストレッチをしないと、筋肉が骨に引っ張られ、コリが生じて痛みにつながることもあると言われています。

4.入浴後のタイミングで行うのが効果的だとされています

静的ストレッチは、体が温まって筋肉は緩みやすい入浴後にできる限り時間を置かないで行うのがよいとされています。
また筋肉をしっかり伸ばすためにも、深い呼吸を繰り返しながら行うのが効果的だと考えられています。

ピラティス体験予約ヨガ体験予約
SNSでシェア
ピラティスの体験レッスン ヨガの体験レッスン