初心者は週1回から

【保存版】効果的なヨガの頻度はどのくらい?

初心者なら週1回からの頻度のヨガが効果的です

初心者は週1回から
ヨガを効果的に行うのに、絶対という頻度はありません。ヨガは、継続的にライフワークとして生活の中に取り込むのがとても大事なので、続けられるように無理なく付き合っていくという視点も重要です。
ただ、運動習慣のないヨガ初心者の方は、レッスンを受ける頻度として週1回(月に3~4回)のペースで、ヨガを体で知っていくのがよいでしょう。
大きな変化を短時間で求めるのは難しいペースですが、ストレスや不安を緩和しリラックス状態を導くには、ヨガの頻度よりも基本に沿って正しくヨガを行うことの方が大事です。徐々に体を慣らしていきましょう。
ヨガ中級者までのレベルであれば体質改善目的などで月に6~8回(週に2回のペース)レッスンを受けるのもよいでしょう。より変化が起きやすくなりヨガがより日常的なものになります。

自分に合った頻度でヨガレッスンを受ける

週に1回から始める

ヨガ初心者なら、無理をしないでまずは週1回の頻度で始めましょう。体がつらいのを我慢すれば、ヨガ特有の心地よさを感じることができずやめたくなってしまうものです。
また、たとえ週1回であっても持病の症状が出ている、体調が悪くて乗り気ではないという日は思い切って体を休ませることも大事です。ヨガは頻度を上げるよりも、回数が少なくても継続させることを重要視しましょう。
始めは慣れなくても、継続することで次第に心身にリラックス効果が生じて心地よくなります。更にコンスタントに続けるのもポイントです。
前回のヨガから間が開くとせっかく自分の体で覚えたヨガの動きを忘れ、効果が薄れてしまうので注意しましょう。

週2回に増やしてみる


週1回のペースで体がヨガに少し慣れてきたら、週2回に頻度を増やしてみましょう。週2回のペースになると、週1回の時よりもインナーマッスルが更に鍛えられて筋肉量が増えます。
代謝がもっと上がるので脂肪燃焼がより一層促進されるようになります。痩せやすく太りにくい体になれるように体質改善を目指したい、筋肉をやわらげて関節の動きが滑らかになるように柔軟性を上げたいという人におすすめです。
ヨガによる心身の変化をもっと実感したい、ヨガの効果を高めたい人にとっても週2回は取り組みやすい頻度だと言えます。また、ヨガを習慣化することで体質が変わり身体が楽になるのが実感できるでしょう。
そうなると気持ちも落ち着き、心に余裕ができて前向きな思考になるなどメンタル面にもよい影響を及ぼすと言われています。

週3回でダイエット効果を期待できるでしょう


ヨガは正しいやり方で行うと基礎代謝が上がり、脂肪燃焼が促されます。インナーマッスルも強化されるので体が引き締まり、ダイエット効果をもたらすと言われています。
ただし、独学で本などを見ながら自己流で行っても実際には思うような効果が得られず、ダイエットにはつながらない場合があります。まずはヨガの基本的な呼吸法やポーズを体でしっかり覚えることが大事です。
ヨガの基本をマスターした上で、痩せやすい体質へと徐々に変えていくためには頻度や時間を増やすというのが有効的です。高いダイエット効果を得るには、週3回のペースを少なくとも3ヶ月は継続してみましょう。
呼吸法やポーズに慣れたヨガ中級者には大体週に3回の頻度が理想的だと考えられています。

ヨガは継続することでより変化は起きやすくなります

ヨガは継続的に生活の中に取り入れることが大事

ヨガは様々な流派があって実際には明確なルールはなく、いわば自身の身体や心と向き合う時間として生活に取り入れるのが重要だと言えます。ヨガを継続するには、無理をしないで自分が心地よいと思えるレベルのポーズや頻度で行うのがポイントです。
動きが複雑で体勢が辛いポーズに挑んだり、身体がきつく呼吸が苦しいのに我慢して限界まで続けたりするのはNGです。ヨガが嫌になり逆にストレスが溜まって体調が悪くなる可能性もあります。
無理のない範囲で継続させることで自分の中で徐々に身体が変わっていくのが自覚できるはずです。

呼吸を意識して基礎代謝を向上させよう

ヨガは深い呼吸を繰り返しながらポーズを取る身体技法の一つですが、身体や心にもたらす効果は水泳やジョギングなど有酸素運動と同じだと考えられています。
有酸素運動は、呼吸を繰り返しながら軽度の負荷を筋肉にかけて長時間行う運動です。たっぷり取り込んだ酸素を全身に巡らせることで血流を促し、筋肉を動かすエネルギーを生成しています。
有酸素運動により基礎代謝が上がることで、脂肪の燃焼が促されるので身体を引き締める効果があると考えられています。

ヨガの際に呼吸を意識することで身体の不調を改善する

ヨガでは深くゆっくりとした呼吸を繰り返します。呼吸のリズムを整えることでこり固まった筋肉が徐々にほぐれ、柔らかくなると言われています。
ヨガの呼吸法をマスターすれば、自律神経のバランスを整える効果が期待できるでしょう。
自律神経は脳の視床下部で指令が出されている神経で背骨の中を通り、全身に巡っています。
主に生命維持に必要な内臓や各器官が正常に働くよう調節する役割を担っています。交感神経と副交感神経という2つの自律神経が、相互のバランスを取りながら健康な身体を維持しているのです。
しかし、2つの自律神経のバランスが崩れることで身体に様々な不調が出ます。ヨガの呼吸法により自律神経が整えば、身体の不調改善にもつながるのです。
更にインナーマッスル強化により背骨や骨盤の歪みも治される、姿勢改善にも効果的だとされています。

ヨガスタジオと自宅ヨガを組み合わせるのがおすすめです

現在、さまざまなヨガスタジオがあり、通う方が増えています。その反面、スタジオに行くのは不安、といった声も聞かれます。
確かに、ヨガは自宅で行うことでもその効果が得られるでしょう。どちらの方法でヨガを行うのがより効果的なのでしょうか。
理想は、週に1~3回ヨガ教室に通いながら、毎日自宅でヨガを行うというやり方です。
毎日スタジオに通うのは大変でほぼ不可能ですが、週に1度でも専門家の指導を直接受けて、それを思い出しながら毎日自分の部屋でポーズを取ればよりヨガへの理解が深まり日常生活に欠かせないものとなっていくでしょう。
自分に合った、きちんとしたヨガスタジオや教室を選ぶことは大切です。自宅や勤め先から通いやすい場所にあることや予算に合っていることは最低条件です。
紙媒体やネット・専門雑誌などにある情報を収集し、もし身近にヨガ教室に通っている人がいれば、詳しい話を聞いて比較検討してみればよいでしょう。

(まとめ)効果的なヨガの頻度はどのくらい?

ヨガに適した頻度はレベルによって違ってきます。

普段から運動しないヨガ初心者は、まず週1回から始め、徐々に体を慣らしながら正しい呼吸法やポーズを覚えていくのが理想的です。
体質改善などを目指すヨガ中級者は、週2回のペースで継続するのがよいでしょう。着実にダイエット効果を得たい上級者は週に3回が効果的だと言われています。
ヨガは辛いのを我慢して無理すると長続きしません。自分の体調と相談しながら心地よいと感じる動きに身をゆだねることで心にもリラックス効果が生まれ、身体によい影響をもたらすものです。
更に呼吸に意識を向けることで自律神経の乱れも整うと言われています。ヨガは独学で行うのと、レッスンを受けるという2つの方法があります。

500円体験レッスン
ピラティス体験予約ヨガ体験予約
ピラティスの体験レッスン ヨガの体験レッスン