【保存版】HIIT(ヒット)はエアロバイクで行うとダイエット効果が高い?

エアロバイクで行う「HIITトレーニング」は、ダイエットに適しているとされています


エアロバイクで行う「HIIT」とは、室内で手軽にできるエアロバイクを使用したトレーニング方法です。エアロバイクは負荷を調節することができる運動です。
低い負荷で長時間かけて運動する方も多く、有酸素運動マシンとしてダイエットに使用されることが多いトレーニングといえるでしょう。この低い負荷で行うエアロバイクの有酸素運動に、全力で行うほど高い負荷をかけたトレーニングを合わせたものが「HIITエアロバイク」と呼ばれています。
脂肪を燃焼する運動とよくいわれるのが有酸素運動ですが、HIITも脂肪の消費が期待できる運動といえます。また、HIITではハードな運動と低負荷の運動を交互に何度も繰り返すため、短時間でもエネルギーを大量に消費できるでしょう。
同様に、「HIITエアロバイク」もエネルギー消費量が多いため、血液中の脂肪が燃焼されるといわれています。

HIITは高強度のインターバルトレーニングとされています

HIIT(High-Intensity Interval Training)は、ヒットと呼ばれ、インターバルトレーニングよりも強度に鍛えることができるトレーニングとされています。運動機能を強化する目的で行われることが多いため、スポーツをしている方はインターバルトレーニングのことを知っているのではないでしょうか。
インターバルトレーニングとは、高い負荷の運動を行った後に低負荷の運動を行うことを繰り返すトレーニング方法です。通常のトレーニングでは休憩を入れながら運動をするのですが、インターバルトレーニングの場合には休憩の代わりに低負荷の運動をするところが特徴といえるでしょう。
HIITは、心拍数を最大心拍数の90%まで上げて行う強度な無酸素運動の合間に、体力回復のための低強度の有酸素運動を行うトレーニング方法です。無酸素運動の際には全力で運動していないとトレーニング効果が大きく下がるといわれています。
体力の限界ぎりぎりまで身体を動かす負荷が大きい運動のため、インターバルトレーニングと同様に毎日行うことはあまりないでしょう。トレーナーなどの指示に従って行うことが大切といえます。

高負荷と低負荷の運動を繰り返すことで、短期間で運動効果を発揮

HIITとは、短期間に高負荷の筋トレを繰り返し行う運動法です。低負荷の運動を休息代わりに行いながら、高負荷の筋トレを何度も繰り返すため、筋肉への負担が大きく長く続けることは難しいでしょう。
HIITでダッシュやエアロバイクなど様々な筋トレを全力で行うときには、血液中や筋肉中の糖を消費して筋肉を動かすエネルギーとして利用するといわれています。HIITで糖が使われて枯渇した後には脂肪が燃焼され始め、運動後にも脂肪燃焼しやすい状態が続くことが期待できるでしょう。
HIITのように高負荷の運動を繰り返すと、たくさんの酸素を取り込もうとして心肺機能が向上するといわれています。心肺機能が強化されることによって基礎代謝もアップするでしょう。
短期間で心肺機能や基礎代謝がアップするなど、HIITは高い運動効果が期待できる運動といえます。

HIITでは様々な効果が得られるといわれています

HIITはアメリカで始まったトレーニング方法です。元々スポーツ選手のトレーニングとして行われていましたが、近年では日本でもトレーニングやダイエットなどに多く取り入れられるようになっています。
HIITは、毎日行ったり長時間運動したりする必要がないため短期集中で行いたいという方にも適しているでしょう。厳しい高負荷の運動と低負荷の運動を休みを入れずに続けて行うため、運動能力や心肺機能の強化などが期待できるとされています。
また、高負荷の無酸素運動を伴う20分のHIITのトレーニングは、有酸素運動を40分行った場合の6倍の脂肪が燃焼されるといわれています。基本的には高負荷の無酸素運動では血液中のブドウ糖が利用され、低負荷の有酸素運動では体脂肪が利用されるといわれているので、HIITは有酸素運動と無酸素運動両方の高い働きが期待できるトレーニングといえるでしょう。
さらに運動後には身体の状態を戻すために酸素の消費量が多くなると考えられています。インターバルトレーニングやHIITなどの激しい運動の後には、酸素を消費するためにカロリーの消費が激しくなるともいわれ、HIITの後2時間ほどは脂肪燃焼が続くとされています。

脂肪燃焼効果が続くHIITトレーニング

トレーニングの途中だけでなくトレーニング後にも脂肪燃焼が続くことをアフターバーン効果と呼びます。このアフターバーン効果が得られるHIITトレーニングでは、短時間でもより多くの脂肪燃焼効果が期待できるでしょう。

HIITとアフターバーン効果

HIITでは激しい運動で多くのエネルギーが消費され、有酸素運動の働きから脂肪燃焼効果も期待できるとされています。さらにアフターバーンでより脂肪燃焼効果もアップするでしょう。
アフターバーンとは、HIITトレーニングの後に体内に残っている大量の酸素を消費して筋肉を修復したり身体の状態を平常に戻そうとしたりする状態のことといわれています。脂肪を燃焼して酸素消費時にはエネルギーが多く消費される状態が続くことです。
この働きにより、HIIT後にも脂肪の燃焼が続くことが期待できます。HIITトレーニングのアフターバーン効果は最大酸素摂取量70%程度の単調な有酸素運動の約2倍あるとされ、脂肪燃焼効果も持続するといわれています。

エアロバイクはHIITを取り入れやすい方法とされています


エアロバイクはペダルの負荷を簡単に調整できるため、高負荷の無酸素運動と低負荷の有酸素運動を簡単に切り替えることができる運動です。運動の切り替えが楽にできることから、HIITに適した運動方法といえるでしょう。
また、筋トレ経験が少ない人や、普段から運動する機会がなく運動不足の人にも挑戦しやすい方法といえます。HIITには腹筋、スクワットなどの筋トレを組み合わせるメニューもありますが、エアロバイクは運動習慣のない筋トレ初心者に取り組みやすい方法といえるでしょう。
HIITエアロバイクは高負荷でトレーニングできるため、短時間の運動でも効率よく脂肪を燃焼しやすいという特徴があります。ジョギングなどの単調な有酸素運動を50分行った場合と10分のHIITはカロリー消費量が同じといわれることもあり、高い脂肪燃焼効果が期待できるでしょう。無理のない運動で脂肪の燃焼効果が感じられると、途中で飽きることなくトレーニングを続けやすいといえます。
室内でできる点も、エアロバイクを取り入れやすいポイントのひとつです。エアロバイクは外で行うHIITや通常の自転車とは異なり、室内で行うことができます。ダッシュなどのように外で行うHIITの場合には、トレーニングをする予定の日に雨が降ってしまうと筋トレができません。
HIITは毎日行う必要がないトレーニングですが、天候に関係がある運動方法ではスケジュールが狂いやすくなる心配があります。それに対して天候に左右されることなく行えるメリットがあるため、継続して続けやすいでしょう。

普段から運動習慣がなくても体への負担が少なく済む

ダイエットのためにHIITトレーニングをしたいという人は、ジョギングなどの運動メニューでは膝への負担が大きくてできない場合もあるでしょう。HIITは高い負荷をかけて運動を行うため、ランニングマシンを使用して行うトレーニングなど、運動方法によっては体重が重いほど膝への負担も増加します。
エアロバイクは座ってペダルをこぐトレーニングなので、体重が膝にかかることがなく膝への負担が少ないといわれています。サドルを正しい高さに設定していないと、膝が伸びきって足に負担がかかることがあるでしょう。
歩くときの膝にかかる負担は体重の3~4倍といわれています。ジョギングなどの場合には、歩くときよりも勢いよく固い地面に足を着くため、さらに大きな負担が膝にかかるでしょう。
エアロバイクはペダルに足を置くため、固い地面に足を着く必要がありません。エアロバイクは他のスポーツなどのように身体を激しく動かすこともなく、身体に負担が少ないトレーニングといえます。

エアロバイクは正しい方法で行うことが大切です

HIITエアロバイクの効果を上げるためには正しい運動方法で行うことが大切です。ペダリング時の負荷のかけ方やサドルの位置・メニューなどがエアロバイクの運動方法で重要なポイントといえます。
難しい方法ではなく、トレーニングを行うときに気をつけるだけで簡単にHIITエアロバイクの効果を大きく引き出すことができるでしょう。

負荷のかけ方

エアロバイクを行う場合、最初は負荷を軽くして身体を慣らすことから始めましょう。身体が温まっていない状態でいきなり重い負荷から始めると、筋肉や関節への急激な負荷のためにケガをする恐れがあります。
そして始めに身体を慣らしてウォームアップをしてからHIITトレーニングを始めましょう。HIITエアロバイクでは、高い負荷と低い負荷への切り替えを何度か繰り返します。
高い負荷のときには全力を出し切るくらいの強さに設定して、低い負荷のときには体力が回復する程度の強度に設定すると、トレーニングの効率アップが期待できます。

サドルの位置

サドルの位置は、高すぎず低すぎない位置に設定することが大切です。高すぎるサドルの場合には、ペダルを踏み込んだときに膝が伸びきるため膝に負担がかかります。
サドルが低い場合には、脚の筋肉に余計な負担がかかり、膝にかかる負荷が大きくなってしまいます。足裏全体でペダルを踏みながら、膝を伸ばしたときに窮屈に感じない高さに調整しましょう。

適したメニュー

HIITは短時間でその効果が期待できるトレーニングですが、全力で行うハードなトレーニングです。そのため、HIITエアロバイクのトレーニングメニューは、自分の筋力や体力に合うメニューで行うことが大切です。
適したメニューで行わないと体調を崩したりケガをしたりする場合があるので注意しましょう。

トレーニング中の姿勢にも注意して行いましょう

HIITエアロバイクは、トレーニングのときの姿勢にも注意しましょう。トレーニング中の姿勢に気をつけることでより高い効果が得られたり、ケガを予防したりすることができます。
エアロバイクのときには、サドルの座り方や上半身の姿勢などに気をつけることが大切です。

サドル

サドルの高さを膝が伸びきることのない高さにしてから、後ろ側に座りましょう。サドルの手前に浅く腰掛ける状態ではお尻への負担が大きくなる心配があります。
そのため、サドルには深く腰掛けるように後ろ側に座って安定した状態でトレーニングを始めます。

前傾姿勢

エアロバイクのハンドルの位置によっては、上半身が直立姿勢になってしまう場合があります。エアロバイクの正しい姿勢は、上半身が直立ではなく前傾姿勢になっている状態とされています。
前傾姿勢でお尻や腹筋も意識しながらペダルをこぐことがポイントといえるでしょう。

正しい姿勢で行うメリット

HIITエアロバイクを正しい姿勢で行うと、全力を出し切る高い負荷のときでも安定してトレーニングが行えるためケガをしにくくなるでしょう。また、不安定な姿勢の場合よりも高い負荷に耐えられるので運動効率アップにつながります。
下半身に加え上半身の筋肉、体幹まで、身体の筋肉をバランスよく鍛えることも期待できます。

HIITエアロバイクメニュー例

1.3~5分ほどウォーミングアップを行います
2.高負荷で全力のべダル漕ぎを20秒間行います
3.低負荷の軽いペダル漕ぎを10秒間行休息します
4.2~3を10回ほど繰り返します
5.軽いストレッチなどでクールダウンを行います

HIITエアロバイクは無理をしない程度で全力を出す激しい運動を行う必要があるので、慣れてきたら徐々に強い運動に変えていくといいでしょう。また、身体にかかる負担が大きいため、HIITエアロバイクは毎日行わずに週1回程度で行います。
身体の疲労状態にも気をつける必要があるので、ケガをしないようにトレーナーなどの指示の元で行いましょう。

(まとめ)HIIT(ヒット)はエアロバイクで行うとダイエット効果が高い?

HIITエアロバイクは、短期間で集中的に脂肪燃焼効果が期待できるトレーニングといわれています。

有酸素運動のように毎日長時間運動をしなくてもいいところや、運動習慣がない人でもチャレンジしやすいところなど、たくさんのメリットがあるとされています。
HIITエアロバイクは、ジョギングや他のスポーツで行うHIITよりも身体への負担が少ないため、ダイエットにも取り入れやすいでしょう。サドルの位置や負荷のかけ方、トレーニング時の姿勢など、正しい方法で行うことで、より高い運動効果を得ることが期待できます。

HIITピラティス、HIITヨガも!zen placeで体験

500円体験レッスン
ピラティス体験予約ヨガ体験予約
ピラティスの体験レッスン ヨガの体験レッスン