マタニティピラティス・ヨガ

出産のための身体と心を準備する

妊娠、出産は女性の一生の中でも一大事です。
身体はもちろん、精神面でも大きな変化を迎えるターニングポイント。心身共に繊細になっているこの時をピラティス・ヨガで癒し、出産に向けて活力をつけていきませんか。

こんな方におすすめ

  • #妊娠中の不定愁訴(むくみ、腰痛、気分のアップダウンなど)が出てきた方、予防したい方
  • #体重のコントロールをしたい方
  • #出産に向けて体力をつけたい方
  • #産後の体型を早く戻したい方

Q&A

妊娠4ヶ月イメージ

Q.「妊娠したので、ピラティス・ヨガをはじめたいと思っています。いままでやったことがないのですが、できますか?」(妊娠4ヶ月)

A.「お医者様の許可があれば大丈夫です!」

お医者様の許可があれば可能です。まずは総合受付・スタジオにご相談ください。
総合受付050-5577-5721

- 妊娠時のからだの状態とピラティス・ヨガの効果 -

必要な筋力を鍛えるだけでなく、呼吸法を学ぶことで心の安定にも繋がります。
中心軸をしっかりさせて身体のバランスを整えることは、転倒やケガの予防にも。

妊娠時のからだの状態とピラティス・ヨガの効果イメージ
妊娠時のからだの状態とピラティス・ヨガの効果イメージ

妊娠中の女性の身体は、周囲の祝福や幸せな心とはうらはらに、もっとも変化に富み、大変な状態であるといえます。
妊娠期間中は約10kgの体重が増えると言われますが、徐々に張り出してくるお腹を支える為に脂肪がプラスされ、胸は大きくなり、身体が重く、呼吸が浅くなっていきます。
身体の前面が重くなり、首回りや背面の筋肉が引っ張られることで猫背になりやすく、全体のバランスが崩れる為に腰に負担がかかり、腰痛や肩こりに悩んだり、ストレスを感じることも。
急な体重増加はむくみや股関節の硬直にもつながり、妊娠中はもちろんのこと、出産時の体力低下や産後の回復の遅れなどにも影響があります。
ピラティス・ヨガでは、リラックスした環境の中で、呼吸を意識しながら身体の中心である「背骨」を柔らかく動かせるようにすることで、妊娠中や出産に必要な骨盤周りやお腹のインナーマッスルを鍛え、「安産に必要な身体作り」と「産後の早期体力回復」をサポートします。

- 詳しくはスタジオにお問い合わせください -

総合受付050-5577-5721
または各スタジオへ