ダイエット目的のヨガを行うベストタイミングは朝にすること!

健康に良いエクササイズであるヨガはいつ行っても問題ありませんが、ダイエット目的でするヨガなら朝がベストタイミングとなります。

今回はダイエット目的のヨガは朝に行うのが良い理由など解説していくので、痩せるためにヨガをしようと考えている方は参考にしてください。

 

朝のヨガは基礎代謝機能のアップ効果がある

「痩せたい!」と思ってダイエット目的でヨガを行うのならば、お昼や夜に行うよりも朝の方がタイミングとして適しています。

朝に行うヨガがダイエットに最適な理由として、朝起きてすぐの体は胃の中に何も入っていないので有酸素運動を行うと効率的に脂肪燃焼しやすくなるのです。

血糖値が低い空腹の状態で有酸素運動であるヨガをすることにより、体を動かすエネルギーとして体内の脂肪が消費されます。

有酸素運動は血液循環を活性化させる働きも持っているので、脂肪燃焼を助ける機能のひとつである基礎代謝の働きも促してくれます。

朝の運動は内臓や神経にも刺激が与えられるため、腸の動きを良くしたり自立神経のバランスを整えるなどの効果も期待できるでしょう。

運動はお風呂に入る前や就寝前の夜の時間帯に人が多いですが、ダイエット目的ならば朝を選んで体を動かす方が良いです。

朝ヨガを習慣に続けていくことでダイエットの効果も出るようになり、体質も太りにくい タイプに変わるかもしれません。

ダイエットの他にも効果があるおすすめの朝ヨガを、明日からでもはじめてみてはいかがでしょうか。

 

朝ヨガの注意点とおすすめのポーズ

朝ヨガを行う際には大したことではないですが、注意しておいた方が良い点があります。

ヨガをするときは、注意点を守って行いましょう。

ダイエットのためにヨガをするのなら、脂肪が多い下半身を鍛えるポーズをとるのがおすすめです。

ヨガをする際に注意すること

ヨガのポーズは腹式呼吸法しながら行うので膀胱が刺激されて尿意を感じないように、運動する前に トイレを済ましておきます。

胃を空にした状態になると脂肪燃焼効果が促進されるので、運動前に食べ物を口にしないようにしましょう。

ヨガをする際は、以上のことを注意するようにしてください。

下半身の運動になるポーズをとる

お尻と太ももは脂肪が多くついている部分となり、有酸素運動で脂肪が燃えるようにヨガのポーズは下半身を使うものを選びましょう。

下半身の運動になるポーズの中から、バッタのポーズをご紹介します。

・横になりうつ伏せになったら、あごの部分を床につけて手のひらを上に向けておきます。

・鼻から息を吸いながら、背中、両手足をできるところまで持ち上げてください。

・その状態をキープしたまま何回か腹式呼吸を続け、呼吸するのが苦しくなったら元に戻していきます。

慣れない内は腹式呼吸の回数を少なめにして、慣れてきたら回数を増やしていきましょう。

 

まとめ

朝にお腹に何も入れないでヨガを行うと有酸素運動の効果で、体の脂肪燃焼が促進されやすい状態になります。

ヨガスクールは朝ヨガのレッスンを行なっているところもあり、朝に体を動かす習慣がない人は朝ヨガの体験レッスンを受けてみるのがおすすめです。

基礎代謝の向上効果も期待できる朝ヨガを行い、脂肪を燃やして体を引き締めていきましょう。

 

キャンペーン実施中!
今ならグループレッスンの
体験1回500円(税込)!
さらに体験当時入会で
入会金無料!
SNSでシェア
ピラティスの体験レッスン ヨガの体験レッスン