「睡眠に関する悩みがあるが、睡眠薬は飲みたくない」という悩みにはCBDを!

精神疾患大国のアメリカで、副作用がない天然成分の利用が大流行

うつ病・精神疾患大国であるアメリカでは、直近30年40年の最新の研究で西洋薬では効果が出ないものが多数あるいうことが分かってきました。

他方、ハーブ療法を中心としたオーガニックハーブ植物の天然成分が、メンタルヘルスの疾患や症状に対して、
副作用なく効果があるということも多数の研究により分かってきました。

 

4人に1人のアメリカ人の生活の一部になっている天然成分CBD

ヘンプから抽出される天然成分であるCBDは、特に効果があるということがわかってきています。

現在のアメリカでは4人に1人のアメリカ人が自分の体調調整のために、何らかの形でCBDを生活に取り入れているほど、生活に浸透しています。

 

日本でついに解禁され、zen placeでも販売を開始

そしてついに、厚生労働省から法的に許可がおり、2020年1月に日本でも解禁されることになりました。

CBD先進国のアメリカでは、ヨガ・ピラティススタジオなどの、心や体に最も敏感な人達からCBDが流行し始めました。
そのような事実から、zen placeでは8年前からCBDを調査し、最新の情報や研究論文の情報をリサーチし、
質の高いものを提供するために、ライセンス先を探していました。

植物の力を日々の生活に取り入れるライフスタイルを提案し、拡めるため、zen placeはCBDの販売をスタートいたしました。
正真正銘の真のクラフトマンシップを軸に、環境問題や人間のエゴがもたらす社会課題に配慮し、最高品質のCBD製品を取り扱ってまいります。

 

世界のライフスタイルを牽引してきたNYのCBDブランドPlant Alchemy

まず初めに、米国NYを拠点に名実ともに世界のライフスタイルを牽引してきたThe Alchemist’s Kitchenの高品質CBD製品
“Plant Alchemy”をはじめとしたオーガニックハーブ植物製品の提供を開始致します。
この取り組みにより、日本の新たなウェルネスライフスタイルの創造と変革を目指します。

 

CBDが効果を発揮する可能性のある疾患・症状

不眠症、入眠困難、ショートスリーパー、中途覚醒、早朝覚醒、熟睡障害など、あなたにとって必要な睡眠時間が十分に取れないことや
睡眠の質が低下することで日中の疲労、集中力の低下、不調、気分変調などが起こり、生活に支障をきたす状態。

そのような治らない、睡眠の悩みは、CBDで治すことができるかもしれません。

 

利用者の声

Aさん

睡眠導入剤を飲んだ時くらいふわふわとする感じがびっくりで、寝る前以外の摂取は控えなければ、と感じるくらいでした。

Bさん

自然とシャットダウンする感じで、ふと力が抜けて自然と寝つける習慣ができ、寝つきのストレスゼロで、すっきりと朝起きれています。

Cさん

就寝前のCBDにより、私はなんとか睡眠を大幅に改善することができました。

 

こんなお悩みありませんか?

寝たいのに、頭が動いていて、眠れない・・・

疲れているはずなのに、なぜか、途中で起きてしまう・・・

寝ているはずなのに、前日の疲れは一切取れていない・・・

サッと寝ることができなかった自分に対して、苛立つし情けない・・・

 

 

その悩み、体からのSOS・・・ほったらかしにしてませんか?

 

だって、どう改善したら良いの?

毎日忙しいし、考えなければいけないことは山積みだし・・・

しっかりと睡眠が取れないし、、この負のサイクルから抜け出せない・・・

何より、薬も試してみたけど、いまいち良くならないし‥これ以上飲みたくない!

 

不眠がちなAさんのお話

 「忙しい毎日に不眠が続き、制御不能な感覚に陥ったので、仕方なく専門医にかかって、薬を処方してもらったけど・・・」

依存性耐性が比較的少ないと言われ、専門医の主治医から言われるがままに、まずは非ベンゾジアゼピン系睡眠薬である
ベルソムラから治療を開始しました。
確かに薬を飲むと眠ることができるけど、次の日眠気が残る感覚があるし、悪夢を見ることが増えて。
それが理由かは分からないけど、次の日がシンドいから、できるだけ飲みたくなくて・・・

そもそも、西洋医学の人工的・ケミカルな睡眠薬はある意味強制的に眠らせるため根本的な解決にならないし、依存性もあると聞くし、
嫌になり、漢方薬局で処方された酸棗仁湯(サンソウニントウ)、加味逍遙散(カミショウヨウサン)をブレンドで飲んでみたけど、
これも効果はあまりよく分からず、副作用もあり、日常生活に支障が出ちゃって。

もうこれ以上薬も飲みたくないし、・・・どうしたらいいの?って、本当に悩んでて。

前のイキイキしてた自分に戻りたいけど、成す術がないんじゃないかって・・・

 

ちょっと待ってください!!あなたのその悩み、CBDオイルが解決します。

CBDって何!?

CBDは、ヘンプ(大麻)から抽出される天然自然成分のことで、多数の研究結果によって睡眠改善の効果が期待されています。

ヘンプは、120種類以上のカンナビノイド成分を含む樹脂を排出しています。そのうちの2つの樹脂成分はよく知られている、
「デルタ9-テトラヒドロカンナビノール(THC)」(※精神作用があり臨床的に実行できない、いわゆる「ハイ」になる違法の成分)と、
「カンナビジオール(CBD)」です。

CBDオイルにはこの「カンナビジオール(CBD)」のみが抽出されており、THCは一切含まれていないため、安心・安全に使用していただけます。

主にアメリカなど、欧米諸国では以前より研究が盛んにおこなわれており、認知度も高く4人に1人が使用しているという結果もあります。

「カンナビジオール(CBD)」は飲んでも副作用は基本的にない、と断言・実証されていて、ノーリスクハイリターンの奇跡の成分、とも言われています。

 

どんな効果があるの?

不眠症に関連する別の大きな要因の一つはストレスですが、CBDオイルはストレス反応や炎症を改善するため、
その結果として、リラックス効果が得られることが研究で明らかになっています。

CBDを利用する目的とその効果について、 アメリカ在住の約2,500名対象に行われた調査では、慢性的な関節痛や不安・抑うつ症状の軽減、
不眠症・睡眠障害の改善がCBD利用の主な目的であるという結果になり、 アメリカではCBDが睡眠改善のために多く利用されていることが分かりました。

また、その効果に関しては、全体の約36%の人が「治療の効果をしている」と回答し、 不眠改善に明らかな効果を感じていることが明らかになりました。

https://www.liebertpub.com/doi/10.1089/can.2018.0006

zenplaceのサイエンスアドバイザーのジュリー先生によると、
「CBDが睡眠改善に直接的に効くというメカニズムは、明らかにされていませんが、CBDが不安や炎症・痛みを軽減し
リラックス効果を発揮することで、結果として自律神経系が整い、上質な睡眠につながることは間違いありません。
不安感や神経症によって睡眠障害が引き起こされている方にとっては、CBDは特に有効です」とのこと。

また気になる副作用に関しては、「CBDを摂取したほとんどの人は副反応は見られず、仮に副反応が出たとしてもそれはごく稀で、
その種類は眠気または、倦怠感(用量に応じて)、口渇、または下痢等で重篤なものではないと考えられます。」とのことです。

 

睡眠改善にアプローチするCBD。その仕組みのカギとなっているのが・・・ECS(エンドカンナビノイドシステム)です!!

なぜ、CBDがこのような効果があると言われているのでしょうか?

その鍵はECS(エンドカンナビノイドシステム)と呼ばれる人に本来備わっている体調調整システムにあります。

ECSは、日々色々なことが起こることで崩れてしまうバランスを、自分の力で元に戻す役割を担っており、
カンナビノイド受容体、エンド(内因性)カンナビノイド、エンドカンナビノイドを分解する酵素の3要素で構成されています。

実は人間は常にエンド(内因性)カンナビノイドを体内で作り続けており、体内にあるカンナビノイド受容体に結合し、自分の体調を常に調整しています。
エンド(内因性)カンナビノイドを体内で作り続けられている状態では、健康的であり、心身のバランスが取れている状態で、
ECSが正常に機能している状態と言えます。

しかし、老化やストレス、栄養不足によって、エンド(内因性)カンナビノイドを体内で作れなくなってしまうことがあります。
この状態をカンナビノイド欠乏症といい、ECSがうまく機能しなくなり、崩れた心身のバランスを元に戻すことができなくなってしまいます。
結果として睡眠に大きな悪影響を及ぼしてしまうのです。

CBDは、作れなくなってしまったエンド(内因性)カンナビノイドに代わり、身体全身に分布されているカンナビノイド受容体に働きかけ、
崩れた心身のバランスを元に戻すサポートをしてくれます。
そして、カンナビノイド受容体は特に脳、内臓、皮膚、免疫細胞、生殖器に豊富にあることから、
睡眠改善、うつ、不安などのメンタルヘルス改善のためにジュリー先生は患者さんにCBDを処方しています。

 

zen place サイエンティフィックアドバイザーのJulie Moltke氏がお勧めする、CBD

Julie Moltke氏 プロフィール:

サウナ&リトリート経営、ヨガ講師でもあり、人々のホリスティックヘルスに向けたメンタルヘルス、ストレスマネージメントの専門医。
メンタルヘルス、ストレスマネージメント、およびメディカルカンナビスやCBDを専門とする医師として、主に北欧やイギリスなどの欧州で活動。

同時にヨガとマインドフルネスの講師としても活動し、ホリスティックヘルスを目指すクライアントや企業に対して医療サービスを提供している。

また、スウェーデン南部の自然豊かな農場でリトリートセンターを所有、運営。

Dr.Julieの活動に対する信頼は高く、海外では多くのメデイアで取り上げられている。

安心安全なCBD商品を日本でも提供するため、2021年冬にzen placeサイエンティフィックアドバイザーに就任。

 

西洋医学のお薬による副作用の可能性・・・

 

「睡眠薬は依存性がありそうで怖い」、「副作用があって飲めない」といったケースもあり、「服用していてもなんとなく体の調子が悪い」、
「化学物質を長期間の服用に不安があるといった方も少なくありません。

睡眠薬を飲むことで出る可能性がある副作用として、薬物依存、悪夢、傾眠、頭痛・頭重感、疲労、浮動性眩暈、入眠時幻覚など、
患者さんが望む結果をもたらさないケースも多いようです。

このような副作用を避けるために、西洋薬に抵抗がある方は、自然のものを取り入れようとする動きもあります。

 

研究結果

私(ジュリー先生)が2021年に行った調査では、CBDユーザーの42.5%がCBDを使用すること で睡眠が改善したと回答しました。
また、ほとんどの人が不安やストレス、そしてリラックスに満足のいく効果を 実感していることも明らかになりました。
私が診ている患者さんからも、CBDを使用すると、 「不安が少なくなり、眠りにつきやすくなった」という声が多数届いています。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7893882/
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7893882/figure/Fig1/?report=objectonly
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7893882/figure/Fig2/?report=objectonly

 

先生がCBDを処方している患者さんの声

Kirsten Sさん

長い間ストレスを感じ、多くの夜がぐっすりと眠れなくなっていたため、 ジュリー・モルトケ博士に連絡しました。
寝ようとしてベッドに横になっているのに、 自分がしなければならないことについて反芻してしまい、結果として何時間も寝られないという状況でした。
ジュリー先生は、CBDを瞑想や私の神経系を落ち着かせる他の実践と組み合わせ、 ホリスティックな方法でサポートを受けました。
私はCBDを昼間に1〜2回服用し、 それから就寝の1時間前に摂取します。結果として現在は以前よりもよく眠れています。

Olivia Rさん

私は医者として働いていましたが、夜に膨大な量の仕事を行う必要があったため、私の概日リズムは乱されていました。
ジュリー先生のアドバイスで、行なっていた大量のカフェイン摂取につながっていた紅茶を、 カフェインなしのハーブティーに切り替えたり対策をしました。
しかし、最大の違いをもたらしたのは、 就寝する前に毎晩30mgのCBDを摂取したことでした。
以前の私は、何時間も寝れないという状況でしたが、 現在は10分以内に眠りに落ちることができています。

Sarah Wさん

更年期が始まり、私は眠ることがひどく困難になり、ジュリー先生に助けを求めました。
いくつかの食事の変更、ハーブ療法、就寝前のCBDにより、私はなんとか睡眠を大幅に改善することができました。
また、CBDが閉経期の夕方に感じ始めた不安感を和らげるのに役立つと感じています。

 

zen placeのCBDユーザーの声

20代 女性:

日によって不眠の症状があり、寝れる日と寝れない日に差があるのに悩んでいました。
寝れない日に何をしていいかわからず、そこから3日間くらい不眠を引きずってきつい、といった時が多々あって。
こちらのCBDオイルを寝る前に摂取すると、何かを考えようとしても雑念が消えて…というのが繰り返されてびっくりです。
その結果自然とシャットダウンする感じで、ふと力が抜けて自然と寝つける習慣ができ、寝つきのストレスゼロで、すっきりと朝起きれています。

30代 女性:

元々不眠に悩んでいて、寝る時に考え事でかえって頭が活発になってしまい、眠くても寝れない日々が続いていました。
睡眠導入剤に頼っていましたが、毎日の摂取に抵抗があって。
そんな中、CBDの存在を知りましたが、最初は効能があまり信用できませんでした。

漢方くらいの効き目で、じわじわと効果が出るものかなと思っていましたが、実際は思ったよりも即効性があり、
睡眠導入剤を飲んだ時くらいふわふわとする感じがびっくりで、寝る前以外の摂取は控えなければ、と感じるくらいでした。
冷え性や心配性なところにも悩んでいて、不眠の時はそういった症状も余計にひどくなるので、
生活の中でも睡眠を最重要視している私にとっては、薬に頼らずに睡眠の質が改善できてとても嬉しいです。

 

FAQ

Q. 本当に違法じゃないんですか?

A. ヘンプから抽出される成分として有名なのは「デルタ9-テトラヒドロカンナビノール(THC)」(※精神作用があり臨床的に実行できない、
いわゆる「ハイ」になる違法の成分)と、「カンナビジオール(CBD)」ですが、CBDオイルにはこの「カンナビジオール(CBD)」のみが
抽出されており、THCは一切含まれていません。
そのため、通常の大麻のように違法のものではなく、安心・安全に使用していただけます。

 

Q. 依存性は無いの?

A. 先述の通り、依存性がありハイになる成分である「デルタ9-テトラヒドロカンナビノール(THC)」はCBDオイルには一切含まれていないため、
依存性はありません。

 

購入はこちらから!


参考文献

  1. Corroon J, Phillips JA (2018) A Cross-Sectional Study of Cannabidiol Users. Cannabis Cannabinoid Res 3:152–161 . https://doi.org/10.1089/can.2018.0006
  2. Gulbransen G, Xu W, Arroll B (2020) Cannabidiol prescription in clinical practice: An audit on the first 400 patients in New Zealand. BJGP Open 4:bjgpopen20X101010 . https://doi.org/10.3399/bjgpopen20X101010
  3. Chagas MHN, Crippa JAS, Zuardi AW, Hallak JEC, MacHado-De-Sousa JP, Hirotsu C, Maia L, Tufik S, Andersen ML (2013) Effects of acute systemic administration of cannabidiol on sleep-wake cycle in rats. J Psychopharmacol 27:312–316 . https://doi.org/10.1177/0269881112474524
SNSでシェア
ピラティス・ヨガを体験する
//サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述