「うつ病や不安症、ストレス障害、対人緊張、パニック障害と診断されたが、西洋薬を飲みたくない」という悩みにはCBDを!

精神疾患大国のアメリカで、副作用がない天然成分の利用が大流行

うつ病・精神疾患大国であるアメリカでは、直近30年40年の最新の研究で西洋薬では効果が出ないものが多数あるいうことが分かってきました。

他方、ハーブ療法を中心としたオーガニックハーブ植物の天然成分が、メンタルヘルスの疾患や症状に対して、
副作用なく効果があるということも多数の研究により分かってきました。

 

4人に1人のアメリカ人の生活の一部になっている天然成分CBD

ヘンプから抽出される天然成分であるCBDは、特に効果があるということがわかってきています。

現在のアメリカでは4人に1人のアメリカ人が自分の体調調整のために、何らかの形でCBDを生活に取り入れているほど、生活に浸透しています。

 

日本でついに解禁され、zen placeでも販売を開始

そしてついに、厚生労働省から法的に許可がおり、2020年1月に日本でも解禁されることになりました。

CBD先進国のアメリカでは、ヨガ・ピラティススタジオなどの、心や体に最も敏感な人達からCBDが流行し始めました。
そのような事実から、zen placeでは8年前からCBDを調査し、最新の情報や研究論文の情報をリサーチし、
質の高いものを提供するために、ライセンス先を探していました。

植物の力を日々の生活に取り入れるライフスタイルを提案し、拡めるため、zen placeはCBDの販売をスートいたしました。
正真正銘の真のクラフトマンシップを軸に、環境問題や人間のエゴがもたらす社会課題に配慮し、最高品質のCBD製品を取り扱ってまいります。

 

世界のライフスタイルを牽引してきたNYのCBDブランドPlant Alchemy

まず初めに、米国NYを拠点に名実ともに世界のライフスタイルを牽引してきたThe Alchemist’s Kitchenの高品質CBD製品
“Plant Alchemy”をはじめとしたオーガニックハーブ植物製品の提供を開始致します。

この取り組みにより、日本の新たなウェルネスライフスタイルの創造と変革を目指します。

 

CBDが効果を発揮する可能性のある疾患・症状

うつ病、ストレス障害、気分障害、適応障害、発達障害、めまい

そのような治っていない、うつ病・ストレス障害は、CBDで治すことができるかもしれません。

 

利用者の声

  • Aさん:思ったよりも即効性があり、睡眠導入剤を飲んだ時くらいふわふわとする感じがびっくり。
  • Bさん:脳にあったガサガサしたものが、すーっと全部なくなっている感覚。
  • Cさん:このオイルを利用した翌朝の脳の状態がとても軽くリフレッシュした感じがあります。

 

こんなお悩みありませんか?

ついつい考え事をしてしまって、辛い・・・

不安がおさまらなくて・・・

心配性で何も手につかず、苦しい・・・

仕事で人と会う機会が多いけど、その度に緊張してしまって・・・

パニックの発作状態が出てしまって辛い・・・

 

その悩み、心と体からのSOS・・・ほったらかしにしてませんか?

だって、どう治すの?

仕方なく精神科に行ったけど、薬をもらうだけで、根本的な解決にはなっていない気がする・・・

薬の副作用で体重が増えたり、変わり果てた姿にうんざり・・・

何より、これ以上薬を飲みたくない!

 

うつ病に悩むAさんのお話

 「なかなか良くならないから、仕方なく精神科医にかかって、薬を処方してもらったけど・・・」

 

一般的なうつ・不安症状への処方薬(デパス/エチゾラム、ソラナックス/アルプラゾラム)を処方されたので、
服用してみたけど、副作用がひどくて飲みたくなくて。

西洋医学の人工的・ケミカルな薬は根本的な解決にならないのかと思って嫌になり、漢方薬局で処方された
半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)、酸棗仁湯(さんそうにんとう)、加味逍遙散(かみしょうようさん)、
抑肝散(ヨクカンサン)をブレンドで飲んでみたけど、これも副作用がきつくて、日常生活に支障が出ちゃって。

もうこれ以上薬も飲みたくないし、・・・どうしたらいいの?って、本当に悩んでて。

前のイキイキしてた自分に戻りたいけど、成す術がないんじゃないかって・・・

 

 

ちょっと待ってください!!あなたのその悩み、CBDオイルが解決します。

CBDって何!?

CBDは、ヘンプ(大麻)から抽出される天然自然成分のことで、腰痛や慢性的な痛みの症状の緩和が期待されています。
ヘンプは、120種類以上のカンナビノイド成分を含む樹脂を排出しています。

そのうちの2つの樹脂成分はよく知られている、「デルタ9-テトラヒドロカンナビノール(THC)」(※精神作用があり臨床的に実行できない、いわゆる「ハイ」になる違法の成分)と、「カンナビジオール(CBD)」です。

CBDオイルにはこの「カンナビジオール(CBD)」のみが抽出されており、THCは一切含まれていないため、
安心・安全に使用していただけます。

主にアメリカなど、欧米諸国では以前より研究が盛んにおこなわれており、認知度も高く4人に1人が使用しているという結果もあります。
「カンナビジオール(CBD)」は飲んでも副作用は基本的にない、と断言・実証されていて、ノーリスクハイリターンの奇跡の成分、とも言われています。

仮に副反応が出たとしてもそれはごく稀で、主には眠気、または、倦怠感(用量に応じて)、口渇、または下痢等で、重篤なものではないと考えられます。

 

 

どんな効果があるの?

CBDにとって最も有望な領域の1つはメンタルヘルスです。ストレス、不安、うつ病などの症状が世界中で多くなってきており、
西洋医学の薬に頼らず自然療法を求める方が増えている昨今、CBDはそういった問題の解決策として最有力候補の1つと言われています。

 

痛みの改善にアプローチする、CBD。その仕組みのカギとなっているのが・・・ECS(エンドカンナビノイドシステム)なんです!!

なぜ、CBDがこのような効果があると言われているのでしょうか?

その鍵は、ECS(エンドカンナビノイドシステム)と呼ばれる、人に本来備わっている体調調整システムにあります。

ECSは、ストレス・暴飲暴食・不眠・老化・栄養不足など、日々色々なことが起こることで崩れてしまう体内のバランスを、
自分自身の力で元に戻す、という役割を担っており、カンナビノイド受容体、エンド(内因性)カンナビノイド、
エンドカンナビノイドを分解する酵素、の3要素で構成されています。

実は人間は常にエンド(内因性)カンナビノイドを体内で作り続けており、体内にあるカンナビノイド受容体に結合し、
自分の体調を常に調整しています。
エンド(内因性)カンナビノイドを体内で作り続けられている状態では、健康的であり、心身のバランスが取れている状態で、

ECSが正常に機能している状態と言えます。

しかし、老化やストレス、栄養不足によって、エンド(内因性)カンナビノイドを体内で作れなくなってしまうことがあります。
この状態をカンナビノイド欠乏症といい、ECSがうまく機能しなくなり、崩れた心身のバランスを元に戻すことができなくなってしまいます。

CBDは、作れなくなってしまったエンド(内因性)カンナビノイドに代わり、身体全身に分布されているカンナビノイド受容体に働きかけ
崩れた心身のバランスを元に戻すサポートをしてくれます。
そして、カンナビノイド受容体は特に脳、内臓、皮膚、免疫細胞、生殖器に豊富にあることから、関節痛や肩こりなど体の不調にはもちろん、
うつ・不安などのメンタルヘルス改善のためにもCBDが効果的と言われているのです。

 

西洋医学のお薬による副作用の可能性・・・

心療内科にかかる人たちも増えています。
専門医の診断に基づき、不安を和らげる目的、気持ちを落ち着かせるリラックスする目的で抗不安薬を専門医から処方されます。
抗不安薬は、日常生活に支障が出るほど不安が強い時に、不安を和らげることを目的に使われ、イライラが強く落ち着かない時に
リラックスする目的で使われることが多いです。
うつ病や不安症、ストレス障害、対人緊張、パニック障害などの精神の病気に対して医師から処方されるお薬です。

また、眠れないという睡眠に関わる症状もある場合が多いため、不眠症や睡眠障害に対しては睡眠薬が処方されます。
寝つきが悪い、熟睡できないなどの不眠症状を改善し、不安や緊張をやわらげ、寝つきをよくする目的で使われることが多いです。

しかし、一方で「副作用が心配」という声も多く耳にします。
可能性のある副作用としては、眠気(頭がぼうっとしたり起きていられなくなる)ふらつき、記憶障害、依存(手放せなくなってしまう)
などが代表的に言われているものです。
誤った飲み方をすると依存したり、意識がもうろうとして事故につながったりすることがある可能性もあるようなので、医師の指示に従うことが絶対条件です。
もしやめたいと仮に思った場合でも計画的にゆっくり時間をかけて減らすことが大切で、急にお薬をやめてしまうと、
精神や体に異常な症状が出てしまい、逆に悪化してしまう可能性もあるとのことなので、これも主治医の指示に従うことが重要です。
西洋薬に抵抗がある方は、なるべく西洋薬を減らし、自然のものを取り入れるという動きもあります。

そして、ヘンプから抽出される天然自然成分CBDはうつ病などの精神疾患や不安障害のような症状に効果が期待されています。

 

研究結果

いくつかの研究は、ECS(人間が本来持っている心身のバランスをとる自動調整機能)がうつ病の人で変化することを示しており、
これは自殺したうつ病の人の調べた脳でも見られました。
ある小規模な臨床試験で、社交恐怖症の参加者が人前で話すテストを行う前に、高用量のCBDを与えて結果を見るという試験では、
CBDが関連する不安を軽減できること結果が見られました。
CBDは、PTSDや統合失調症の症状を軽減するのにも役立つことが知られており、依存症と闘い、世界中で毎日数百人の命を奪っているオピオイドの流行を
管理する役割を果たしている可能性があります。
最後に、CBDは、炎症と脳内のベータアミロイド斑の形成とそれに続く認知症を特徴とするアルツハイマー病の進行を防ぐのに役立つ可能性があります。
抑うつ感がある場合は、効果を感じるまで用量を調整しながら、CBDオイルを1日1〜2回服用してみてください。

https://link.springer.com/article/10.1007/s11064-005-6978-1

https://bpspubs.onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1476-5381.2008.00046.x

 

zen place サイエンティフィックアドバイザーのJulie Moltke氏によるコメント

Julie Moltke氏 プロフィール:

サウナ&リトリート経営、ヨガ講師でもあり、人々のホリスティックヘルスに向けたメンタルヘルス、ストレスマネージメントの専門医。
メンタルヘルス、ストレスマネージメント、およびメディカルカンナビスやCBDを専門とする医師として、主に北欧やイギリスなどの欧州で活動。

同時にヨガとマインドフルネスの講師としても活動し、ホリスティックヘルスを目指すクライアントや企業に対して医療サービスを提供している。

また、スウェーデン南部の自然豊かな農場でリトリートセンターを所有、運営。

Dr.Julieの活動に対する信頼は高く、海外では多くのメデイアで取り上げられている。

安心安全なCBD商品を日本でも提供するため、2021年冬にzen placeサイエンティフィックアドバイザーに就任。

 

コメント:

私は、精神的な問題を抱える方々をホリスティックな方法で支援することを専門としてきました。
不安に対する私のお勧めのハーブ療法の1つがCBDです。
軽いうつ病の症状を持つ多くの人々にも、CBDが良い効果をもたらすことがわかっています。

CBDはカンナビノイドの一種で、エンドカンナビノイド系に影響を与えるだけでなく、セロトニン受容体にも影響を及ぼします。
これらの受容体は、不安、ストレス、およびうつ病を含むほとんどの精神的な条件に関与しています。

不安への対策としてCBDを取る場合、即効性を期待できますが、時間をかけて適切な用量を見つけるといいでしょう。
不安やうつ病のためにCBDを摂取する私のクライアントのほとんどは、1日にCBDを約25~50mg×2回、摂取しています。
もしあなたが恐怖症や特定の状況での不安に苦しんでいるなら、その状況にさらされるであろう45分ほど前にCBDを摂取するといったことも効果的です。

 

先生がCBDを処方している患者さんの声

Susan Hさん(うつ病と慢性疼痛持ちの方)

私は慢性的な関節の痛みと、冬になると鬱症状が出ます。
以前は、冬になるといつもバリ島に行き、関節を温め、憂鬱な気分を和らげていました。
パンデミック中はそれができなかったので、何か他の方法を試したいと思っていました。
CBDをまず関節のバームとして試し、その後、冬季うつ病のためにCBDオイルを毎日の習慣に加えました。
両方のことに対処するのにとても役立っていると思います。

Linda Aさん

私がジュリー先生に連絡したのは、CBDに関する彼女の本を読み、私の不安を解消してほしいと思ったからです。
私は長年不安を感じており、それが私の人生を非常に困難なものにしていました。
また、CBDを試してみたかったのですが、どのように始めたらいいのか分かりませんでした。
モルトケ博士は、アシュワガンダを含む他の植物と一緒に、うまく機能するCBDの投与量を見つけるのを助けてくれました。
彼女はまた、私の不安のほとんどが自尊心の低さと十分でないと感じていることから来ていることに気づくのを助けてくれました。
そのため、私はいつも他の人のためにすべてを行うことによって補いたいと思いましたが、それでも十分であると感じられませんでした。
CBDは私の不安を取り除き、ジュリー先生が教えてくれた瞑想や呼吸法のような他のツールとの併用も助けてくれました。

Hanna Gさん

私が最初に不安と抑うつ症状を持ち始めたのは、実はパンデミックの時でした。家族を失うのが怖くて、発症したのです。
彼らは南米に住んでいて、私はロンドンに住んでいます。一日中、家の中にいたいと思うようになり、かなり不健康な食事をするようになりました。
私は孤独と恐怖で、とても悲しい気持ちになりました。
ジュリー先生と数ヶ月間毎週話をし、CBD 25mg×2錠を毎日服用するように言われました。
最初は少しの違いしか感じませんでしたが、週を重ねるごとにどんどん良くなっていきました。
おかげで、全体から抜け出せました。今はまた元通りになったので、とても感謝しています。
今はもうCBDオイルを飲む必要はないほど、調子がよくなりました。

Freddy Jさん

私は少し不安になりがちな性格で、うつ病にもなりやすいのです。
そのため、抗鬱剤はあまり好きではないので、何か自然なものが欲しいと強く思っていました。
CBDオイルの摂取を始めるにあたり、ジュリー先生のカウンセリングを受けました。
CBDついての情報は目にしたことがありましたが、始めるには専門家の助けが必要だと感じていました。
ジュリーは本当に話しやすい人で、私がよく陥る不安な気持ちに対処する方法を見つける手助けをしてくれました。
CBDはこの点で本当に有用で、私は毎日摂取しています。35mg、つまりフルピペットを1日3回飲む日もあれば、少し少なめに飲む日もあります。

 

zen placeのCBDユーザー様の声

30代 女性 フリーモデル Mさん:

寝る時に考え事でかえって頭が活発になってしまい、眠くても寝れない日々が続いていました。
冷え性や心配性なところにも悩んでいて、不眠の時はそういった症状も余計にひどくなるので、
なんとか寝なければ、と睡眠導入剤に頼っていましたが、毎日の摂取に抵抗があって。
そんな中、CBDの存在を知りましたが、最初は効能があまり信用できませんでした。

漢方くらいの効き目で、じわじわと効果が出るものかなと思っていましたが、実際は思ったよりも即効性があり、
睡眠導入剤を飲んだ時くらいふわふわとする感じがびっくりで、寝る前以外の摂取は控えなければ、と感じるくらいでした。
何よりリラックス効果があって、心が落ち着く感じがしてすごく気に入っています。

 

FAQ

Q. 本当に違法じゃないんですか?

A. ヘンプから抽出される成分として有名なのは「デルタ9-テトラヒドロカンナビノール(THC)」(※精神作用があり臨床的に実行できない、
いわゆる「ハイ」になる違法の成分)と、「カンナビジオール(CBD)」ですが、CBDオイルにはこの「カンナビジオール(CBD)」のみが
抽出されており、THCは一切含まれていません。
そのため、通常の大麻のように違法のものではなく、安心・安全に使用していただけます。

 

Q. 依存性は無いの?

A. 先述の通り、依存性がありハイになる成分である「デルタ9-テトラヒドロカンナビノール(THC)」はCBDオイルには一切含まれていないため、依存性はありません。

 

 

購入はこちらから!

参考文献

De Petrocellis L, Cascio MG, Di Marzo V. The endocannabinoid system: A general view and latest additions. Vol. 141, British Journal of Pharmacology. 2004. p. 765–74.

du Plessis SS, Agarwal A, Syriac A. Marijuana, phytocannabinoids, the endocannabinoid system, and male fertility. Vol. 32, Journal of Assisted Reproduction and Genetics. Springer New York LLC; 2015. p. 1575–88.

Brents LK. Marijuana, the endocannabinoid system and the female reproductive system. Vol. 89, Yale Journal of Biology and Medicine. Yale Journal of Biology and Medicine Inc.; 2016. p. 175–91.

mechoulam early phytocannabinoid chemetry to endocannabin… – Google Scholar [Internet]. [cited 2019 Dec 11]. Available from: https://scholar.google.co.uk/scholar?hl=en&as_sdt=0%2C5&as_vis=1&q=mechoulam+early+phytocannabinoid+chemetry+to+endocannabinoids+and+beyond&btnG=

Ruehle S, Rey AA, Remmers F, Lutz B. The endocannabinoid system in anxiety, fear memory and habituation.

Mechoulam R, Fride E, Hanuš L, Sheskin T, Bisogno T, Marzo V Di, et al. Anandamide may mediate sleep induction [6]. Vol. 389, Nature. Nature Publishing Group; 1997. p. 25–6.

Hill MN, Miller GE, Carrier EJ, Gorzalka BB, Hillard CJ. Circulating endocannabinoids and N-acyl ethanolamines are differentially regulated in major depression and following exposure to social stress. Psychoneuroendocrinology. 2009 Sep;34(8):1257–62.

Clapper JR, Moreno-Sanz G, Russo R, Guijarro A, Vacondio F, Duranti A, et al. Anandamide suppresses pain initiation through a peripheral endocannabinoid mechanism. Nat Neurosci [Internet]. 2010 Oct [cited 2019 Apr 12];13(10):1265–70. Available from: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20852626

Duncan M, Davison JS, Sharkey KA. Review article: Endocannabinoids and their receptors in the enteric nervous system. Vol. 22, Alimentary Pharmacology and Therapeutics. 2005. p. 667–83.

Cabral GA, Griffin-Thomas LT. Emerging role of the cannabinoid receptor CB 2 in immune regulation: Therapeutic prospects for neuroinflammation. Vol. 11, Expert Reviews in Molecular Medicine. 2009.

Di Marzo V, Matias I. Endocannabinoid control of food intake and energy balance. Vol. 8, Nature Neuroscience. 2005. p. 585–9.

Di Marzo V. The endocannabinoid system in obesity and type 2 diabetes. Vol. 51, Diabetologia. 2008. p. 1356–67.

Ehrenkranz J, Levine MA. Bones and Joints: The Effects of Cannabinoids on the Skeleton. J Clin Endocrinol Metab [Internet]. 2019 Aug 8 [cited 2019 Aug 14]; Available from: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31393556

Corroon J, Phillips JA (2018) A Cross-Sectional Study of Cannabidiol Users. Cannabis Cannabinoid Res 3:152–161 . https://doi.org/10.1089/can.2018.0006

Gulbransen G, Xu W, Arroll B (2020) Cannabidiol prescription in clinical practice: An audit on the first 400 patients in New Zealand. BJGP Open 4:bjgpopen20X101010 . https://doi.org/10.3399/bjgpopen20X101010

Chagas MHN, Crippa JAS, Zuardi AW, Hallak JEC, MacHado-De-Sousa JP, Hirotsu C, Maia L, Tufik S, Andersen ML (2013) Effects of acute systemic administration of cannabidiol on sleep-wake cycle in rats. J Psychopharmacol 27:312–316 . https://doi.org/10.1177/0269881112474524

(2019) WHO | Burn-out an “occupational phenomenon”: International Classification of Diseases. WHO

Hse (2019) Work-related stress, anxiety or depression statistics in Great Britain, 2019

Tran T, Kavuluru R (2020) Social media surveillance for perceived therapeutic effects of cannabidiol (CBD) products. Int J Drug Policy 77:102688 . https://doi.org/10.1016/j.drugpo.2020.102688

Russo EB, Burnett A, Hall B, Parker KK (2005) Agonistic properties of cannabidiol at 5-HT1a receptors. Neurochem Res 30:1037–1043 . https://doi.org/10.1007/s11064-005-6978-1

Resstel LBM, Tavares RF, Lisboa SFS, Joca SRL, Corrêa FMA, Guimarães FS (2009) 5-HT 1A receptors are involved in the cannabidiol-induced attenuation of behavioural and cardiovascular responses to acute restraint stress in rats. Br J Pharmacol 156:181–188 . https://doi.org/10.1111/j.1476-5381.2008.00046.x

Vilazodone for major depressive disorder | MDedge Psychiatry. https://www.mdedge.com/psychiatry/article/64286/depression/vilazodone-major-depressive-diso

rder. Accessed 2 Jul 2020

Newman-Tancredi A, Kleven MS (2011) Comparative pharmacology of antipsychotics possessing combined dopamine D2 and serotonin 5-HT1A receptor properties. Psychopharmacology (Berl) 216:451–473 . https://doi.org/10.1007/s00213-011-2247-y

Bakas T, van Nieuwenhuijzen PS, Devenish SO, McGregor IS, Arnold JC, Chebib M (2017) The direct actions of cannabidiol and 2-arachidonoyl glycerol at GABAA receptors. Pharmacol Res 119:358–370 . https://doi.org/10.1016/j.phrs.2017.02.022

Deshpande LS, Blair RE, DeLorenzo RJ (2011) Prolonged cannabinoid exposure alters GABAA receptor mediated synaptic function in cultured hippocampal neurons. Exp Neurol 229:264–273 . https://doi.org/10.1016/j.expneurol.2011.02.007

Zuardi AW, De Souza Crippa JA, Hallak JEC, Campos AC, Guimarães FS (2017) Chapter e13 – The Anxiolytic Effects of Cannabidiol (CBD). https://doi.org/10.1016/B978-0-12-800756-3.00097-1

Crippa JAS, Nogueira Derenusson G, Borduqui Ferrari T, Wichert-Ana L, Duran FLS, Martin-Santos R, Vinícius Simões M, Bhattacharyya S, Fusar-Poli P, Atakan Z, Santos Filho A, Freitas-Ferrari MC, McGuire PK, Zuardi AW, Busatto GF, Hallak JEC (2011) Neural basis of anxiolytic effects of cannabidiol (CBD) in generalized social anxiety disorder: A preliminary report. J Psychopharmacol 25:121–130 . https://doi.org/10.1177/0269881110379283

Bergamaschi MM, Queiroz RHC, Chagas MHN, de Oliveira DCG, De Martinis BS, Kapczinski F, Quevedo J, Roesler R, Schröder N, Nardi AE, Martín-Santos R, Hallak JEC, Zuardi AW, Crippa JAS (2011) Cannabidiol Reduces the Anxiety Induced by Simulated Public Speaking in Treatment-Naïve Social Phobia Patients. Neuropsychopharmacology 36:1219–1226 . https://doi.org/10.1038/npp.2011.6

de Faria SM, de Morais Fabrício D, Tumas V, Castro PC, Ponti MA, Hallak JEC, Zuardi AW, Crippa JAS, Chagas MHN (2020) Effects of acute cannabidiol administration on anxiety and tremors induced by a Simulated Public Speaking Test in patients with Parkinson’s disease. J Psychopharmacol 34:189–196 . https://doi.org/10.1177/0269881119895536

Elms L, Shannon S, Hughes S, Lewis N (2019) Cannabidiol in the Treatment of Post-Traumatic Stress Disorder: A Case Series. J Altern Complement Med 25:392–397 . https://doi.org/10.1089/acm.2018.0437

1Sekar K, Pack A (2019) Epidiolex as adjunct therapy for treatment of refractory epilepsy: A comprehensive review with a focus on adverse effects [version 1; referees: 3 approved]. F1000Research 8

O’Connell BK, Gloss D, Devinsky O (2017) Cannabinoids in treatment-resistant epilepsy: A review. Epilepsy Behav 70:341–348 . https://doi.org/10.1016/j.yebeh.2016.11.012

Pamplona FA, Da Silva LR, Coan AC (2018) Potential clinical benefits of CBD-Rich cannabis extracts over purified CBD in treatment-resistant epilepsy: Observational data meta-analysis. Front. Neurol. 9

Goldstein B Cannabis revealed : how the world’s most misunderstood plant is healing everything from chronic pain to epilepsy

Stockings E, Zagic D, Campbell G, Weier M, Hall WD, Nielsen S, Herkes GK, Farrell M, Degenhardt L (2018) Evidence for cannabis and cannabinoids for epilepsy: A systematic review of controlled and observational evidence. J. Neurol. Neurosurg. Psychiatry 89:741–753

Tzadok M, Uliel-Siboni S, Linder I, Kramer U, Epstein O, Menascu S, Nissenkorn A, Yosef OB, Hyman E, Granot D, Dor M, Lerman-Sagie T, Ben-Zeev B (2016) CBD-enriched medical cannabis for intractable pediatric epilepsy: The current Israeli experience. Seizure 35: . https://doi.org/10.1016/j.seizure.2016.01.004

Silvestro S, Mammana S, Cavalli E, Bramanti P, Mazzon E (2019) Use of cannabidiol in the treatment of epilepsy: Efficacy and security in clinical trials. Molecules 24

Devinsky O, Marsh E, Friedman D, Thiele E, Laux L, Sullivan J, Miller I, Flamini R, Wilfong A, Filloux F, Wong M, Tilton N, Bruno P, Bluvstein J, Hedlund J, Kamens R, Maclean J, Nangia S, Singhal NS, Wilson CA, Patel A, Cilio MR (2016) Cannabidiol in patients with treatment-resistant epilepsy: an open-label interventional trial. Lancet Neurol 15:270–278 . https://doi.org/10.1016/S1474-4422(15)00379-8

SNSでシェア
ピラティス・ヨガを体験する
//サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述