CBDとは? zen placeサイエンティフィックアドバイザー・ジュリー先生によるCBD入門ガイド

ジュリー先生の自著、”A Quick Guide to CBD”のご紹介

 

こちらの記事では、zen place サイエンティフィックアドバイザーであるJulie Moltke(ジュリー・モルトケ)先生の本、
”A Quick Guide to CBD”から一部内容を抜粋し、ご紹介いたします。

 

私たちzen placeは、CBDを含む植物の力の可能性を信じており、自然の力を生活の一部に取り入れることが、
人々が本当の意味で生きる、豊かな人生を生きるために、大変重要なことであると考えています。

zen placeは、「日本のウェルビーイングを世界最高にする」ウェルビーイング創造のリーディングカンパニーとして、
人を豊かにするヨガ・ピラティスの「スタジオ事業」をはじめとする、様々な事業を通じてマインドフルムーブメントを促進しています。

CBD先進国のアメリカでは、ヨガ・ピラティススタジオなどの、心や体に最も敏感な人達からCBDが流行し始めました。

日本では大麻に対するネガティブな印象から、CBDは危険で安全ではないものという印象が根強く残っており、
敢えて“合法ドラッグ”と煽るような販売方法をとる業者も多く存在します。
また、日本では違法である大麻成分(THC)を含有する製品が“CBD製品”として販売されてしまっていることも事実です。
これらは全て日本におけるCBDの可能性の芽を摘む要素であり、大変もったいなく、残念な気持ちです。

CBDに関する正しい理解が日本中に広まることが、豊かな人生を生きる人が増えるきっかけになるのではないか。
そのような想いから、スウェーデンのCBDの専門医であるDrジュリーと連携し、当翻訳本を出版するに至りました。

 

Julie Moltke氏 プロフィール:

サウナ&リトリート経営、ヨガ講師でもあり、人々のホリスティックヘルスに向けたメンタルヘルス、ストレスマネージメントの専門医。

メンタルヘルス、ストレスマネージメント、およびメディカルカンナビスやCBDを専門とする医師として、主に北欧やイギリスなどの欧州で活動。

同時にヨガとマインドフルネスの講師としても活動し、ホリスティックヘルスを目指すクライアントや企業に対して医療サービスを提供している。

また、スウェーデン南部の自然豊かな農場でリトリートセンターを所有、運営。

Dr.Julieの活動に対する信頼は高く、海外では多くのメデイアで取り上げられている。

安心安全なCBD商品を日本でも提供するため、2021年冬にzen placeサイエンティフィックアドバイザーに就任。

 

 

CBDとは?

Information about CBD

 

CBDは、カンナビスやヘンプ植物に含まれて抽出されたカンナビジオールという自然成分です。
CBDとして知られている物質は、カンナビノイドと呼ばれる化合物の一種です。
カンナビスやヘンプのカンナビノイドは、消費されると私たちの体と相互作用して、さまざまな潜在的な効果を発揮する可能性があります。

研究によると、CBDは不安、痛み、睡眠、炎症の症状を改善できる可能性があるという証拠とともに、
健康に大きな可能性を秘めていることがわかっています。

世界保健機関(WHO)からも、CBDは安全な物質と見なされています。
CBDはきっと、あなたの体調管理に役立ってくれることでしょう。

CBD is a natural component of cannabidiol, which is found in and extracted from the cannabis and hemp plants.
The substance known as CBD belongs to a family of compounds called cannabinoids.
When consumed, the cannabinoids in cannabis and hemp interact with our bodies to produce a variety of potential effects.
Studies have shown that CBD, along with evidence that it may improve symptoms of anxiety, pain, sleep, and inflammation.
It has been shown to have great potential for health.
CBD is also considered a safe substance by the World Health Organization.
CBD helps you take better care of yourself for sure.

 

 

CBDはどのように体と相互作用するのですか?

How does CBD interact with the body?

CBDは ECSと呼ばれる人に本来備わっている体調調整システムと相互作用します。
ECSは、カンナビノイド受容体、エンド(内因性)カンナビノイド、エンドカンナビノイドを分解する酵素で構成されています。

そして、CBDは、身体全身に分布されているCB1やCB2などのカンナビノイド受容体に結合することによって体に作用していきます。
特に、脳、内臓、皮膚、免疫細胞、生殖器に豊富な受容体があります。(1,2,3)
※GoogleChromeの検索窓の右にある翻訳ボタンを押すと、全文が日本語で表示されます。

CBD interacts with the innate body regulation system, called the ECS.
The ECS consists of cannabinoid receptors, endo (endogenous) cannabinoids, and enzymes that break down endocannabinoids.
CBD then acts on the body by binding to cannabinoid receptors such as CB1 and CB2, which are distributed throughout the body.
Receptors are particularly abundant in the brain, internal organs, skin, immune cells, and reproductive organs.

 

CBDはどのような効果があるのですか?

How does CBD work?

CBDは万能薬ではありません。
直接的に心配事をなくしたり、慢性的な痛みを即取り除いたり、病気を治すことはできません。
他方、健康的なライフスタイルと一緒にツールとして使用されたときに、多くの身体的および精神的症状を緩和するのに役立ちます。
世界の研究では以下のような分野で研究が進み、効果がある可能性が示唆されています。

zenplaceのサイエンティフィックアドバイザーであるジュリーモルトケ先生著の
「A Quick Guide to CBD」に記載している内容の概要、及び、研究論文の簡単な紹介を行います。
※日本に当てはまらない内容が含まれている場合があることをご了承ください。

CBD is not a panacea. It cannot directly eliminate worry, immediately remove chronic pain, or cure disease.
On the other hand, when used as a tool in conjunction with a healthy lifestyle, it can help alleviate many physical and mental symptoms.
Worldwide research has been conducted in the following areas and suggests that it may be effective:
an overview of what is described in “the quick guide to CBD” by zenplace’s Scientific Advisor, Dr. Julie Moltke,
as well as a brief introduction to research papers The book contains information that does not apply to Japan.
Please note that some of the content may not be applicable to Japan.
※CBDの特性について学ぶ前に、最新の研究を見ていくことが必要不可欠です。
CBDは何十年にもわたって研究されてきましたが、てんかんを除いて、効果を完全に裏付ける臨床試験はまだ不足しています。
マウスなどの動物におけるCBDの影響を調べた研究が山ほどあり、無限の症例報告と観察データがあります。
それでも、「A Quick Guide to CBD」の執筆時点では、CBDが人間に及ぼす影響を調べた大きな研究はあまりありません。
医療の世界では、何かが機能することを実際に証明するには、多くの人がそれを使用して、それが自分たちのために機能すると言うだけでは不十分です。
グループの半分が薬物(CBD)を受け取り、もう一方がプラセボ(カンナビノイドを含まない純粋な油)を受け取る、
特定のグループサイズの適切に設計された研究が必要です。
臨床試験の参加者は、薬物またはプラセボのいずれかを受け取るようにランダム化され、参加者も研究者も誰が何を受け取ったかを知りません。
これらはランダム化二重盲検プラセボ対照試験(RCT)と呼ばれ、ゴールドスタンダードと見なされています。
何かが機能するかどうかを判断するために、観測データを使用できないのはおかしいと思うかもしれません。
ただし、RCTは、薬が単なるプラセボではなく、効果的で安全であることを確認するためにあります。
プラセボ効果は、有効成分を含まないプラセボ物質を与えられたときに人が改善を経験するときです。
この効果は、治療が機能しているという人の信念に起因しています。

 

メンタルヘルス(ストレス・不安)

Mental Health (Stress and Anxiety)

CBDにとって最も有望な領域の1つはメンタルヘルスです。
ストレス、不安、うつ病などの症状が世界中で高まっているため、人々は自然療法を求めており、CBDは最有力候補の1つです。
いくつかの研究は、ECSがうつ病の人で変化することを示しており、これは自殺したうつ病の人の調べた脳でも見られました。
小規模な臨床試験では、社交恐怖症の参加者は、人前で話すテストを行う前に、高用量のCBDまたはプラセボを与えられました。
結果は、CBDが関連する不安を軽減できることを示しました。

CBDは、PTSDや統合失調症の症状を軽減するのにも役立つことが知られており、依存症と闘い、
世界中で毎日数百人の命を奪っているオピオイドの流行を管理する役割を果たしている可能性があります。

また、炎症と脳内のベータアミロイド斑の形成とそれに続く認知症を特徴とするアルツハイマー病の進行を防ぐのに役立つ可能性があります。
抑うつ感がある場合は、効果を感じるまで用量を調整しながら、CBDオイルを1日1〜2回服用してみてください。
(1234567891011)
※GoogleChromeの検索窓の右にある翻訳ボタンを押すと、全文が日本語で表示されます。

One of the most promising areas for CBD is mental health.
With stress, anxiety, and depression on the rise around the world,
people are looking for natural remedies, and CBD is one of the leading candidates.
Several studies have shown that the ECS is altered in depressed people,
and this was also seen in the brains of depressed people examined who committed suicide.
In a small clinical trial, participants with social phobia were given either a high dose of CBD or a placebo
before performing a public speaking test.
Results showed that CBD could reduce associated anxiety.
CBD is also known to help reduce symptoms of PTSD and schizophrenia, fight addiction, and
may play a role in managing the opioid epidemic that is claiming hundreds of lives every day around the world.
It may also help prevent the progression of Alzheimer’s disease, characterized by inflammation
and the formation of beta-amyloid plaques in the brain and subsequent dementia.
If you are experiencing depression, try taking CBD oil once or twice a day,
adjusting the dosage until you feel the effects.

 

 

痛み

Chronic Pain

痛みは急性と慢性の2つのカテゴリーに分けることができ、後者は12週間以上続く痛みです。
ECSは急性的な痛みの緩和プロセスの調節に大きな役割を果たさないため、CBDは急性の痛みに対して効果的ではありません。
オピオイドシステムなどの他のシステムは、急性の痛みに関しては機能しており、
これがモルヒネとその誘導体がカンナビスよりもはるかにうまく機能する理由です。
慢性的な痛みに関しては、まったく別の話です。

簡単に言えば、慢性的な痛みは、関節や筋肉から生じる筋骨格痛とも呼ばれる侵害受容性の痛みと、
中枢神経系または末梢神経系の損傷から生じる神経障害性の痛み、あるいはその両方の組み合わせに分けることができます。
カンナビスが慢性疼痛に対する忍容性の高い治療法であることを裏付ける十分な証拠があります。
線維筋痛症(全身の慢性びまん性疼痛、睡眠障害、IBS、倦怠感を特徴とする状態)、
神経損傷、腫瘍や脊髄損傷に伴​​う痛みなどの神経障害性疼痛の治療に特に役立ちます。
慢性的な痛みを軽減するだけでなく、睡眠と一般的な生活の質を改善することでも知られています。

THCとCBDを1:1の比率で含む舌下スプレーであるイギリスの会社GWファーマシューティカルズによって開発されたSativexという薬は、
多発性硬化症患者の痛みと筋肉のこわばりの治療薬として承認されています。
私のCBDの使用経験では、関節炎、片頭痛、慢性頭痛、線維筋痛症などの症状に最も効果的です。 (1234)
※GoogleChromeの検索窓の右にある翻訳ボタンを押すと、全文が日本語で表示されます。

Pain can be divided into two categories: acute and chronic, the latter being pain that lasts longer than 12 weeks.
CBD is not effective for acute pain because the ECS does not play a major role in regulating the acute pain relief process.
Other systems, such as the opioid system, work with regard to acute pain,
which is why morphine and its derivatives work much better than cannabis.
With regard to chronic pain, it is a completely different story.
Simply put, chronic pain is nociceptive pain, also called musculoskeletal pain, arising from joints and muscles, and
neuropathic pain resulting from damage to the central or peripheral nervous system, or a combination of both.
There is ample evidence to support Cannabis as a well-tolerated treatment for chronic pain.
Fibromyalgia (a condition characterized by chronic diffuse pain throughout the body, sleep disturbances, IBS, and fatigue),
andparticularly useful in the treatment of neuropathic pain, such as pain associated with nerve damage, tumors, and spinal cord injury.
In addition to reducing chronic pain, it is also known to improve sleep and general quality of life.
The drug Sativex, a sublingual spray containing THC and CBD in a 1:1 ratio, was developed
by the British company GW Pharmaceuticals approved for the treatment of pain and muscle stiffness in multiple sclerosis patients.
In my experience with CBD, it is most effective for arthritis, migraines, chronic headaches, and fibromyalgia.

 

 

睡眠

Sleep

睡眠は、メンタルヘルスを維持するための最も重要な要素の1つです。
CBDユーザーの間で、痛みの管理と不安に続いて、CBDを使用する3番目に人気のある理由です。
多くの人がCBDを使用するとよく眠れると報告しており、ユーザーからはスイッチを切るのが簡単になるとよく耳にします。

また、ユーザーは不安が少なくなる傾向があるため、眠りにつくのが簡単になります。
しかし、CBDが睡眠パターンにどのように影響するか等のメカニズムを知るには、更なる臨床試験が必要です。
ローマンカモミールやバレリアンルートなど、他の睡眠促進成分を含むハーブがあれば、それらとCBDを一緒に摂取してみてください。
就寝時刻の1〜2時間前に摂取すれば、忙しい心を落ち着かせるのに役立ちます。 (123)
※GoogleChromeの検索窓の右にある翻訳ボタンを押すと、全文が日本語で表示されます。

Sleep is one of the most important factors in maintaining mental health.
After pain management and anxiety, this is the third most popular reason for CBD use among CBD users.
Many people report that they sleep better when using CBD, and we often hear from users
that it is easier to switch off.Users also tend to experience less anxiety, making it easier to fall asleep.
However, further clinical trials are needed to understand the mechanism of how CBD affects sleep patterns, etc.
If you have herbs that contain other sleep-promoting ingredients, such as Roman chamomile or valerian root, try taking CBD with them.
If taken 1-2 hours before bedtime, it can help calm a busy mind.

 

 

運動障害

Movement Disorders

パーキンソン病とハンチントン病はどちらも、脳の一部の領域の神経変性と神経細胞の損傷に関連する運動障害です。
震え、硬直、うつ病や不安などの認知症状など、パーキンソン病に関連する症状を治療するためにカンナビノイドを使用することで有望な結果が得られています。
CBDは神経細胞を保護することができ、これらの病気の進行を防ぐのに果たす役割さえあるかもしれません。

ECSは、不随意の反復運動と言語チックを伴う神経障害であるトゥレット症候群にも関与しているようであり、
カンナビノイドはこれらの症状を軽減できるようです。

多くのパーキンソン病患者は、治療計画にCBDオイルを毎日追加することで、症状の重症度を大幅に軽減したと報告しています。 (1)
※GoogleChromeの検索窓の右にある翻訳ボタンを押すと、全文が日本語で表示されます。

Both Parkinson’s and Huntington’s diseases are movement disorders
associated with neurodegeneration and neuronal damage in some areas of the brain.
Promising results have been seen with the use of cannabinoids to treat symptoms associated with Parkinson’s disease,
including tremors, rigidity, and cognitive symptoms such as depression and anxiety.
CBD can protect neurons and may even play a role in preventing the progression of these diseases.
ECS also appears to be involved in Tourette’s syndrome, a neurological disorder
with involuntary repetitive movements and verbal tics,
and cannabinoids appear to be able to alleviate these symptoms.
Many Parkinson’s patients report a significant reduction in symptom severity
with the daily addition of CBD oil to their treatment plan.

 

自閉症やADD/ ADHD

Autism and ADD/ ADHD

自閉症のお子さんは、攻撃性、多動性障害、不安神経症など、管理が難しい症状を経験することがよくあります。
最も経験豊富で小児科医の1人であるボニーゴールドスタイン博士は、カリフォルニアの彼女の医療センターで、
重度の自閉症とADD / ADHD(注意欠陥障害/注意欠陥多動性障害)の子供を治療するためにカンナビノイドを使用しており、
長年にわたって優れた結果をもたらしています。

医療大麻と大麻研究の使用が世界のどこよりも進んでいるイスラエルでは、
自閉症とADHDの症状の治療におけるCBDの使用を支持する研究が複数あります。 (1234)
※GoogleChromeの検索窓の右にある翻訳ボタンを押すと、全文が日本語で表示されます。

Children with obstructive disorders often experience symptoms that are difficult to manage,
such as aggression, hyperactivity disorder, and anxiety.
One of the most experienced pediatricians, Dr. Bonnie Goldstein, at her medical center in California uses cannabinoids
to treat children with severe autism and ADD/ADHD (attention deficit disorder/attention deficit hyperactivity disorder)
and has produced excellent results over the years.
In Israel, where the use of medical marijuana and cannabis research is more advanced than anywhere else in the world
There are several studies supporting the use of CBD in the treatment of autism and ADHD symptoms.

 

Cancer

 

癌患者に対して、カンナビノイドが痛み、吐き気と嘔吐、食欲不振、不安の付随する症状を和らげるのに役立つことがよくあります。

多くの人々は、睡眠、一般的な気分、生活の質を改善することにより、医療大麻が癌治療を成功させるのに役立つことを発見しています。

人間による治験の結果が出るまで、大麻が特定の種類の癌を治療できるかどうかはわかりませんが、
THCとCBDの両方が特定の種類の癌に対して抗癌特性を持っているということは、様々な研究によって分かっています。

前臨床研究は、CBDが特定のタイプの乳がんおよび胃がんで細胞死を誘発し、特定の肺がんで腫瘍サイズを縮小できることを示しています。
動物試験はまた、CBDが神経膠腫と呼ばれる特定のタイプの脳腫瘍に対して抗腫瘍効果があることを示しています。 (123456)
※GoogleChromeの検索窓の右にある翻訳ボタンを押すと、全文が日本語で表示されます。

For cancer patients, cannabinoids often help relieve the accompanying symptoms of pain, nausea and vomiting, loss of appetite, and anxiety.
Many people have found that medical marijuana can help them successfully treat cancer by improving sleep, general mood, and quality of life.
Until the results of human trials are available, we won’t know if cannabis can treat certain types of cancer.
Various studies have shown that both THC and CBD have anticancer properties against certain types of cancer.
Preclinical studies have shown that CBD can induce cell death in certain types of breast and stomach cancers and reduce tumor size in certain lung cancers.
Animal studies have also shown that CBD has anti-tumor effects against a specific type of brain tumor called glioma.

 

皮膚

Skin

皮膚にはCB1受容体とCB2受容体が豊富にあり、 ECSは細胞増殖と創傷治癒の両方に関与しているようです。
乾癬、にきび、アレルギー性接触皮膚炎など、最も一般的な皮膚の状態の多くは、皮膚の炎症を特徴としています。

CBDは、にきびのある人の炎症と皮脂分泌を減らし、接触性皮膚炎に関連する炎症を減らし、
皮膚がん患者の腫瘍細胞の成長を阻害することが示されています。 (1234)
※GoogleChromeの検索窓の右にある翻訳ボタンを押すと、全文が日本語で表示されます。

The skin is rich in CB1 and CB2 receptors, and the ECS appears to be involved in both cell proliferation and wound healing.
Many of the most common skin conditions, such as psoriasis, acne, and allergic contact dermatitis, are characterized by skin inflammation.
CBD reduces inflammation and sebum secretion in people with acne, reduces inflammation associated with contact dermatitis, and
has been shown to inhibit tumor cell growth in skin cancer patients.

 

てんかん

Epilepsy

治療抵抗性てんかんは、てんかん症例の総数の約30%を占めています。
この種のてんかんに苦しむ子供たちは、通常、仲間よりもはるかに遅れてしまい、重度の知的障害を抱えており、死亡率が高くなっています。
1日に最大数百回の発作を起こしてしまうケースもあります。

いくつかのゴールドスタンダードのRCTは、CBDがドラベ症候群とレノックスガストー症候群の子供たちの発作を減らし、
発作の頻度をほぼ50パーセント減らすのに役立つことを示しています。

多くの臨床医は、CBDを使用したときにほとんど発作がなくなった、またはCBD:THC比が高い患者を報告しています。

エピジオレックスという名前のCBDのてんかん治療薬が、
アメリカのFDA(連邦医薬品局)と英国のNHS(国民保健サービス)の両方によって承認されています。 (123)
※GoogleChromeの検索窓の右にある翻訳ボタンを押すと、全文が日本語で表示されます。

Treatment-resistant epilepsy accounts for about 30% of all epilepsy cases.
Children suffering from this type of epilepsy usually fall far behind their peers,
have severe mental retardation, and have a high mortality rate.
In some cases, they may have up to several hundred seizures per day.
Several gold-standard RCTs have shown that CBD reduces seizures in children
with Dravet syndrome and Lennox-Gastaut syndrome, and help reduce the frequency of seizures by almost 50 percent.
Many clinicians report patients with almost no seizures or high CBD:THC ratios when using CBD.
A CBD epilepsy treatment named Epidiolex has been approved by both the FDA (Federal Drug Administration)
in the United States and the NHS (National Health Service) in the United Kingdom.

 

CBDの効果

The Effectiveness of CBD

 

眠りが浅い、すぐ目が覚める、眠りの質を上げたい人はこちら

うつの傾向がで始めている、うつの薬を飲んでいる、不安で眠れない人はこちら

慢性の痛みがある、ひざの痛み、腰痛、関節炎がある人はこちら

大事な家族であるペットの薬の副作用に悩んでいる方はこちら

 

購入はこちらから!

 

SNSでシェア
ピラティス・ヨガを体験する
//サムネイルを取得 //ここから構造化データの記述