ヨガとピラティスどっちがダイエットに向いている?〜効果の違いや選び方

ヨガとピラティス、どちらともダイエット効果のある有酸素運動として注目されています。ですが、この2つはダイエットに適しているという共通点はあるものの、目的や鍛えられる部分などは異なります。今回は両者の特徴や違いについてご紹介します。

ヨガとピラティスの特徴を比較

ヨガの特徴
ヨガの起源は約4500年前のインドにおいて生まれた仏教の修行方法。有酸素運動のエクササイズではなく、心の安らぎを目的としたものとして始まりました。ヨガで行われているポーズは精神統一を目的としたものであり、それがリラクゼーション効果を発揮することから、近年ではメンタルヘルスやビジネスの分野でも注目されるようになっています。ヨガにおいて重視されているのは腹式呼吸です。お腹を膨らませながら息を吸い、へこませるようにしてゆっくりと息を吐いていきます。こうすることで副交感神経に働きかけ、リラックス効果を得られるようになります。

ピラティスの特徴
ピラティスは、第一次世界大戦中にドイツ人の従軍看護師ジョセフ・ピラティスによって編み出されたエクササイズです。戦争によって負傷した人のリハビリを目的としたもので、寝ながらでもできるのが特徴です。その後は筋力の強化や身体の歪みの矯正などに効果があることから、アスリートやダンサーをはじめ、多くの人に注目されるようになりました。ピラティスで重視されているのは胸式呼吸です。鼻で息を吸っていき、肋骨を前面や背面に伸ばしながら深呼吸します。そしたらゆっくりと吸った息をすべて吐き切ります。胸式呼吸は交感神経に作用し、身体を活発化させてくれます。

ヨガで得られるダイエット効果

ヨガは本来リラックス効果を目的としたエクササイズですが、ダイエット効果も得ることができます。ヨガを継続することで得られる効果は次の通りです。

基礎代謝のアップ
ダイエットにおいては身体のエネルギーを消費すべく、基礎代謝量を上げる必要があります。基礎代謝のアップには有酸素運動が役に立ちます。ヨガは深い呼吸を行いつつポーズをとることによって、有酸素運動を行います。ポージングを行うことで身体全体をバランスよく鍛え、基礎代謝を上げることができます。

暴飲暴食を防ぐことができる
日常生活の中で食べ過ぎ、飲み過ぎをしてしまうことはありませんか?暴飲暴食の原因はストレスから来ています。ストレス解消しようと、ついつい炭水化物やお酒などに手を出してしまうことがよくあります。ヨガではゆっくりとポーズをとることで心と身体を落ち着かせてくれます。心身を落ち着けることで暴飲暴食を防いでくれます。またヨガには自律神経を整える役割もあります。自律神経の乱れを直すことでストレスを和らげることができます。

ピラティスで得られるダイエット効果

ピラティスは筋力トレーニングの一環として行われているエクササイズであり、ダイエットに嬉しい効果があります。

脂肪が燃えやすい身体にする
ピラティスの効果の一つとして、基礎代謝を上げ、脂肪を燃えやすい身体にするということが挙げられます。激しい運動こそ行わないものの、ポージングによって筋肉を適度に刺激し、筋肉の発達を促してくれます。毎日のちょっとした時間に筋肉の発達のサイクルを切り返すことで、基礎代謝量を大幅に上げることも可能です。

インナーマッスルが鍛えられる
ピラティスは内側にある筋肉、インナーマッスルに働きかける作用もあります。ここを動かすことによって胸や背中、臀部、太ももなどあらゆる部分を鍛えることができます。ピラティスを行うことで、単にやせるだけではなく、美しいボディラインまで手に入れることが可能です。筋肉量を増やすことで体重自体はそこまで減っていなくても、脂肪の少なく、無駄のない身体をつくることができるのです。

ヨガとピラティスどちらがダイエットにおすすめ?

基礎代謝量のアップや柔軟性の向上など、ヨガとピラティスには共通しているところが多いです。そのためどちらを選べばいいか迷うかもしれません。基礎代謝を上げつつ、心と身体をリフレッシュさせたい場合はヨガがおすすめ。一方でリフレッシュ効果を得ながらも、しっかり身体づくりがしたい場合はピラティスがおすすめです。どちらとも有酸素運動なので、毎日少しの時間で継続していけば着実にダイエット効果を実感していけるようになります。

継続していくためには

そうは言っても、自分で続けていくモチベーションを上げられないこともあるかと思います。そんなときはスクールに通うことをおすすめします。講師がついているので、モチベーションを上手く保つことができます。また講師からちゃんとしたエクササイズのアドバイスがもらえるので、ダイエット効果をより確実に得ることができます。もしヨガ・ピラティスを続けていけるか不安でしたら、スクールに通うことを検討してみるといいでしょう。

 

ピラティス体験予約ヨガ体験予約
SNSでシェア
ピラティスの体験レッスン ヨガの体験レッスン