【保存版】ヨガにはどんな効果があるの?

呼吸とポーズを組み合わせるヨガは、心身をリラックスさせ、不調を整える効果があると言われています


ヨガは、深い呼吸と全身を使ってポーズをとる身体技法です。体の奥のインナーマッスルを鍛えるので、歪んだ背骨や骨盤などの骨格が筋肉にしっかり支えられるようになります。
それにより身体の歪みを改善し、姿勢を正す効果が期待できます。さらに、筋肉を柔らかくしたり、伸ばしたりして柔軟性を養うこともできると言われているのです。
また、ヨガの腹式呼吸と心を無にして雑念を払う瞑想を取り入れることで、自律神経のバランスが整います。
自律神経バランスが乱れると心身に不調が生じますが、ヨガによりリラックス状態になれば不調が緩和されストレス解消にも役立つでしょう。ゆっくりとした動作なので運動に自信がない方でも無理なく行えるといったメリットもあります。

ヨガには自律神経を整える効果が期待できます

自律神経が乱れると心身に不調が現れます。ヨガは自律神経バランスを整え、心身の不調をやわらげる効果があると言われています。

腹式呼吸がポイント

ヨガで基本となる腹式呼吸を行うと、大量の酸素が取り込まれるので副交感神経が優位になります。それによって自律神経がコントロールする血液の流れもスムーズになるのです。
普段ストレスなどで交感神経が優位になりすぎた状態から、緊張がほぐれ心身がリラックス状態に入ります。交感神経と副交感神経が交互に活発化することで、自律神経バランスが整うとされています。
更に幸せを感じる脳内の神経伝達物質セロトニンの分泌量も増えます。セロトニンの作用により感情のコントロールが利き、集中力が高まるでしょう。

瞑想も取り入れよう

瞑想はヨガには欠かせない要素の一つです。心を無にして雑念を取り払う行いで、心身の不調を緩和してくれます。自分自身の心と向き合うことで怒りや不安など負の気持ちを静め、心を落ち着かせてくれる効果があるとされています。
脳へも大量の酸素が送られることで活性化するので直感力が冴えわたり、記憶力アップにもつながるでしょう。

呼吸法だけでも試してみよう

全身を使ってポーズをとるヨガを行わなくても、腹式呼吸法を隙間時間に試してみることが大事です。それだけでもストレスが発散され、安眠効果が得られやすいのでおすすめです。

身体のバランスを整え、太りにくい身体作りが目指せます


ヨガを行うことで全身の筋肉が強化され、柔軟性も増すことから身体のバランスが整います。さらに、女性には特に嬉しい痩せやすく太りにくい、代謝の良い身体体作りにもつながると考えられています。

筋肉量のアップ

ヨガでは全身を使って様々なポーズをとります。その結果、全身の筋肉が均等に鍛えられることで筋肉量が増えます。筋肉が使われると基礎代謝もアップするので脂肪が燃えやすい状態になり、ダイエット効果が望めます。
ダイエットには有酸素運動が良いですが、ヨガは軽い有酸素運動と同程度の運動量でも筋力アップと脂肪燃焼作用があるので、より高いシェイプアップ効果をもたらすと考えられているのです。

柔軟性が高まる

ヨガは全身の筋肉、普段あまり使わない筋肉までしっかり伸縮させて、柔らかくします。そのため、身体の柔軟性が高まり腰痛や肩こりなどの不調改善にも効果的だとされています。
ピラティスとヨガは似ていますが、体幹を主に鍛えるピラティスと、身体の柔軟性やメンタルの安定をもたらすヨガとは全く異なるので注意しましょう。

血流が促される

腹式呼吸で大量の酸素が身体に取り込まれることで、血液の流れがスムーズになります。血流により熱が生成されるため、手足の先や内臓が温められるので冷えやコリなどの女性に多い慢性的な身体の悩み解消にも効果的です。
また、消化器官の働きが良くなるため便秘改善にも良いとされています。

ヨガで大事なことは「呼吸法」と「継続」です

ヨガでは基本の呼吸法である腹式呼吸に重きを置いています。またヨガの習得には時間がかかるため生活の中で習慣化させることも大事です。

腹式呼吸とは

ヨガの基本となる腹式呼吸は普段の呼吸と異なります。鼻から息を吸ってお腹をいっぱいにまで膨らませ、鼻から息を吐き切ってお腹を凹ませます。
その際に横隔膜を上下に動かすことを意識するのがポイントです。慣れないうちはうまくできない人も多いでしょうが、繰り返し練習をすることで次第にマスターできます。
始めは床に仰向けに寝て、お腹や横隔膜の動きに注意しながらやってみましょう。腹式呼吸により多くの酸素が体内に取り込まれることで、自律神経の一つである副交感神経が活発化して心身がリラックスした状態になるのです。

血流の促進

腹式呼吸で横隔膜の上下運動がポンプのような働きをするため、血液の流れがスムーズになります。酸素をたっぷり含んだ血液が全身を巡ります。
そして、各細胞へと行き渡ることで細胞活動が活発化するのです。また、全身を巡った血液はスムーズに心臓へと帰り、再び新しい血液が全身へ送られます。
その結果、常に身体中に新鮮な血液が届けられ、汚れた血液は戻されて浄化されるという身体にとって良い血液の流れが繰り返されることになるのです。

デトックス効果

細胞活動や内臓の働きにより、不要な物質は老廃物として出ます。老廃物が溜まると、肌荒れや便秘などの不調に悩まされるかもしれません。しかし、ヨガの腹式呼吸により、血流と共にリンパの流れもスムーズになるのです。
リンパは身体の細胞などから排出される不要物を回収し、体外へと排出してくれる働きを担っています。リンパがスムーズに流れることで老廃物がすぐに回収されるため、体内に蓄積しないのでデトックス効果が期待できるでしょう。
また、腹式呼吸により横隔膜が圧迫されるので腸や筋肉がほどよくほぐされます。すると内臓機能が高まり、老廃物が排出されやすい環境が整うので便秘改善にも効果的だとされています。

消化機能の向上

腹式呼吸ではお腹を膨らませ、凹ます動きを行う時に横隔膜が大きく上下に動きます。それにより、横隔膜周辺の内臓が刺激を受けます。
内臓が刺激を受けると機能が高まり消化がスムーズに行われるようになり、便秘や下痢、胃の不快感などが和らぎ、消化器系トラブルの解消にもつながるとされています。

ヨガを継続することが大事

ヨガをスタートさせたからと言っても、即効性は期待できません。筋トレなどの無酸素運動は筋肉が傷つけられることで筋肉痛が起こり、修復の段階で増強されるので比較的効果は早くにでやすいと言えます。
しかし、ヨガは筋トレとは違い効果を実感するまでにある程度の時間を要します。大体始めてから効果を感じるまでに2~3ヶ月かかるという人が多いのが特徴的です。
ヨガの効果を実感するためには、日常生活にヨガを取り入れて習慣にし、継続していくことが大事なのです。

(まとめ)ヨガにはどんな効果があるの?

呼吸とポーズを組み合わせるヨガは、心身をリラックスさせ、不調を整える効果があると言われています

ヨガは心身の不調を改善してくれると言われています。自律神経が乱れると心身に不調が出やすくなりますが、ヨガは自律神経バランスを整える効果があるとされているのです。
ヨガの腹式呼吸により副交感神経が優位になり、心身がリラックス状態に入ります。すると疲労やストレス緩和にもつながります。
更に、ヨガで様々なポーズをとることで全身の筋肉、特にインナーマッスルが強化されて筋肉量が増えます。筋肉量増加により、基礎代謝が上がります。
脂肪を燃やすことでより多くの筋肉を動かすエネルギーが作られるようになるため、脂肪燃焼効果やダイエット効果につながるのです。また、全身の筋肉をくまなく収縮させることで、筋肉や関節の動きが滑らかになります。
関節や筋肉に柔軟性が備わることで、血流アップやデトックスにも効果的です。そしてヨガの基本呼吸である腹式呼吸のやり方をマスターし、隙間時間に行うだけでもストレス解消、安眠などの効果が期待できます。
ヨガは即効性がないので、すぐに効果を得ることは難しいでしょう。ヨガのもたらす様々な効果を実感するには3ヶ月以上は継続させることが大事です。

初心者の方は、インストラクターから直接正しいポーズや呼吸法を学ぶことがおすすめです。zen placeは少人数制のグループレッスンで、インストラクターが細かく指導するので初めてでも安心。
入会前の体験レッスンで、スタジオやクラスの雰囲気を体感し、受講の際の不安も解消できます。多彩なクラスとメニューだから飽きずに続けられる、継続しやすいzen placeでヨガの効果を実感してみてください。

500円体験レッスン
ピラティス体験予約ヨガ体験予約
ピラティスの体験レッスン ヨガの体験レッスン