ピラティスによるダイエット効果が得られる期間は?

ピラティスでダイエット効果を得るためには最低でも3ヶ月の期間が掛かります


ダイエット効果を求めてピラティスを行うのであれば、最低でも3ヶ月の期間が必要と言われています。
ピラティスはそもそもダイエットを目的として考案されたものではありません。
第一次世界大戦時に負傷したドイツ兵のリハビリのために考案されたため、減量効果に即効性を求めるのは間違っています。
しかし、続けることで体質を改善することができ、それによって副次的にダイエット効果が得られると言われているのです。
今すぐダイエットをしたい人にとってはもどかしいかもしれませんが、体質を変えることができるため、健康面でも良い効果が期待できるうえ、リバウンドもしにくいといわれています。

20回のピラティスで見た目が変化すると言われています

ピラティスは、ドイツ人のジョセフ・ピラティス氏が考案しました。
ピラティス氏によると、ピラティスは10回で違いを感じ、20回で見た目が変わり、30回で体のすべてが変わると言われています。
そのため、ピラティスで効果を実感するためには少なくとも10回行う必要があります。
たった10回で効果が得られるなんて魅力的!と思うかもしれませんが、ピラティスは毎日行うものではありません。
より効果を上げるための頻度は、初心者であれば週に1回から2回、ポーズを覚えたら週に3回から4回が望ましいとされています。
そのため、たった10回ですが週に1回行うのであれば約3ヶ月間掛かることになります。
これが、ピラティスで効果が得られるまでには3ヶ月掛かると言われている理由です。
このように少ない頻度で行う理由は、筋肉の疲労をしっかりと回復させるためです。
ピラティスは激しい動きはしないものの、インナーマッスルを鍛えるため意外と筋肉に疲れが溜まります。
この筋肉に溜まった疲労を回復させることが、筋肉の強化のためには欠かせません。

ただ単に回数をこなしても理想とする効果は得られません


ピラティスは10回、20回、30回と回数を重ねるごとに体に変化が現れます。
30回終わる頃には7ヶ月から8ヶ月が経過しており、その頃には体質の変化を実感できるようになります。
ピラティスでは代謝を上げる効果が期待できることから、痩せやすく太りにくい体を手に入れることができると言われています。
しかし、ただ単に回数だけこなしてもピラティス本来の効果は得られません。
いくら3ヶ月続けても、正しい方法でなければほとんど意味がないのです。
そのため、せっかくピラティスを始めるのであれば基本をしっかりと身に付ける必要があります。
ピラティスを行ううえで、期間と効果はイコールではないことをしっかりと頭に入れておきましょう。
例えば正しい方法を身に付けずに毎日ピラティスを行うよりも、週にたった1回でも正しい方法でピラティスを行った方が高い効果が期待できます。
このようなことから、ピラティスは1回1回集中して行うことが効果に繋がると言えるでしょう。

長く続けるためのポイントは無理をしないことです

ピラティスは長い期間継続して行うことでダイエット効果が期待できますが、高いモチベーションを維持することは簡単なことではありません。
目に見えて効果が実感できればやる気が出ますが、ピラティスの場合はそうではありません。
体の内側から変化していくため見た目にはあまり効果が現れず、本当に効いているの?と不安に思ってしまいます。
このようにモチベーションが下がると、ダイエットに挫折してしまいがちです。
ピラティスを長く続けるためには、無理のないペースを見つけることが重要です。
無理をしてしまうとピラティスが億劫に感じてしまうため、たまにの息抜きくらいで考えた方が続けやすいかと思います。
ダイエット効果が現れないと焦ってしまいがちですが、体質改善を目的としていればそれほど焦ることもありません。
前述したように、ピラティスで効果を得るためには集中することが大切です。
そのため、集中できる時間だけ行えばそれで十分です。
このように自分が続けやすいペースを見つければ、モチベーションも高い状態で維持しやすくなるでしょう。

(まとめ)ピラティスによるダイエット効果が得られる期間は?

1.ピラティスでダイエット効果を得るためには最低でも3ヶ月の期間が掛かります

ピラティスはダイエット目的ではなく、リハビリ目的で考案されたエクササイズです。
そのため、ダイエット効果を得るにはある程度の期間が必要になります。
効果を実感し始めるのは約3ヶ月後と言われています。

2.20回のピラティスで見た目が変化すると言われています

初心者の場合、週に1回から2回のペースでピラティスを行います。
これを10回行うことで体に変化を感じ、20回で見た目に変化を感じます。
体質を改善するには30回のピラティスを行うことが重要です。

3.ただ単に回数をこなしても理想とする効果は得られません

ピラティスは回数や期間よりも1回1回を集中して行うことが重要なポイントです。
せっかくピラティスを続けるのであれば、より高い効果を得たいですよね。
集中して行えば、痩せやすく太りにくい体がゲットできると言われています。

4.長く続けるためのポイントは無理をしないことです

ピラティスを長く続けるうえで、モチベーションを高い状態で維持する必要があります。
そのためには、自分が続けやすいペースを見つけましょう。
無理にやるのではなく、趣味のひとつとして取り組めれば理想的です。

「ダイエットに挑戦したけれど、すぐに挫折してしまった」
このような経験はないでしょうか?
つらい筋トレを我慢して目標を達成したけど、結果リバウンドしてしまう。
このようなことが起きてしまうのは、ダイエットを頑張ることとして捉えていることが原因だからです。
実は、痩せるために必要なのは、「健康によい習慣を続ける」この一点につきます。
心身ともに「健康によい習慣を続ける」には、無意識からくるストレスを改善することが重要になります。
その解決方法として、Google社でも実践している「マインドフルネス」という心理療法があり、
近年、行動医学や臨床心理学の分野で広く注目されるようになり、様々な介入法の中でも活用されています。
この「マインドフルネス」は、自然で美しい身体を作り上げることにも効果的であり、1日40分のマインドフルネスを4ヶ月続けたら体脂肪率が減少したというデータもあります。
ただ、日々の生活の中で持続的に行うのは難しいものです。
basiピラティスでは、この手法を取り入れ、自然に続けられるレッスンを用意しています。

500円体験レッスン
ピラティス体験予約ヨガ体験予約
ピラティスの体験レッスン ヨガの体験レッスン