ストレッチで好転反応が出ることはあるの?

好転反応は、ストレッチでも出ることがあるとされています

普段運動しない人がストレッチを行うと、体が正常な状態に戻ろうとして逆に体調不良となる好転反応が起こることがあるとされています。老廃物などを排出するデトックス作用が体内で起きているのであり、体をよい状態へと誘うサインとも言われています。
倦怠感・眠気・発熱・下痢・筋肉痛などの症状が出ることもあります。好転反応は一時的なものであり、2・3日すると自然に収まってくるので問題ないと考えられています。

好転反応は、体が正常な状態を戻ろうとして一時的に状態が悪くなることです

今まで運動不足な人がストレッチを行うと、思いがけず体が不調になることがあります。それは、実は体の好転反応と関係しているのです。
好転反応というのは、体が元の正常な状態を取り戻すために受けた刺激に対し、過敏に反応して一時的ですが悪い状態になることを言います。東洋医学的な考えで、調整反応とも呼ばれています。
体は不健康な状態が続くと、それに慣れてしまい細胞の反応も鈍ってしまいます。しかし刺激により急激に細胞が活性化されたため、不調に感じる症状が現れてくると考えられています。
好転反応が出ると、体に悪いのではと思われがちですが、それは体が正常に戻りつつある、回復力が高まっているというサインともいえるのです。血液が循環不足に陥っている部分の筋肉や血管には、老廃物や毒素などが溜まっています。
ストレッチにより、筋肉を伸ばして刺激を加えることで血流が良くなるので、蓄積していた老廃物が一気に排出へと動き、浄化作用が起こります。そのため老廃物などを含んだ血液が全身を巡るため、一時体調不良が起こるというわけです。

頻尿や倦怠感、筋肉の痛みや腫れなどが好転反応の主な症状だとされています

ストレッチより好転反応が起こると、どのような症状が起こりうるのでしょうか。まず血液のデトックス作用が促されるため、アンモニアなどの毒素を含む尿の排出回数が増えたり、尿の色が濃くなったりすることがあります。
また消化器官も刺激を受けて腸内の悪玉菌を出そうとして、お腹を下すこともあります。さらに倦怠感や眠気などを覚えたり、めまいや疲労を感じたりするなどの全身症状が出やすくなります。
そして筋肉の痛みや腫れにより、肩こり・腰痛・頭痛などがストレッチを行う前に比べて酷くなってしまうケースもあります。ほかにも血流が良くなることで代謝が上がり、熱が一気に生成されて発熱や動悸などが起こることもあります。
体から老廃物が排出されることによって、こういった症状は収まってきます。どの位の期間で元に戻るか、好転反応の程度には個人差があります。
老廃物が多く溜まっている場合は好転反応が強く出るほか、数日間かかることもありますが、一般的に2、3日位で収まると言われています。

好転反応が出ている時は、水分補給を行い食べ過ぎなどに注意しましょう

普段慣れていない人が、急にストレッチを行って体調不良になっても好転反応の可能性が高いでしょう。しばらくはすると収まるのであまり心配しなくても大丈夫です。
好転反応が見られたら、尿から老廃物が排出されやすくするように水分補給をこまめに行うようにしましょう。ジュースやコーヒーだと糖分フェインなどが含んでいるので、あまりよいとは言えないため、お水を飲みましょう。
またせっかく体で浄化作用が進んでいるため食事で添加物や油分などを多く摂取すると、効果が半減する場合があります。さらに消化が悪くなり下痢などが酷くなってしまう可能性もあります。
野菜や魚などヘルシーな和食を中心とした食事を摂りましょう。そして食べ過ぎや飲みすぎにも注意し、腹八分目位で抑えておくと消化不良が和らぎます。
好転反応により体が浄化されると、細胞が活性化して自然治癒力も高まってきて、悪いところを修復し、腰痛なども次第に緩和されてきます。その結果として免疫力がアップして病気にかかりにくい健康な体へと近づいていきます。
好転反応が強く出ている時は、ムリをしないでしばらくはストレッチを休止したほうがよいでしょう。

(まとめ)ストレッチで好転反応が出ることはあるの?

1.好転反応は、ストレッチでも出ることがあるとされています

好転反応は、ストレッチにより刺激をうけて体が健康な状態へ戻ろうと浄化作用が始まることで、一時的に体調が悪くなる状態を示します。
倦怠感や眠気などの症状が出ますが、2・3日経って浄化が終わることによって収まってきます。

2.好転反応は、体が正常な状態を戻ろうとして一時的に状態が悪くなることです

運動不足で筋肉が凝り固まった状態でストレッチを行うと、思いがけず体調不良となる好転反応が起こることもあるとされています。
好転反応が出ると調子が悪くなりますが、これは体がよい状態へ向かうサインだと考えられています。

3.頻尿や倦怠感、筋肉の痛みや腫れなどが好転反応の主な症状だとされています

頻尿や尿の色が濃くなる、下痢や倦怠感、眠気などが好転反応の主な症状だとされています。好転反応は一時的なものであり、体が元の状態に戻ることによって収まってきます。
大体2、3日で収まるのが一般的です。

4.好転反応が出ている時は、水分補給を行い食べ過ぎなどに注意しましょう

好転反応が出ていると尿とともに毒素が出るため、水分不足気味になるのでこまめに水分補給することが大事です。
またせっかく浄化が進んでいるため食事にも気を遣い、食べ過ぎにも気を付けたほうがよいでしょう。

キャンペーン実施中!
今ならグループレッスンの
体験1回500円(税込)!
さらに体験当時入会で
入会金無料!
SNSでシェア
ピラティスの体験レッスン ヨガの体験レッスン