マインドフルネスと「きく」

pilates
今回はマインドフルネスと「きく」というテーマで話を進めていきたいと思います。
日本語で「きく」というと利き酒、鼻が利くといったような耳で聞く聴覚以外の感覚まで含まれることもありますが、今回のテーマでは純粋に聴覚で聞くことをテーマに進めてみたいと思います。
実は今年1月に行われた早稲田大学教授の熊野宏明先生のワークショップできくということをマインドフルネスのワークの中でとり入れていらっしゃっていました。
実は私は大学生時代からジャズドラムを演奏しています。腕前はアマチュアレベルですが、今も私はある人達にとってはジャズドラマーという側面も持っています。
ワークショップでの体験と20年前程から演奏し続けている私自身のジャズを演奏するということを通して気づいたことがありましたのでで、今回は皆様にお伝えできればと思います。

ワークショップでのきく練習

今年一月に行われた東京マインドフルネスセンターの熊野宏明のワークショップでは五種類の音を聞くワークを行いました。
その音の中には電車が走る音、虫の音、波の音、ピアノの音、時計の針の音と五種類の音が含まれていました。始めは一種類の音に注意をむける注意を一点に集める練習をしました。次に一種類の注意を別のものに向ける練習をおこない、最後は全体である五種類の音すべて聞く練習をおこないました。
始めは一点集中をしていくトレーニング、そして全体を聞き取るトレーニングへと展開していくことを行いました。このワークを体験させていただいた時とても音楽の演奏と似ていると感じました。
mimi

楽器の練習と集中

私はジャズドラムを大学生になってから始めました。ドラムという楽器は基本的には四本の手足を使い、いろいろなリズムを刻みテンポをキープする役割を果たす楽器です。
私が楽器演奏の始めたころは、リズムを安定して維持することが難しかったり、音のバランスが悪かったりしました。また、身体の方も力が入ってしまい力みうまく楽器をコントロールすることができませんでした。楽器の練習は自分自身の音を的確に表現できるようにすることから始まります。初心者のころは自分自身の音ばかりに注意を集中して反復練習をひたすら続けます。他の人達と音を合わせるセッションをしても周りには気を配る余裕などなく自分の楽器のことばかりに注意をむけてしまうものです。
しかし、だんだんと楽器のコントロールができるようになると周りの世界が少しずつ広がっていってきます。これはメディテーションのトレーニングにおける注意の集中すること、そして、その集中を全体へ気を配るというマインドフルネス瞑想法に近いように感じています。
3023102471_48da6eb767_o

ジャズという音楽

ジャズという音楽は即興性を重要にする音楽です。ジャズは基本的には曲の始めにテーマといわれる曲のモチーフを演奏します。そして、そのモチーフのコードの進行に則って即興演奏(今瞬間を感じた音)を表現し展開していく音楽です。
例えばサックス、ピアノ、ドラム、ベースでセッションする場合は、始めテーマを演奏したらサックスがソロをとり即興演奏、次にピアノ、ベース、最後にドラム以外の楽器とドラムソロの掛け合いのバースといわれる即興演奏を行います。終わりのテーマへと曲が進行してエンディングとなります。
ジャズという音楽はこのように今の瞬間を大切にする音楽です。同じ曲を演奏しても毎回違った展開になり常にその音楽は瞬間瞬間に変化していきます。ソリストの音やそれ以外の演奏者に常に気づきを向けつつ自分自身の音も捉えられている状況を創りだすと初めて良い演奏ができます。そして、自分自身も自分の演奏を楽しみ周りの演奏者を尊敬し音を聞き調和するように演奏するとよいセッションができたことをよく覚えています。逆に自分が自分がといった我の強い演奏ばかりしているとその気持ちは音にも反映されて、自分は良くても仲間との演奏も楽しいものにはなりません。
さて、私はプロのジャズ奏者ではありませんが楽器を演奏する上で、経験上以下のようなポイントがあると感じています。
楽器の演奏する上でのポイント
・楽器の基本的なコントロール
・自分をきき、周りをきく
・全体へ気配り
・調和をはかり、展開し即興を楽しむ
・余裕をもつ
このポイントはマインドフルネスを行う上でも大切なことだと思います。
ジャズに興味のある方は自分で演奏してみたり、ジャズバーやジャズ喫茶に足を運んでみてください。
jazz

きくということ

マインドフルネスの瞑想トレーニングでも音を聞く練習は大切な要素の一つと捉えられています。マインドフルネスストレス逓減法(MBSR, Mindfulness Based Stress Reduction)でもありのままに音を聞くということがメディテーショントレーニングにも含まれています。
音を聞くということは面白いものです。先日、子供がガラス爪をあてキッーという私が不快に感じる音を出していました。ただの音であるのに私の身体は緊張し不快な感情がでてきました。以前なら子供に止めさせるか耳を塞いでいましたが、その時は自分自身の状態をよく観察してみました。その不快な音は聞くと身体がムズムズと反応して耳を塞いでやり過ごしたい衝動がでてきたのを感じました。音も注意を向けてみると、楽しい音、うれしい音、感動する音、不快な音、どちらでもない音、いろいろな音があることに気づきます。
是非、いろいろな音をよくきいてみてください。
今回はこの辺りで失礼します。
お読みいただきありがとうございました。
googleやゴールドマン・サックスなどの一流企業が続々導入し、アメリカでは一般市民レベルで大きな飛躍を見せている「マインドフルネス」。
一過性のブームではなく、現代人老若男女問わず必要とされるものとして認知されています。
科学的にもその効果が証明されており、ますます今後広がっていくと考えられます。
BASIピラティスはマインドフルムーブメントにフォーカスしたクラスを行うピラティス専門スタジオです。
BASIピラティス HP:basipilates.jp

<ライター>

長谷川 洋介uid000001_2014011323060468f6bfd0
医療法人和楽会 ヨーガ講師。東京マインドフルネスセンターにて指導。
法政大学卒業。2006年ヨーガを始める。
「マインドフルネスは今を大切に生ききることです。そして、マインドフルネスは生活の中で実践していくことがとても重要です。センターではヨーガやメディテーション等を通じ今に意識を向け、いろいろな気づきを得る練習をします。マインドフルネスを皆さんと一緒に実践し心と体を調えていきましょう。」
(社)ヨーガ療法学会 ヨーガ講師養成講座修了
東洋鍼灸専門学校卒業
鍼灸師(国家資格)
あんまマッサージ指圧師(国家資格)
ジョン・カバットジン博士「MBSRワークショップ」修了
介護予防運動指導員

キャンペーン実施中!
今ならグループレッスンの
体験1回500円(税込)!
さらに体験当時入会で
月会費2ヶ月無料!
SNSでシェア
ピラティスの体験レッスン ヨガの体験レッスン