有酸素運動はストレス解消に効果的なの?

有酸素運動はストレス解消に効果的なの?

有酸素運動はストレス解消に効果的だとされています

有酸素運動はストレス解消に効果的だとされています
有酸素運動により適度に体を動かすことで筋肉の緊張がほぐれ、血液の流れがスムーズになります。副交感神経が優位になって心身がリラックスし、ストレスが緩和されます。
また脳内のセロトニン分泌量が増えて、心に安らぎが生まれます。有酸素運動を続けると体力がついて同じ運動をしても体の疲労度は軽くなり、ストレスに対する抵抗力がついてくるのです。
更に、運動のパフォーマンスが上がり、充足感が出てきて運動が楽しくなり、モチベーションも高まります。ジョギングや水泳などの有酸素運動はストレス軽減に良いとされています。
日常生活でも体を動かす工夫をしてみましょう。

有酸素運動は副交感神経を活発化し、セロトニン分泌を増やしてストレスを緩和させると言われています

副交感神経を優位にする

日常生活の中で人は様々なストレスを受けます。ストレスは心身のバランスを崩し、不調をもたらす原因でもあります。
心身がストレスで壊れないように、交感神経を活発化させ、常に戦闘態勢を維持しています。交感神経は、心臓などの内臓器官を上手く働かせるための調整を行う自律神経の一つです。
交感神経が優位だと心身は緊張状態にあります。逆に心身がリラックスすると副交感神経が優位になり、ストレスが緩和されます。
普段は、交感神経と副交感神経がバランスをとりながら、交互に活発化しています。しかし、ストレスが強すぎてバランスが崩れると、副交感神経が働かず、交感神経が優位になり続け、心身に不調が現れるのです。
適度に体を動かす、有酸素運動を行うことで、副交感神経が優位になりストレス緩和の効果があると考えられています。

セロトニンの分泌量が増える

有酸素運動で筋肉に適度な刺激が加わり、血流が促されます。脳へも大量の血液は流れ込み、活性化して記憶力や集中力、思考力などが高まるのです。
そして、セロトニンという神経伝達物質の分泌量が増えます。セロトニンは心に安らぎをもたらし、気持ちを落ち着かせてストレスを緩和する作用があると言われています。
脳内のセロトニンの分泌量が増えるのも、有酸素運動によるストレス解消の一要素だと考えられているのです。

ストレスへの耐性ができ、達成感などが生まれモチベーションが高まります

ストレスへの耐性ができ、達成感などが生まれモチベーションが高まります

ストレスへの耐性が強くなる

運動すると体を動かすことに意識が向くので、ストレスによる落ち込みや嫌な気分を一時的にでも忘れさせてくれます。日常生活とは違った刺激が加わることで、心地よい気分になります。
また、日々有酸素運動で定期的に体を動かすことで、筋力が強化され体力がつきます。そうなると、同じ運動をしても体が疲れにくくなり、きついと感じないようになるので心身にゆとりが生まれるでしょう。
同じストレスを受けても、心身のストレスに対する抵抗力、つまりストレス耐性が強くなるというメリットが生じやすくなるのです。

達成感が生まれ自信がもてる

有酸素運動を続けると、徐々にランニングのペースが速くなる、長い距離を走ることができるようになるなど運動パフォーマンスが向上してきます。筋力がついて心肺機能が高まり、体が慣れてくるからです。
以前よりもできるようになると達成感が生まれ、満足感が得られるようになります。自分に自信が持てるようになり、有酸素運動をするのが楽しくなってきます。
人は楽しいと感じることを行うと、嫌なことを忘れ熱中するようになり、ストレス緩和にもつながっていくと言えるでしょう。

ジョギングなどの有酸素運動を取り入れ、普段の生活でも極力体を動かすようにしましょう

ストレスに効果的な有酸素運動とは

有酸素運動は、軽めの負荷をかけてできる限り長い時間続ける運動です。酸素をしっかり取り込んで、呼吸を繰り返すことで心肺機能の向上が望め、体力増強にもつながります。
有酸素運動というと、ジョギングやエアロバイク、水泳やエアロビクスなどがあります。始めはゆっくりとしたスピードでも良いので、15分位続けられそうな運動を選んでやってみましょう。
体が慣れたら、きついと感じない程度に負荷を少し上げて運動時間も30分程度まで伸ばしてみてください。毎日続けなくても、週に2~4回位の頻度で十分運動の効果は現れると言われています。
無理をして毎日続けようとするとモチベーションは逆に下がってしまうことがあるので、できる範囲で継続させることが大事です。

普段の生活の中で体を動かす工夫をしよう

仕事などが忙しく、なかなか有酸素運動を行う時間が取れないという人もいるでしょう。そんな人は、日常生活の中で少しでも体を動かすように工夫することが大切です。
駅や社内ではエスカレーターなどを使わずに階段を昇り降りする、一駅分だけ歩くといったことでも構いません。自宅で小さな踏み台を準備して、昇り降りを繰り返す踏み昇降も隙間時間でやれるのでおすすめです。

ストレスを発散させるには、ヨガやピラティスなどもおすすめです

ストレスを発散させるには、ヨガやピラティスなどもおすすめです

ヨガやピラティスなども効果的

ヨガやピラティスなど、全身を動かす身体技法もジョギングなどの有酸素運動と同じような効果を得やすく、ストレス解消にも効果的だとされています。ヨガはしっかりと深い腹式呼吸を行いながら、全身の使って様々なポーズを取っていきます。
酸素を取り入れながら、体に適度な負荷がかかるので、心肺機能が高まり、脂肪燃焼効果も期待できると言われています。ピラティスは胸式呼吸を繰り返しながら、全身を動かし、深層部の筋肉であるインナーマッスルを鍛える方法です。
運動が苦手な人でも取り組みやすく、レッスンに通うことで正しいやり方が身につきやすいとも言われています。他にも、姿勢改善や内臓機能の向上といった、様々な効果を心身にもたらすとされています。

ストレスを溜め込むと心身に不調が生じる

ストレスが発散されずに、どんどん溜め込まれていくと心身がストレスに耐えきれなくなり、不調が出始めます。メンタル面では、イライラや募り、不安や心配になる、やる気がなくなり無気力になる、急に悲しくなり落ち込むなどネガティブな思考へと傾きます。
また、行動面では、暴飲暴食や拒食、飲酒や喫煙料が増える、引きこもり、人に対して攻撃的になるといた症状が見受けられます。身体面では、頭痛や肩こり、腹痛や疲労感、動悸や息切れ、不眠などの症状が現れることもあるでしょう。
こういった不調を招かないように、普段から有酸素運動を習慣化させましょう。

(まとめ)有酸素運動はストレス解消に効果的なの?

1.有酸素運動はストレス解消に効果的だとされています

有酸素運動には副交感神経を優位にし、脳内のセロトニン分泌を増やし、ストレスを緩和する作用があると言われています。ストレスへの耐性を強くするなどの効果も期待できます。

2.有酸素運動は副交感神経を活発化し、セロトニン分泌を増やしてストレスを緩和させると言われています

有酸素運動を行うと、筋肉の緊張がほぐれ副交感神経が優位になって体がリラックス状態になり、ストレス緩和にもつながります。更に、脳内のセロトニン分泌も増え、心の安らぎが生まれてストレスが癒されると言われています。

3.ストレスへの耐性ができ、達成感などが生まれモチベーションが高まります

日頃から有酸素運動を行うことで、体力や筋力がつき、体が疲れにくくなるのでストレスへの耐性も強くなります。更に、体が運動慣れしてくるとパフォーマンスも上がり、達成感が生まれ自分に自信が持てるようにもなります。

4.ジョギングなどの有酸素運動を取り入れ、普段の生活でも極力体を動かすようにしましょう

ストレス緩和に効果的なのは、ジョギングやエアロバイク、水泳などの有酸素運動を短時間でいいので、習慣化させることでだと言われています。更に、階段を使うなど普段の生活の中でも体を動かすように意識しましょう。

5.ストレスを発散させるには、ヨガやピラティスなどもおすすめです

ストレス解消には、ヨガやピラティスなどの深く呼吸を繰り返し、全身を動かす身体技法も効果的だとされています。ストレスが溜まると、メンタルや行動面、身体に様々な悪影響が出て不調を感じやすくなるのでストレスを発散させることが大事です。

500円体験レッスン
ピラティス体験予約ヨガ体験予約
ピラティスの体験レッスン ヨガの体験レッスン