ダンスをしている人にピラティスが効果的って本当?

ピラティスを始めるとダンスの動きにもうれしい効果があります


ピラティスはインナーマッスルを鍛え、体の軸を安定させるエクササイズです。
これはダンスの動作やフォームにも大切です。
ピラティスでは自分の筋肉や骨格に意識を集中ながらおこないます。
身体をコントロールし、骨格や関節を調整するにはピラティスのレッスンが効果的と言われいるのです。
自由自在に自分の身体をコントロールできればケガも減り、今までよりも表現の幅が広がるでしょう。
ピラティスによって持久力もつくうえ、腰痛や疲労改善にもピラティスは効果的なエクササイズであると言われています。

ピラティスでダンスに必要なインナーマッスルを鍛えることができます

ピラティスが目的としているのは強くしなやかな筋肉を作り、身体全体をコントロールすること。
そのためにはインナーマッスルの強化が欠かせません。
インナーマッスルとは体の中心近くにある筋肉の総称で、深層筋と呼ぶこともあります。
姿勢を美しく保ったり、関節を細かく動かしたりするにはこのインナーマッスルの動きが大切です。
人の身体はインナーマッスルを駆使して複雑な動きをおこなっています。
いわゆるアウターマッスルといわれる外側の筋肉は大きな力を生み出すための筋肉。
インナーマッスルはアウターマッスルを補助しながら、姿勢を細かく調整するなどの役割を担っています。
ダンスのような繊細な動きや、表現力を必要とする動きにはインナーマッスルの働きが必要になります。
一般的なウェイトトレーニングはアウターマッスルを鍛えるものです。
大きな筋肉を太く硬く育てることを目的としています。
ピラティスは普段意識しない筋肉を動かし強化することができると言われるエクササイズ。
細くて長いインナーマッスルを伸ばして鍛えるにも効果的だと言われています。
ダンスにはダイナミックな動きも大切ですが、その動きを支えているのは繊細な動作です。
インナーマッスルを鍛えることはダンスおいて土台作りと言えるでしょう。

リハビリとして利用されるピラティスでケガをしにくい身体になりましょう


ダンスをはじめとするプロのアスリートたちの間でもピラティスはトレーニングに取り入れられています。
その理由はピラティスはケガをしにくい身体を作るからです。
ピラティスはもともとリハビリ治療に用いられたエクササイズです。
トレーニングといえば大きな負荷をかけてパワフルな動きをするようにイメージするかもしれませんが、ピラティスはむしろ逆です。
ゆったりとした動きで体の隅々まで伸ばすように動かします。
骨格や筋肉を意識して動かすことで、体幹を安定させ身体をコントロールできるようになるのがピラティスの目標です。
身体が柔らかいとケガをしにくいということを聞いたことはないでしょうか?
実は体が柔らかいだけではまだ不十分。
柔らかい身体をコントロールするための筋肉や骨格が大切なのです。
自分が思うように身体をコントロールできれば、ケガは起こりにくくなります。
ピラティスは自分の体にとって適切なケアを学び、最高のコンディションを作るエクササイズなのです。

ピラティスのアイソレーションがダンスの表現力を豊かにしてくれます

ピラティスの代表的な原理の一つにアイソレーションというものがあります。
アイソレーションとは分離、孤立を意味する言葉。
実はこのアイソレーションの原理がダンスにとってとても重要な意味を持つのです。
アイソレーションとは関節や筋肉を独立して動かす動作。
身体の各部位のアイソレーションができていない状態は、動くべき関節や筋肉が上手く動いていない状態だということです。
その結果、動かない部分の代わりに、身体のほかの部分に負担がかかってしまいます。
ピラティスではアイソレーションを通じて身体の動きにくいパーツを明らかにします。
骨盤の位置や背骨のポジションを調整することで身体全体の動きをコントロールできるようになると言われています。
いままでなんとなくでつなげてきた動きも、それぞれ体のパーツをしっかり意識することで滑らかに行うことが可能になります。
一連の動作で身体をしなやかに使うことで、ダンスの表現力を豊かにできるのです。

(まとめ)ダンスをしている人にピラティスが効果的って本当?

1.ピラティスを始めるとダンスの動きにもうれしい効果があります

ピラティスは身体のパーツそれぞれに意識を向け、全体をバランスよく鍛えられるエクササイズです。
ケガもしにくくなると言われ、ダンスやスポーツをしている人に支持されています。

2.ピラティスでダンスに必要なインナーマッスルを鍛えることができます

ダンスの表現力や繊細な動きに必要なのがインナーマッスル。
体に深層部にあり、持久力を司る筋肉です。
ピラティスはインナーマッスルを強化し、柔らかい動きを可能にするために効果的だと言われています。

3.リハビリとして利用されるピラティスでケガをしにくい身体になりましょう

ダンスなどスポーツでの事故やケガを減らすには自分の体のコントロール方法を知ることです。
ピラティスは体の隅々まで骨格や筋肉を意識するエクササイズ。
ケガを事前に予防するにも効果的です。

4.ピラティスのアイソレーションがダンスの表現力を豊かにしてくれます

ダンスに必要なのは体のパーツそれぞれの特性を知り、思うように動かすこと。
そのためにはピラティスのアイソレーションが役に立ちます。
関節や筋肉を独立して動かし、弱い部分を強化し調整することで滑らかな動きが可能になります。

500円体験レッスン
ピラティス体験予約ヨガ体験予約
ピラティスの体験レッスン ヨガの体験レッスン