ピラティス専用のベッドって何?

ピラティス専用のベッドを使用することで身体に負担をかけずにエクササイズを行うことができると言われています


ピラティスはもともと負傷した兵士のリハビリが始まりと言われています。
そこで身体に負担がなく、ベッド上で行えるエクササイズのために器具が考案されたと言われています。
ベッド型の器具は負荷のコントロールや正しい動きをサポートできるため、効率的にピラティスのエクササイズが行えると言われています。
ベッド型のマシーンとして、「リフォーマー」と呼ばれる滑車がついたマシーンが代表的です。

ピラティス専用のベッドは効率的に筋肉を鍛えることができると言われています

ピラティス専用のベッドを使うことで、メリットとデメリットがあります。

ピラティス専用ベッドを使用するメリット

  • 負荷をコントロールすることができる
  • 体幹をしっかり安定させることができるため、動きを広げさまざまな筋肉を鍛えることができる
  • 柔軟な筋肉を作ることができる
  • 身体に負担をかけることなく、インナーマッスルを鍛えることができる
  • 姿勢改善効果やパフォーマンス性の向上などに繋がる

ピラティス専用ベッドを使用するデメリット

  • ベッドが高価
  • 設置スペースが大きいため、自宅で購入するにはハードルが高い

ピラティス専用のベッドを使用するデメリットは、ピラティス専用のスタジオに通うことで解消されます。
身体に負担をかけないためにも、ピラティス専用のベッドを使ったエクササイズを行うメリットは大きいと言われています。

「リフォーマー」と呼ばれるピラティス専用のベッドが一般的に使われています


ピラティス専用のベッドの中でもポピュラーなものは「リフォーマー」と呼ばれるです。
もともとはリハビリ用のベッドをピラティスに向け改良したもので、滑車やスプリングなどで負荷量が調整できます。
この「リフォーマー」を使用することで、立った状態でも座った状態でもピラティスのエクササイズが行えます。
マット上ではできないエクササイズも、「リフォーマー」を使用することで負担なく行えます。
反対にもっと負荷量を上げたい人に対しても抵抗を強くできるというメリットがあります。
自分の身体の状態に合わせてエクササイズを行えるため、調子が悪い時もピラティスが無理なく行うことができます。

リフォーマー以外の器具とは

キャデラック

「リフォーマー」とは異なり、左右にスプリングがついている器具です。
身体のバランスを整えることに適していると考えられています。

ワンダチェア

椅子型の器具で、スプリングを負荷にして使用します。
バランスの向上やスポーツ選手などのトレーニングにも効果的と言われています。
他にもさまざまな器具があるため、自分の体調に合わせたエクササイズが可能になります。

スタジオに通うことで、正しいフォームでピラティスが行うことができます

ピラティス専用のベッドなどを使うことで、今までできなかった難しいエクササイズも可能になります。
ただマットで行うピラティスも身体1つでエクササイズができるため、家などさまざまな場所で行えるというメリットがあります。
環境や状態に合わせてマットや器具などさまざまなやり方でエクササイズを行うようにしましょう。
ピラティス専用のベッドは、器具があるスタジオで行うことができます。
スタジオに通うことで、マシーンが使えるというだけではなく多くのメリットがあります。

スタジオに通うメリット

ピラティス専用の器具が使える。

器具を利用し、身体に負担が少ない効率の良いエクササイズが可能になります。
器具を使用することで500種類以上のエクササイズが可能になると言われています。

正しい知識を得たインストラクターから指導が受けられる。

ピラティスの正しい知識を持ったインストラクターから指導を受けることで、正しいエクササイズのやり方を行うことができます。

意識するポイントや姿勢などの細かな指導を受けられる。

慣れない間は呼吸などを忘れてしまいがちになります。
インストラクターから都度指導やアドバイスを受けることで、正しいフォームでピラティスが行えるようになります。
正しいフォームで行うことで、効果がアップすると言われています。

同じ目的の仲間と出会え、モチベーションが高まる

目的意識を共有できる仲間と出会えることで、切磋琢磨できモチベーションを維持することができます。

(まとめ)ピラティス専用のベッドって何?

1.ピラティス専用のベッドを使用することで身体に負担をかけずにエクササイズを行うことができると言われています

ピラティス専用のベッドは、身体に負担をかけずに、負荷のコントロールや正しい動きをサポートする効果が期待できます。
代表的なベッド型の器具は「リフォーマー」と呼ばれるものです。

2.ピラティス専用のベッドは効率的に筋肉を鍛えることができると言われています

ピラティス専用のベッドは負荷をコントロールし、効率的に筋肉を鍛えることができると言われています。
ただ、高価で設置スペースが広く確保するデメリットがありますが、ピラティスのスタジオに通うことで解決できます。

3.「リフォーマー」と呼ばれるピラティス専用のベッドが一般的に使われています

最もポピュラーなものが「リフォーマー」と呼ばれるピラティス専用のベッドです。
「リフォーマー」は負荷量が調整でき、座った状態でも立った状態でもエクササイズが行えます。
さまざまな人に使用できる万能なピラティス専用のベッドです。

4.スタジオに通うことで、正しいフォームでピラティスが行うことができます

マットで行うピラティスも手軽に行えるというメリットがあります。
環境などに合わせてマットや器具などを組み合わせてピラティスを行ってください。
スタジオに通うことで、正しいフォームでピラティスを行うことができると言われています。

500円体験レッスン
ピラティス体験予約ヨガ体験予約
ピラティスの体験レッスン ヨガの体験レッスン