ピラティスで骨盤を締めることができる?

ピラティスは骨盤を締める効果が期待できます

DSC06897
ピラティスは産後の骨盤を締める効果があると認知されており、産後の体重管理メニューにも広く取り入れられています。
出産に伴って骨盤は大きく開きます。
そのままにしておいても骨盤は戻っていきますが、正しい位置に戻るわけではありません。
もともと骨盤が歪んでいた場合はなおさら正常な位置に自然に戻る事は期待できないでしょう。
骨盤の位置がずれている状態だと、代謝も悪くなり、体重管理を成功させるのが難しくなってしまいます。
ですから、産後の骨盤が戻っていく数カ月の間に、正しい位置で戻す事が必要なのです。
ピラティスのエクササイズは体に無理なく行えるので、産後まもなくから始めることが可能で、骨盤を締める効果が期待できます。

産後の体重管理の基本

産後の体重管理は、出産を終えた多くの女性にとって課題となるでしょう。
妊娠に伴って骨盤が開いてしまうため、通常の骨盤の位置ではなくなります。
2,3カ月で元の状態に戻るとも言われていますが、元々の骨盤の歪みがあると、正常な位置には戻ってくれません。
骨盤が正常な位置に戻らないと、周辺の血流の悪化を招き、代謝効率を低下させます。
つまり、太りやすくなってしまうのです。
いくら頑張っても、骨盤の位置が悪いと効率が悪いばかりか、お腹がぽっこりと出てしまうなど、いい事がありません。
ですから、まずは産後の体重管理のスタートとして、骨盤の位置を正しく矯正する事は非常に大切な事なのです。
さらに、産後の骨盤の位置は半年を過ぎると固まってしまうので、少なくとも産後2カ月くらいでは骨盤矯正を行う事が最善とされています。
産後も美しいスタイルを取り戻し、維持するためには最初の数カ月がとても大切で、この時期に骨盤の位置を正しく調整する事が成功の近道と言えるでしょう。

無理のないエクササイズ

_09Q1119
産後の体重管理のカギを握るのは骨盤です。
骨盤は出産に伴って、開いてしまっています。
そのため、骨盤を締めることが大切です。
そのために有効と言われているのが、ピラティスなのです。
ピラティスは、もともとリハビリのために開発、発展してきたエクササイズです。
そのため、出産後まだ体力が戻ってきていないとしても、自分のペースで始めることができます。
もしも、骨盤が歪んだままで固まってしまうと姿勢が変になってしまったり代謝が悪くなったります。
また、次の出産の時にも、骨盤の歪みによって子宮が圧迫され難産になる危険性も高まり、お産が長引いたり、帝王切開になったりするなど、母体に負担をかける事態に陥る事があります。
その危険を防ぐためにも骨盤矯正をしておくことはとても大切でピラティスは高い効果が期待できるエクササイズとして注目されているのです。
もともと、リハビリに広く用いられてきただけあって、あまり自由に体を動かせない状態でも体に負担をかけずに効果的なエクササイズを行えるでしょう。
一つの具体的な方法としては、まず膝を立てて仰向けに寝転びます。
股の近くにクッションなどを挟みます。
そして、太ももに力を入れて、息を吸いながら膣を締めます。
この時軽く骨盤を後傾させます。
そして、そのままの形でキープしたら、息を吐きながらゆっくりと骨盤を前傾に戻していきましょう。
後はこれを自分のペースで繰り返すだけです。

なぜピラティスで骨盤を締めることができるのか

なぜ、このエクササイズで骨盤の矯正ができるかというと、骨盤底筋群を鍛えることに効果があるとされているからです。
骨盤底筋群とは腹筋、背筋などに繋がっている重要な筋肉のことで、この筋肉を鍛えることによってインナーマッスルが強化され、体を安定して支える事ができるようになります。
骨盤周辺の筋肉が弱いと、骨盤を幾ら正しい位置に戻してもまたすぐに歪んできてしまいますので、この骨盤底筋群を鍛えてこそ、理想的な骨盤のポジションに安定させることができるのです。
また、骨盤底筋群を鍛えて骨盤を縮めることにより、骨盤を正しい位置に戻すことは、健康な体を作るためにもとても重要です。
もし骨盤底筋群が弱くなってしまうに任せると、内臓が支えられずに膣から飛び出してしまう骨盤臓器脱という症状になる可能性もあります。
そして、次の出産までに骨盤が戻らないと、出産時に神経も損傷される危険もあり、その後何年かの間に臓器が下垂しやすい状態にもなってしまうのです。
ピラティスはこうして考えるとその後の体の健康にも大きな影響を与えますので、無理のない範囲で地道に始めてみるのがよいかもしれません。

(まとめ)ピラティスで骨盤を締めることができる?

1.ピラティスは骨盤を締める効果が期待できます

産後の体重管理は多くの人が課題としています。
その近道は骨盤を締め、正常な位置に戻す事です。
出産により開いた骨盤を、締める効果がピラティスにはあるとされています。

2.産後の体重管理の基本

産後の体重管理は食事制限をしたり運動をしたりすることをイメージするかもしれません。
しかし、その前に骨盤を締めて正しい位置に戻すことが重要とされています。
ピラティスはそのために高い効果がある事で知られています。

3.無理のないエクササイズ

ピラティスはリハビリのために開発、発展してきたエクササイズのため産後まもなくでも、体に無理をかけることなく始める事が可能です。
方法は簡単ですが、継続する事で高い効果が期待できます。

4.なぜピラティスで骨盤を締めることができるのか

骨盤底筋群と呼ばれる骨盤を支える筋肉にピラティスエクササイズは効果的に負荷をかけ、強化できると知られています。
この筋肉こそ、骨盤を正しい位置にキープする上で強化する事が不可欠です。

キャンペーン実施中!
今ならグループレッスンの
体験1回500円(税込)!
さらに体験当時入会で
月会費2ヶ月無料!
SNSでシェア
ピラティスの体験レッスン ヨガの体験レッスン