ヨガには筋肉を鍛える効果があるの?

ヨガは筋肉を鍛えダイエットにも効果的だとされています

ヨガは腹式呼吸を繰り返し、全身を使ってポーズをとるので、体の深層部の筋肉が鍛えられると考えられています。筋肉を鍛えるには、猫のポーズや牛の顔のポーズ、サギのポーズなどがおすすめです。
筋肉を鍛えるというと、筋トレが一般的です。筋トレは無酸素運動で体の表面の筋肉を鍛え、見た目にもムキムキの力強い体作りに効果的です、
一方でヨガは酸素を取り込みながら、深層部の筋肉を鍛え、骨格の歪みを正し、代謝を上げて脂肪燃焼を促すエクササイズだとされています。女性でもムリなくできて、しなやかで美しいボディラインの実現が目指せると考えられています。

ヨガには筋肉を鍛えるのによいとされるポーズがあります

ヨガは腹式呼吸を用いながら、全身を動かして体の奥の筋肉、インナーマッスルを鍛えるエクササイズです。では筋肉を鍛えるのによいとされるヨガのポーズを見ていきましょう。

猫のポーズ

お腹からお尻にかけての引き締め、背骨の体幹を鍛えるのに効果的だとされるポーズです。床に四つん這いになって背中を丸め、腹筋をへこませていきます。
1.まず、床に四つん這いになって、腕と足を開きます。手は肩の真下、膝は腰の真下にくるように配置します。
2.腹筋に力を入れてへこませ、背中を丸めます。
3.頭を下に下げて目線はお腹に向け、首の後ろを伸ばし頭をお腹へとできる限り近づけます。
4.そのまま今度はゆっくり頭を上げて背中を反らします。そのまま止まって5回呼吸を繰り返して、元の状態に戻します。
10回程繰り返してみましょう。

サギのポーズ

床に座って足を上に伸ばし、太ももからふくらはぎまでを伸ばすポーズです。足の血流を促し、とくに下半身を引き締める効果が期待できます。
1.膝を伸ばした状態で背筋も伸ばし、床に座ります。
2.右膝を体の方へと曲げて足の甲を床に着けます。
3.左膝を曲げて体の方へと両手で引き寄せます。左足の甲と裏を両手でつかんで持ち上げ、ゆっくりと膝を伸ばしていきます。
4.一旦息を吸い、今度は吐きながらゆっくりと左足を伸ばし、足をできる限り天井に向かって上げていきます。
5.上がる限界まできたら静止し、5回呼吸を繰り返してから降ろします。
6.右足も同様に行い、左右の足で10回ずつやってみましょう。

牛の顔のポーズ

座った状態で腕を後ろに組んで二の腕の筋肉を伸ばし、強化させて引き締めを図るポーズです。体が硬い人はムリのない範囲で行いましょう。
1.両膝を立てた状態で床に座ります。
2.左足は右足をまたぐ形で外側にもっていき、右膝は倒してつま先が左へ向くようにします。左右の足を交差させるような状態になります。
3.右足のかかとは左腰へ、左足のかかとは右腰へ近づけます。
4.右手を上に上げて肘を曲げ、後ろへと倒します。
5.下から左手を伸ばして、背中で右手をつなぎ、呼吸を5回繰り返します。
6.足と手を変えて同じように行い、左右で10回行いましょう。

ヨガは女性でもムリなく筋肉強化が目指せると言われています

筋肉を鍛えるというと、筋肉に負荷をかけるつらいトレーニングを我慢してやらなければならないというイメージがあります。しかし筋肉を鍛えるといってもヨガは、ムリなくインナーマッスルを鍛えることができるエクササイズで、女性でも始めやすく続けやすいと考えられています。

女性でもムリなくインナーマッスルが鍛えられる

ヨガはそもそも筋肉を鍛えるというよりも、歪んだ骨格を正して、内臓機能を活性化させることで健康的な体づくりが実現できるエクササイズとして認識されつつあります。深い腹式呼吸を繰り返し、酸素をたっぷり取り入れながら、全身を使ってポーズをとっていきます。
その結果として基礎代謝が高まり、脂肪燃焼が促されて体が自然と引き締まるというダイエット効果をもたらすと言われているのです。体の表面の筋肉を鍛えると、筋肉が肥大して見た目にもムキムキな力強いスタイルになっていきます。
しかしヨガは脂肪燃焼により脂肪を減らすと同時に、体の奥の筋肉を鍛えるので身体が引き締まります。女性らしいしなやかでやや丸みのあるボディラインが実現しやすいと考えられているのです。

年齢に関係なく始められる

ヨガでも筋肉に多少負荷はかかりますが、レベルに応じてポーズの難易度や負荷も違います。自分のレベルや体力、筋力に合ったポーズを取り入れることで女性でも、また高齢の方でも年齢を問わずムリなく始められるのです。
ムリをしなければ、体を痛めることもなく、継続させることのヨガの持つ効果はしっかり発揮され、自身でもその効果をいずれは感じられると言われているのです。
[SmartAds1]

ヨガと筋トレには違いがあります

筋トレというと、筋肉を鍛えて強化し、体を引き締める効果があるとイメージされるでしょう。筋トレは、酸素を取り込まない無酸素状態で筋肉を動かして、体内の糖分を消費してエネルギーへと変換します。

無酸素運動の筋トレ

筋肉は大きな負荷がかかると損傷しますが、傷を修復する過程において筋肉が増強されていくというメカニズムがあります。筋トレはこのメカニズムを利用したものなので、継続すると筋肉がどんどん鍛えられ、大きくなります。
脂肪を減らして体を引き締める効果もありますが、脂肪が減る代わりに筋肉が厚くなって増えていきます。筋肉の肥大化を図るというのが筋トレの特徴だともと言えます。

呼吸法により酸素を取り込むヨガ

一方でヨガは無酸素運動の筋トレとはメカニズムが大きく異なります。ヨガは腹式呼吸でしっかり酸素を体内に取り込みながら行う有酸素のエクササイズです。
全身の筋肉を使って色々なポーズをとります。血流やリンパの流れが促されて、細胞が活性化します。
筋肉がほぐれて関節の可動域が広がり柔軟性が備わってきます。代謝が上がって熱が生まれ、脂肪が燃焼されて減っていき体が引き締まる効果が期待できます。
ヨガは体の表面の筋肉を鍛える筋トレとは違い、体の深層部にあるいわゆるインナーマッスルを鍛えるエクササイズだといわれています。この体幹が強化されることで背骨や骨盤をしっかり筋肉で支えることができるようになり、歪みが正されて姿勢が良くなります。
それに伴い、ズレていた内臓も元の正しい位置に戻されるので内臓機能も向上し、体調がよくなるとも言われているのです。

ヨガと筋トレはどっちにもそれぞれ良さがあります

ヨガと筋トレは体を鍛え、筋肉を増強するという意味では似たような面があります。しかし体を引き締める、スタイルアップを図るという観点からは違いがあり、また強化される筋肉も異なります。

筋トレは基礎代謝が上がり、太りにくい体作りが目指せる

どちらがよいかは何を目的とするかによっても違うので、一概には言えませんし、それぞれにも良さがあります。筋トレは、体内の糖質を効率よくエネルギーに変換することで基礎代謝が高まるので、太りにくい、糖質を筋肉に変えやすい体質へと変えていく効果が期待できます。
さらに筋肉を増強させることで、見た目にも力強いインパクトのある体作りが目指せるというのもメリットの一つだと言えます。また筋肉に負荷をかけて傷めつけるのでトレーニング中はきついですが、終わった後に心地よい疲労感が生まれ、心身のリフレッシュにつながる、ストレスに強くなるといったメンタル面での利点もあると言えるでしょう。

ヨガは柔軟性が備わり、美しいボディラインが目指せる

一方でヨガの場合は、インナーマッスルを鍛えることで、背骨や骨盤の歪みを正し、猫背が改善され姿勢が良くなるというメリットがあると言われています。姿勢が正されることに伴い、ズレた内臓も元の正しい位置に戻るので、お通じが促される、免疫力が高まるなどの効果も期待できます。
さらに深い呼吸を行うことで酸素が体内や脳内にたっぷり取り込まれ、血流やリンパの流れがスムーズになります。手足の末端にまで血液が行き届き、冷え性が緩和される、老廃物が排出されてデトックス効果が現れ、お肌の調子が良くなるといった効果もあるとされています。
脂肪を燃焼させながら、深層部の筋肉を鍛えるので、見た目にも体が引き締まりスタイルアップの効果も高いと言えるでしょう。また深い呼吸により心身にリラックス状態が生まれ、気持ちが落ち着く、ストレスが解消されるなどメンタル面にもよい影響を与えます。
脳への新鮮な酸素が届くため脳細胞が活性化され、集中力や記憶力の向上にもよいと考えられているのです。

(まとめ)ヨガには筋肉を鍛える効果があるの?

1.ヨガは筋肉を鍛えダイエットにも効果的だとされています

ヨガは体の深層部の筋肉を鍛えるのに効果的なエクササイズです。筋トレのように負荷に耐えることなく筋肉が強化でき、女性でもムリなく続けられます。
脂肪燃焼を促し、体を引き締めることでしなやかなボディラインの実現が目指せます。

2.ヨガには筋肉を鍛えるのによいとされるポーズがあります

ヨガには筋肉を鍛えるのに効果的だとされるポーズがあります。腹筋や背筋によいとされる猫のポーズや、下半身の引き締めに効果的なサギのポーズ、二の腕の筋肉に効くと言われる牛の顔のポーズなどがおすすめです。

3.ヨガは女性でもムリなく筋肉強化が目指せると言われています

ヨガは酸素を取り込みながら全身を動かし、インナーマッスルを鍛えるエクササイズなので女性でもムリなく筋肉強化ができると言われています。また体力などにレベルに見合ったポーズを選ぶことで、年齢を問わず気軽に始められます。

4.ヨガと筋トレには違いがあります

筋トレは無酸素運動で、筋肉に負荷をかけて損傷させ、修復を促しながら表に見える筋肉を増強させるという特徴があります。一方でヨガは、酸素を取り込み脂肪燃焼を促しながら、インナーマッスルを鍛えて体を引き締める効果が期待できるというのが特徴です。

5.ヨガと筋トレはどっちにもそれぞれ良さがあります

筋トレは基礎代謝が上がり、太りにくく見た目にも力強い印象の体作りが目指せるなどの利点が挙げられます。ヨガは脂肪燃焼を促し、インナーマッスルを鍛えることでしなやかでボディラインのキレイな体作りが目指せるなどのメリットがあります。

キャンペーン実施中!
今ならグループレッスンの
体験1回500円(税込)!
さらに体験当時入会で
入会金無料!
SNSでシェア
ピラティスの体験レッスン ヨガの体験レッスン