ヨガは太ももにどのような効果をもたらすの?

ヨガにより血流などが促され、代謝が上がることで太ももの引き締め効果がもたらされると言われています


ヨガは腹式呼吸を繰り返しながら全身でさまざまなポーズを行う身体技法です。心身によい影響をもたらすとされています。
血流やリンパの流れが良くなり、むくみが軽減すると言われています。またエネルギー消費が盛んになり熱が生まれて脂肪燃焼が促されることにより、太ももの引き締めにもつながると考えられているのです。
バッタのポーズや三日月のポーズは、ヨガのポーズの中でもとくに太ももの筋力アップに効果的だとされているのでやり方を覚えてトライしてみましょう。ただヨガは初心者が独学で正しく行うのは難しいとされています。
レッスンを受けることで効率よく正しいヨガが身につきやすいと考えられています。

ヨガを行うことで、太もものむくみ解消や脂肪燃焼が促されると考えられています

ヨガは腹式呼吸を行いながら、全身を使ってポーズを取ることでインナーマッスルを鍛える身体技法です。心身を健康にすると考えられており、太ももにもよい効果が現れやすいと言われています。
具体的には太もものたるみを引き締めて、美脚に近づける効果が期待できるとされています。

血流やリンパの流れが良くなる

太ももは一度太くなると、部分的に引き締めるのはなかなか難しく、時間を要すると言われています。しかしヨガを行うことで自然と硬くなった全身の筋肉がほぐれます。
さらに普段が使われない深層部の筋力が強化され、関節にも柔軟性が備わります。すると血液やリンパの流れがスムーズになります。
そしてむくみの原因となっていた老廃物や余分な水分が排出されやすくなり、太もものむくみが解消されて引き締まります。

代謝が上がり、脂肪燃焼が促される

ヨガの深い呼吸で酸素がたっぷり取り込まれ、血液によって各細胞へと運ばれるので内臓機能が向上します。すると細胞や筋肉、内臓器官でエネルギーが盛んに消費されるようになって、熱が生まれます。
体内で熱量が増えると体温が上昇し、代謝が上がって脂肪燃焼が促されるため、全身が引き締まってきます。そして太ももについた脂肪も徐々に燃やされて少なくなるので、太ももの引き締めが期待できるというわけです。

むくみや落ちにくいセルライトが原因で太ももが太くなるとされています


太ももは太くなると引き締めるのが難しいとされています。それは太ももが太くなる原因に関係しているので見ていきましょう。

むくみやすい

太ももが太くなるのは、下半身の血液やリンパの流れが悪くなり老廃物が溜まってむくみが出るのも原因の一つです。太ももはハムストリングスなどの筋肉に囲まれていますが、とくに女性は筋肉量もさほど多くないのでリンパ液が詰まりやすく、老廃物が溜まってむくみが出やすいとされています。

脂肪が落としにくい

皮膚のすぐ下、皮下組織の内側には脂肪細胞があります。この脂肪細胞が肥大化し、セルライトが増えることも太ももが太くなる要因とされています。
不規則な生活や食生活の乱れ、加齢や運動不足などにより代謝が低下すると、血液やリンパの流れが滞り、老廃物が溜まります。脂肪細胞に老廃物が絡み合う、そして脂肪細胞同士が結合することでセルライトができ、増えていきます。
セルライトは太ももやヒップなどにできやすく、落ちにくいと言われています。肌の表面にまで押し上げられてセルライト特有のデコボコが目立つので、見た目にもよいとは言えません。

骨盤のズレ

上半身を支える骨盤がズレていると、下半身への血流が滞りがちになるので老廃物が溜まる、細胞が活性化されないなどの弊害が生じます。むくみやセルライトが増える要因にもなり、結果的に太ももが太くなってしまいます。
[SmartAds1]

太ももの引き締めにはバッタのポーズや三日月のポーズがよいとされています

太ももの引き締めに効果的だとされるヨガのポーズがあるので、見ていきましょう。

バッタのポーズ

うつぶせになって足を上に上げるポーズです。比較的簡単にできます。
1.床にうつぶせに寝て足を真っすぐのばし、腕は体に沿わせて両掌を床に着けます。顎も床に着けた状態にします。
2.両手の甲を足の付け根辺りに盛っていくように体の下にもぐりこませます。
3.鼻から息を吸いながら左足を45度位まで上げて、そのまま10秒静止します。顎からお腹までは床につけた状態で、上げた左足は膝を曲げないように真っすぐ伸ばします。
4.息を吐きながら左足を下ろし、今度は右足も同じように上げて下ろします。左右交互に行い、これを5回繰り返しましょう。

三日月のポーズ

足を前後に開いて腰を落とすポーズです。股関節を適度に刺激します。
1.右足を前に、左足を後ろに前後に足を開きます。
2.腰を落としながら、右膝を直角に曲げ、左足は膝を真っすぐ伸ばし膝から足の甲までは床にべたっと付けます。両腕は下げて指先を床につけて体を支えます。
3.上体を起こして息を吸いながら背筋を伸ばし、両手を上に上げて肘も伸ばして顔は正面を向けます。息を吐きながら右足に力を入れて前に踏み込みます。
呼吸を繰り返しながら20秒程静止し、体を元に戻します。足を替えて行い、左右の足で5回程繰り返しましょう。

ヨガレッスンに通うことで正しい呼吸法やポーズが身につきやすいと言えます

独学では正しいやり方が身につかない場合も

ヨガの太もも引き締めによいとされるポーズは、慣れてくればスムーズに行えるようになります。ただとくに初心者や体が硬い人にとってはじめは難しく感じるかもしれません。
さらにヨガでは腹式呼吸を取り入れており、呼吸を繰り返しながら心身をリラックスさせ、ポーズを行うことでインナーマッスルの強化を図ります。腹式呼吸のマスターが重要になります。
ヨガは本やネットの動画、DVDなどを使い、独学でもやれないことはありません。しかし自分自身で行っても、正しいポーズが取れているかよくわからず、間違ったポージングにより身体を傷める可能性もあります。
そしてポーズや腹式呼吸が正しく行えていないと、自分ではポーズが取れていると思っていても、ヨガが心身にもたらす効果が十分に発揮されません。

レッスンを受けることで上達しやすくなる

ヨガを正しく行うためには、やはりレッスンを受けて基礎からきちんと身に着けるのがよいと言えるでしょう。レッスンは難易度に合わせてクラスが分かれているので、自分に合ったレベルでムリなくヨガが進められます。
インストラクターがポーズを見てくれて、正しく指導してくれるのでヨガが上達しやすいともいえるでしょう。より細かくチェックしてもらいたい場合は、インストラクターとマンツーマンでレッスンできる、プライベートレッスンもあるので活用できます。

心身に変化を感じるには、ヨガは習慣化させ、長く続けることが大事です

体が本来の姿に戻り、自然と身体が引き締められる

ヨガのレッスンを受けると、早く太もも引き締め効果が出ないかと期待する人もいるでしょう。しかしヨガは本来ダイレクトに太ももを引き締めることを目的としていません。
ヨガの呼吸法とポーズにより、心身のリラックスすることで、自然と筋肉や関節がほぐれて、徐々に筋力がアップしていくものです。生活の中で習慣化させて、長く続けることで体を内側から自然に本来あるべき姿へと戻していくものです。
その過程において、普段使わない筋肉が鍛えられ、全身が引き締められることで、おのずと太ももが引き締まってくると考えられます。

ムリなく継続させることが大事

元からの筋肉量や代謝の上がり方などは人によって違うので、ヨガの効果の出方や出るまでの期間には個人差があります。そのため太もも引き締めの効果を感じるまでには、ある程度時間を要するのが一般的だとされています。
ムリのないように自分にできるヨガのポーズをコツコツ積み重ねていき、徐々にレベルアップしていくことが大事です。はじめのうちは使っていない筋肉を動かすことで体が痛くなることもあるでしょう。
しかし体が慣れてくることによって心も解放され、爽快な気分を味わえるようになるとされています。長く続けるには、レベルや体に合った内容で行うことがポイントとなります。

(まとめ)ヨガは太ももにどのような効果をもたらすの?

1.ヨガにより血流などが促され、代謝が上がることで太ももの引き締め効果がもたらされると言われています

ヨガは体幹を鍛え、血流やリンパの流れを促すことでむくみを解消し、脂肪燃焼を促す作用があるため太ももの引き締め効果が期待されています。バッタのポーズや三日月のポーズなどは太ももに効きやすいとされているのでやってみましょう。

2.ヨガを行うことで、太もものむくみ解消や脂肪燃焼が促されると考えられています

腹式呼吸を繰り返して全身を使ってポーズを取るヨガを続けることで、全身の筋肉がほぐれ強化されると言われています。血流などが良くなりむくみが解消され、代謝が上がることで脂肪が燃やされて太ももにも引き締め効果がもたらされると考えられています。

3.むくみや落ちにくいセルライトが原因で太ももが太くなるとされています

太ももは血流やリンパの流れが滞りやすく、むくみが出やすいため太くなりやすいと言われています。さらに皮膚の下にある脂肪細胞が老廃物などを巻き込んで肥大化し、皮膚表面に押し上げられてセルライトができてしまうのも太くなる要因の一つとされています。

4.太ももの引き締めにはバッタのポーズや三日月のポーズがよいとされています

太ももの引き締めにもつながるヨガのポーズには、うつぶせになって足を上げるバッタのポーズがあります。ほかに、足を前後に大きく開いて腰を落とす三日月のポーズも挙げられます。
どちらも比較的簡単にできるのでやり方を覚えてやってみましょう。

5.ヨガレッスンに通うことで正しい呼吸法やポーズが身につきやすいと言えます

独学でヨガを行うこともできますが、とくに初心者にとっては難しいと感じることもあります。間違ったポーズでは効果が得られにくく、体を痛めるリスクもあります。
正しいポーズを効率よく習得するには、ヨガのレッスンに通うのがよいと考えられます。

6.心身に変化を感じるには、ヨガは習慣化させ、長く続けることが大事です

ヨガは呼吸法を繰り返しポーズを取る中で、体幹が鍛えられていくうちに全身が引き締まり、その過程において太ももの自然と引き締まってくると言われています。即効性はないので、変化を感じるには生活の中で習慣化させ、長く継続していくことが大事なのです。

500円体験レッスン
ピラティス体験予約ヨガ体験予約
ピラティスの体験レッスン ヨガの体験レッスン