年齢が高くてもピラティスはできる

年齢を重ねてもピラティスはできるの?

年齢が高くてもピラティスならできる

誰しも平等に訪れるのが加齢。
みな同じように年齢を重ねて人生を生きています。
しかし、年齢による身体の変化は必ずしも平等ではありません。
身体をケアすることで健康的で若々しい身体をキープすることができます。
健康的な身体を保つ秘訣はバランスが取れた食生活と運動です。
高齢者が増える日本で注目されているのがピラティス。
ピラティスは動きが緩やかで身体に負担をかけないエクササイズです。
もともとリハビリから生まれているため、体力が無くても始めることができます。
リハビリとは「本来の状態への回復」を意味します。
ピラティスをおこなうことでもともとの身体の機能を回復して健康を維持することができるといわれています。
そのため年配者であっても無理なく続けることができるエクササイズです。

年齢とともに変化する身体にアプローチするピラティス

人は年齢を重ねることで体型や体質などが大きく変化します。
変化に合わせて柔軟に対処しましょう。
はじめに加齢による身体の変化について紹介します。

基礎代謝の低下

年を重ねるにつれて太りやすくなったと感じる人は多いと思います。
これは基礎代謝が低下したことが原因。
食べる量や運動量に変化が無ければ、基礎代謝が減ることで体重は増加します。

筋肉の減少

年をとると筋肉が減り、相対的に脂肪が増える傾向があります。
筋肉は使わないと縮み、筋力も衰退するのです。

臓器の不調

加齢によって内臓も老化していきます。
内臓機能の低下は様々な機能の障害の原因です。
年を重ねることによる変化は列挙するとキリがありません。
さらに個人差も大きく出てしまいます。
加齢による身体の変化は肉体的にも精神的にも避けられません。
長く元気でいるためにはこのような変化を受け止めた上で、適切な対応を取りましょう。
食事療法やピラティスのような運動療法など対策によって健康寿命を延ばすこともできます。

内臓機能を高めたい年齢におすすめのピラティス

ピラティスはゆったりとした動きでおこなうエクササイズです。
無理な負担をかけずに、身体の内部を整えることができるといわれています。
ピラティスで重視しているのが身体のコアのインナーマッスル。
身体の深層部にあるといわれている筋肉です。
身体の表面にある筋肉は動かしやすく鍛えるのも簡単。
しかし、身体の内部を鍛えるためには深層部のインナーマッスルにアプローチしなければいけません。
インナーマッスルは内臓や骨格を支えている筋肉。
これを鍛えることで内蔵機能や身体の新陳代謝を活発にすることができるのです。
さらに正しい姿勢を維持するためにもインナーマッスルが重要。
姿勢が悪くなると高齢者に多い腰痛や肩こりの原因になります。
内臓は栄養を吸収して身体を動かすために大切な働きをしています。
内臓のアンチエイジングは長く健康いるためには欠かすことができません。
インナーマッスルを鍛えて姿勢を正せば内臓も本来の機能を発揮することができます。
ピラティスで健康をキープするためのサイクル作りをはじめましょう。

年齢を重ねても若々しく見える身体を目指すためにピラティス

人は年をとっても若々しくありたいと願うものです。
誰しも老けたと言われてしまうと、体型や顔が気になってしまうと思います。
若々しく見える身体とはどのような体型を言うのでしょうか。
顔や体型は加齢で下へさがり丸みを帯びます。
年を重ねると太りやすくなるというのはよく聞く話です。
これは筋力の衰えや基礎代謝の低下が原因。
しかし、ダイエットするために食事を減らすとたんぱく質やミネラルが足りなくなって、老化が進みます。
若々しくみえるとは身体が健康で活力を保った状態であることです。
必要な栄養を摂取してバランスがとれた生活ではつらつとした身体を作りましょう。
体型を整えるためには食事を減らすのではなく、健康的に続けられるエクササイズを生活に取り入れましょう。
ウォーキングやピラティスのような身体への負担が少ないものがおすすめです。
大切なのは酸素をしっかり取り込むこと。
たっぷりと酸素を取り込むことは心肺機能を鍛えて脳にも効果があるといわれています。

(まとめ)年齢を重ねてもピラティスはできるの?

1.年齢が高くてもピラティスならできる

ピラティスは年齢を重ねても続けることができるエクササイズです。
健康ではつらつとした身体を作るために最小限の負荷で健康をキープすることができるといわれています。

2.年齢とともに変化する身体にアプローチするピラティス

年を取ると筋肉や基礎代謝が減少し、臓器のトラブルも増加します。
健康寿命を延ばすためには身体の変化を受け止めた上で、ピラティスのような高年齢でも続けられるエクササイズを始めましょう。

3.内臓機能を高めたい年齢におすすめのピラティス

ピラティスはコアのインナーマッスルにアプローチするエクササイズです。
インナーマッスルは内臓や骨格を支えている筋肉。
内臓機能を高めるためにはインナーマッスルを鍛える必要があります。

4.年齢を重ねても若々しく見える身体を目指すためにピラティス

若々しく見える体型の秘訣は筋力と基礎代謝のキープです。
年齢を重ねても続けることができる運動を始めましょう。
ピラティスは最小限の身体の負荷でも健康に貢献してくれるエクササイズです。

キャンペーン実施中!
今ならグループレッスンの
体験1回500円(税込)!
さらに体験当時入会で
月会費2ヶ月無料!
SNSでシェア
ピラティスの体験レッスン ヨガの体験レッスン