憧れのモデル体型に! 理想のピラティス・ボディを手に入れる方法とは

海外セレブたちを見てみると、男女問わずジムに通い、しっかりと筋肉をつけている方が多くいます。キュッと上がったヒップ、6つに割れたお腹など、細過ぎず健康的なイメージです。
しかしここ最近、韓国の女優さんや日本のモデルさんの間では、「ピラティス・ボディ」に注目が集まっています。

ピラティス・ボディとは

ピラティス・ボディとは、外側にわかりやすく筋肉がついているのではなく、ピラティスによってインナーマッスルが強化され、筋肉があるのにすらりとしたボディのことです。
通常ジムなどでトレーニングを行うと、力こぶができる、腹筋が割れるなど、外からみてわかる場所に筋肉がつきます。そのようなアウターについた筋肉を美しいと思う方も多く、シックスパックと呼ばれるようなお腹を目指す方も少なくありません。
しかしモデルさんのようなすらりとした薄いお腹を目指すのであれば、少し仕上がりのイメージが違ってしまいます。そこでピラティスの人気が高まっているのです。

ピラティス・ボディで理想を叶える

私たちの肉体は、筋肉や脂肪が無ければ細く、薄くなります。ただ全く筋肉が付いていない状態だとメリハリもなく、理想の体型とは言えません。ピラティスは、内側の筋肉をつけることで、メリハリはあるけど脚や腕はすらりと細い、そんなボディメイクを可能にします。細いだけではなく、細くて引き締まったお腹を手に入れたい方にもピラティスはおすすめです。

ピラティスのダイエット効果

ピラティスを行うことで体幹が強化されると、筋肉が正しい姿勢で身体を支えられるようになります。筋肉が付くことで基礎代謝が上がり痩せやすくなるだけではなく、内臓が正しい位置に収まるため血行がよくなり、冷え性やむくみが解消されたという方も多いようです。お腹に筋肉がついて便秘が解消されたという声も聞こえてきます。激しい運動ではないのに、しっかりダイエット効果があるのはうれしいものです。

ピラティスは正しく行うことが大切

ピラティスはヨガと混同されがちですが、ヨガが一つひとつのポーズを取りながら行うのに対し、ピラティスにはポーズというものはありません。流れるように動くのが特徴です。ヨガが腹式呼吸、ピラティスが胸式呼吸という違いもあります。
小さな筋肉まで、指先の動きまでを意識し、さらに深呼吸をしながら行うため、動き自体は難しくありませんが、いきなり自己流でやるには少し難しい運動です
もちろん動画などを見ながら気楽に楽しく行うのもいいでしょう。ただ、正しい動き、呼吸法を覚えるためには、やはりレッスンに通うのが一番の近道です。まずは体験レッスンで、無理なく手軽に始めてみてください。

 

ピラティス体験予約ヨガ体験予約
SNSでシェア
ピラティスの体験レッスン ヨガの体験レッスン