ホットヨガの後、すぐに夕飯を食べても問題ない?

ホットヨガの後、夕飯は2時間前後空けてから摂るのが望ましいです


ホットヨガにはひねりやねじりなどの動作があるため、内臓の働きが刺激された状態になります。そのためすぐに食事をしてしまうと胃や腸に負担がかかりやすいと考えられています。
またヨガの後はポーズとの調和で呼吸が整っている状態です。嗅覚や味覚によってバランスが崩れてしまう可能性があるでしょう。
ホットヨガの後は2時間前後食事を控えることが望ましいです。

ホットヨガの後すぐに食事をすると胃や腸の不調が起きる可能性があります

たとえばホットヨガを夕方以降に行ったなら、すぐに夕飯を食べたいと感じるかもしれません。しかし実際のところ、ホットヨガの後は2時間前後食事を摂らない方がよいと考えられています。
その理由の1つに、内臓への負担が挙げられます。ヨガのポーズの中には、身体をねじったりひねったりする動作が含まれているため、内臓も大きく刺激を受けることとなります。
そしてヨガが終わった頃には疲労も溜まっています。すぐに食事を摂ってしまうと、胃や腸が驚き、胃もたれや下痢などの不調を起こしてしまう恐れがあるのです。
理由の2つめは、呼吸のバランスにあります。ヨガはポーズだけでなく呼吸にも重点が置かれており、実践することでバランスが整えられます。
ヨガの後は呼吸が整っている状態ですが、嗅覚や味覚が働くことでバランスが崩れてしまう恐れがあります。
ホットヨガを行った後は通常よりも栄養の吸収率が高くなっていますから、食事の内容によっては太りやすくなってしまう可能性があります。
ヨガにダイエット効果を期待している方も、やはりすぐに夕飯を食べない方がよいと考えられます。逆に甘いものや脂っこいものなど、カロリーの高いものは推奨されていません。

ホットヨガの1~2時間前までに食事を済ませておくとよいです


ホットヨガの後だけでなく、前にも食事を摂らない方がよいと考えられています。満腹状態でヨガを行うと、身体が思うように動かせないため、ヨガ本来の効果が得られなくなる可能性があります。
さらに前屈の動作などでは腹部や内臓が圧迫されることがあり、気分が悪くなってしまう恐れがあるでしょう。食後は血液が胃に集中している状態ですから、脳にまで血が巡らず気が散りやすくなります。
そのため空腹時の方がヨガに集中して取り組むことができると考えられるのです。しかしながら夕飯時にヨガスタジオに通う方などは、全く何も食べずにレッスンを受けるというわけにはいきません。
ホットヨガは通常のヨガよりも多くの汗をかき、エネルギーも消費します。そのため胃腸に負担のかかりにくい消化のよいものを摂るようにします。
とくにスープや味噌汁、おかゆなどの温かいものが望ましいです。
ホットヨガの前に食事を摂る場合は、腹八分目よりも少な目を意識するとよいです。ヨガをはじめる1~2時間程度前までに済ませておきましょう。

ホットヨガの前後は食事の摂り方に注意が必要です

ホットヨガを行った後、2時間前後経過すれば、食事を行っても問題ないとされています。筋肉の強化を目標にしている方は、ヨガの後にタンパク質やビタミンCなどを積極的に摂り入れるとよいでしょう。
筋肉の材料となるのはタンパク質であり、タンパク質を合成するのに必要不可欠なのがビタミンCだと考えられています。
タンパク質は肉や魚、卵などに含まれていますが、プロテインサプリやドリンクなどを活用するのもよいです。
プロのアスリートの方などは、ヨガ後45分以内にタンパク質を摂取するといいます。これは、ヨガによって損傷した筋肉が大きく修復されるのが45分後とされているからです。
またホットヨガの後はアルコールの摂取を控えた方がよいです。血行が良くなっており、通常よりも酔いが回りやすくなっているからです。
アルコールには利尿作用もあるため、飲みすぎることで脱水症状の原因にもなります。ホットヨガで大量に汗を流した後は、とくにそのリスクが高くなります。
さらに筋肉の疲労回復が遅れてしまう恐れもあるため注意が必要です。

(まとめ)ホットヨガの後、すぐに夕飯を食べても問題ない?

1.ホットヨガの後、夕飯は2時間前後空けてから摂るのが望ましいです

ヨガのポーズは内臓を刺激するため、すぐに食事をすると胃腸に負担がかかる可能性があります。またヨガの後は呼吸が整っている状態ですが、食事によってバランスが崩れる恐れがあります。
そのためホットヨガの後は2時間前後食事を控えるとよいです。

2.ホットヨガの後すぐに食事をすると胃や腸の不調が起きる可能性があります

ホットヨガの後は2時間前後食事を摂らない方がよいとされています。その理由の1つは、内臓に負担がかかり胃や腸の不調を起こす可能性があることです。
2つめは、嗅覚や味覚により呼吸のバランスが乱れてしまう恐れがあることです。

3.ホットヨガの1~2時間前までに食事を済ませておくとよいです

ホットヨガをはじめる前も、1~2時間程度食事をしない方がよいと考えられています。満腹状態では身体が動かしにくく、腹部や内臓が圧迫されて気分が悪くなる可能性があるからです。
食事を摂る場合は、胃腸に負担のかからない消化のよいものが望ましいです。

4.ホットヨガの前後は食事の摂り方に注意が必要です

ホットヨガで筋肉の強化を目標にしている方は、ヨガ後の食事でタンパク質やビタミンCを多く摂るとよいです。プロテインサプリやドリンクを活用するアスリートもいます。
酔いが回りやすいため、ホットヨガの後はアルコールの摂取を控えるようにしましょう。

500円体験レッスン
ピラティス体験予約ヨガ体験予約
ピラティスの体験レッスン ヨガの体験レッスン