ホットヨガの後どう過ごせばいいの?

ホットヨガをした後は高カロリーの食事を避けて水分を取り、スキンケアもしましょう

ホットヨガを行った後は普段よりも栄養を吸収しやすいため、高カロリーのものやアルコールの摂取は控えましょう。
しかしこのときにタンパク質と吸収を助ける栄養を摂ると、ホットヨガをして傷ついた筋肉の修復に役立つのでおすすめです。
そして水分はレッスン中と同じく十分取り、軟水のミネラルウォーターにすると身体への負担が軽くなります。また汗をかきシャワーを浴びた後はスキンケアをして肌荒れを防ぎましょう。

ホットヨガを行った後は代謝が高まっている時間です

たくさん汗をかくホットヨガの後は身体の吸収力が高まっているため、口にしたものを普段よりも吸収してしまいます。そのためこのときに飲食するものには配慮が必要で、汗を流した肌のお手入れも合わせて行いましょう。

ホットヨガ後2時間の食事はとくに注意

ホットヨガの後は全く食べないようにするよりも、栄養のある低カロリーの食べ物を方が身体づくりに役立ちます。
なぜならヨガを継続すると筋力アップが期待できるため、ホットヨガの後にはタンパク質やその吸収を助ける栄養素を取ることで、筋肉を修復し強くする働きを助けるからです。
このときに取るとよい食べ物はタンパク質とビタミンCを含む温かいものです。たとえばほうれん草のミルクスープなどがあります。

水分も忘れずに

レッスン中にも水分補給をしますが、終わった後にも水分を取るようにし、このときに取る水分は水そのものが適しています。ミネラルウォーターをレッスンに持って行くのであればそれを引き続き飲んでもかまいません。
またミネラルウォーターには、硬水・軟水といった種類があり、できれば軟水を選ぶと身体に負担があまりかからず吸収しやすくなります。

レッスン後の飲酒や高カロリー食は避けましょう

栄養を吸収しやすいときは普段通り飲食をしても、必要以上に身体が反応することもあります。そのためホットヨガをした後2時間はアルコールを控えた方が安心です。
たしかにホットヨガに限らず運動をした後にアルコールを飲みたくなることがありますが、吸収力が高いことから酔いが回りやすくなってしまいます。
酔いやすいだけでなく気分が悪くなる可能性も高いことから、ホットヨガ直後から2時間以内の飲酒は避けて、ミネラルウォーターで水分補給をしましょう。
ホットヨガの後でタンパク質を多く含む食べ物を取るとき、肉類に偏ってしまうと脂肪が多い種類もあり、高カロリーになる恐れがあります。そのため高タンパクのメニューを用意するときは、肉であれば鶏ささみや皮を剥がした鶏胸肉などがおすすめです。
それから肉類のみよりも、魚や大豆製品などあらゆる種類からタンパク質を取った方が筋肉をつくるには適していると言われています。その点も考慮して、さまざまな高タンパク食品と取りましょう。

スキンケアをして汗をかいた肌にも水分を与えましょう

汗をかいたまま放置すると肌の水分まで失いやすいため、ホットヨガを行った後も汗や肌のお手入れを忘れず行いましょう。
汗の働きは体温が上がりすぎないよう防ぐことで、かいた汗が蒸発するときに熱を奪い発散させます。
ホットヨガは高い室温の環境で取り組むため、どうしても体温の上がりすぎを防ぐ目的で汗を多くかきます。しかしそのままにしておくと肌荒れを招くことがあるためスキンケアをしましょう。

ホットヨガの後のスキンケア

まずレッスン後、汗をかいたままの衣服では雑菌が繁殖するため着替えておきます。スタジオにシャワー室が設置されていれば汗を流してから帰るとよいですが、自宅でゆっくり入浴する場合はそれでもかまいません。
そしてシャワーを浴びたり入浴したりして汚れを落とした後には、化粧水や乳液などを使って保湿をしましょう。
またレッスン後にウェットティッシュで身体を拭いておく方法もありますが、アルコールが含まれた製品は清涼感があるものの肌には刺激になるかもしれません。
そのため汗をいったん拭き取るときは、柔らかいタオルかそれを濡らしたものを使いましょう。

(まとめ)ホットヨガの後どう過ごせばいいの?

1.ホットヨガをした後は高カロリーの食事を避けて水分を取り、スキンケアもしましょう

ホットヨガ後は吸収率が高いことから、高カロリーの食品やアルコールを避け、タンパク質の多い食品を摂るとよいです。
水分も水で不足のないよう取り、シャワーを浴びた後は肌にも水分を与えましょう。

2.ホットヨガを行った後は代謝が高まっている時間です

ホットヨガを終えた後は栄養を吸収しやすいため、タンパク質とその代謝に必要な栄養を取りましょう。
水分もミネラルウォーターでレッスン中から引き続き取りますが、できれば軟水が身体に優しくおすすめです。

3.レッスン後の飲酒や高カロリー食は避けましょう

栄養を取り込みやすい状態での飲酒は酔いが回りやすく、気分も悪くなりやすいため、ホットヨガ後2時間は空けてください。
高タンパク食品は高カロリーのものもあるため、肉に偏らずあらゆる食品から取ってカロリーの取りすぎを防ぎましょう。

4.スキンケアをして汗をかいた肌にも水分を与えましょう

ホットヨガの後で汗をかいたままにすると肌の水分が失われやすくなります。
そのためシャワーなどで汗を流し汚れを落とした後は、化粧水や乳液を使ってスキンケアをしておきましょう。

キャンペーン実施中!
今ならグループレッスンの
体験1回500円(税込)!
さらに体験当時入会で
入会金無料!
SNSでシェア
ピラティスの体験レッスン ヨガの体験レッスン