ヨガで妊活! ヨガが女性のからだにもたらす効果とは?

アメリカを中心にヨガをする女性が増えており、日本でもヨガをする女性が徐々に増えています。その中には、妊活として妊娠・出産を目標にしてヨガに取り組まれている方も多いです。

今回はヨガが女性のからだにもたらす効果を、妊活の視点から解説していきます。

 

1.ヨガで体質が改善される

ヨガが妊活の1つとして注目されている理由は、体質改善です。ヨガが直接的な不妊治療になるのではなく、体質改善になって妊娠しやすいからだを作ってくれるのです。

ヨガは呼吸を整えながらさまざまなポーズを取っていきます。ヨガをすることによって、腰椎や骨盤のゆがみを改善していきます。腰椎や骨盤は性機能でも重要な部位なので、ゆがみを改善することは非常に重要なのです。

また、ヨガは腹筋を鍛えることにつながり、体幹も鍛えられます。なお、ヨガは適度な運動になるので血行がよくなって、からだの冷えも取り除かれます。その結果、生殖器にも十分な血流やエネルギーが行き渡ることになるのです。

 

2.共に励まし合える仲間ができる

ヨガは、地域の教室やスタジオなどの場所で、集団で行われることが多いです。したがって、ヨガを続けていると自然と同じ境遇の仲間に巡り合えます。

妊活はただでさえ成功率の低いものですし、お金や時間もかかります。さまざまな悩みや不安を持つことも多いでしょう。その中で、同じ境遇のヨガ仲間ができ、お互いに励まし合えることは心の支えとなります。

このように、ヨガには妊活以外にも、精神面でのメリットがあるのです。

 

3.ヨガの妊活以外の効果

ヨガには体質を改善してくれたり、仲間ができて励まし合えたりするメリットがありました。その他にも、ヨガには女性ホルモンのバランスを整えてくれたり、生理が順調になったり、パートナーとの性関係を良好にしてくれるなどの効果があります。

また、ヨガをすることで主体的に人生を歩むことができ、多くの仲間と触れ合うことで多様な生き方を認められたり、精神面で自分の成長を感じられたりします。

 

4.まとめ

ヨガは体質を改善してくれて、妊娠しやすいからだを作ってくれます。また、ヨガをする過程で仲間ができ、お互いに励まし合えるのは非常に心強いことでしょう。

なお、ヨガは女性ホルモンの分泌を整えて生理を良好にしてくれたり、男性との性関係をよりよいものにしてくれたりとさまざまな効果があります。興味を持たれた方はぜひヨガに挑戦してみてください。

 

ゼンプレでピラティス・ヨガを体験!
ピラティス体験予約ヨガ体験予約
SNSでシェア
ピラティスの体験レッスン ヨガの体験レッスン