ピラティスは上半身を鍛える上でも効果的って本当?

ピラティスは上半身を鍛える上で効果があるとされています

ピラティスは上半身を鍛える上でも非常に効果があるとされています。
ピラティスの基本的なエクササイズの方法は骨盤を中心としているため、下半身や買えあだ全体のバランスの改善がクローズアップされることも多いですが、元々は負傷した兵士のリハビリのために開発されたエクササイズということもあり、体のあらゆる部分の筋力アップにも高い効果がある事が知られるようになっています。
上半身の鍛えるためには腹筋や大胸筋などの見た目にわかりやすい筋肉をイメージしがちかもしれませんが、美しくしなやかな上半身を作る上で背筋を鍛えることは欠かせません。
ピラティスの基本である腹式呼吸と、背骨回りのインナーマッスルにまでアプローチするエクササイズメソッドによって理想の上半身を手に入れる事が期待できます。

まずは呼吸を整える

上半身を鍛えようとする場合、どうしても鏡で見た時にわかりやすい腹筋や胸筋を鍛えることを優先してしまいがちかもしれません。
しかし、美しくしなやかな上半身を作る上で背筋は欠かすことができません。
背筋を鍛えるためのピラティスのメソッドを行う前に、まずは基本的な呼吸法をマスターすることが先決です。
その呼吸法とは腹式呼吸です。
お腹をへこませたまま、鼻から息を吸い、口から息を吐き出します。
この鼻から吸い込み口から吐き出すという順序は非常に大切ですので意識して取り組みましょう。
この循環によって、肺に十分な酸素が送られます。
まずはこのように呼吸を整えることによって、その後に行うピラティスメソッドのバリエーションを最大限の効果を引き出しながら行える事が期待できます。
すぐにでも筋トレがしたいというはやる気持ちを抑え、短い時間でも効果があがるように基本的な呼吸法をマスターしておくことは、上半身を鍛える近道と言えるかもしれません。

基本的な動作

腹式呼吸が自然にできるようになったらいよいよピラティスメソッドの動きに取り掛かります。
上半身を鍛えるために、とりわけ背筋を鍛えることは不可欠とされていますが、ピラティスの「フライト」という動きは、背筋を鍛えるための基本的なエクササイズとなります。
まずはうつ伏せの状態になります。
この時、手のひらは腰の横につけます。
丁度、気をつけの姿勢のまま、うつ伏せになったような状態です。
足は腰の幅に開き背骨を頸椎まで真っ直ぐにしておきます。
ここまでが動き出すまでの基本的な姿勢となります。
次に、腹式呼吸を行い、鼻から息を吸って動き出す準備をします。
口から息を吐きながら、上半身だけを床から話していきます。
この時、口から吐いている息が続かなくなるまで、上半身を起き上がらせたままにしましょう。
息が完全にはききったら、今度は息を少しだけ鼻から吸って、口からそれをまた吐き出しながらゆっくりと元の状態に戻ります。
この一連の動作がフライトと呼ばれるエクササイズです。

様々な方法と、注意点

フライトと呼ばれる基本的な動作を身につける事が出来たら、今度は手の位置を変えて動作にバリエーションをつけることもできます。
例えば、フライトの状態のまま手だけを万歳のように頭の上に置きます。
この時手のひらは内側を向くようにしましょう。
その状態で腹式呼吸をして、鼻から息を吸い込みます。
通常のフライトと同じ要領で、口から息を吐きながら上半身を起こし、はききるまでキープした後ゆっくりと元の状態に戻りましょう。
手の位置を少し変えただけで、その動作がアプローチする筋肉が異なる事が実感できるはずです。
おそらく、背中の筋肉に違和感が生じると思われますが、それこそ背中の筋肉がしっかりと影響を受けている証拠と言えるでしょう。
ただし全ての動作において反動をつけて行わないように注意が必要です。
また、途中で呼吸を止める事がないようにも注意しましょう。
さらに肩をすくめてしまったり、顎を突き出したりしてしまうと効果的なエクササイズとなりませんので、基本的な動作をそのまま行えるように意識する事が大切です。

(まとめ)ピラティスは上半身を鍛える上でも効果的って本当?

1.ピラティスは上半身を鍛える上で効果があるとされています。

ピラティスは上半身の筋肉を鍛える上で非常に効果が高いとされています。
大きな筋肉だけでなくインナーマッスルにまでアプローチする事で美しい上半身にする事が期待できます。

2.まずは呼吸を整える

上半身を鍛えるためにやみくもに腹筋を鍛えたり、腕立て伏せをしたりする事も方法かもしれませんが、ピラティスのメソッドでより効果的なエクササイズを行える事が知られています。
その基本とも言える、大事なポイントに呼吸法があります。

3.基本的な動作

腹式呼吸が身に付いたらいよいよピラティスメソッドのk本的な動作に移ります。
激しい動作ではないものの、呼吸法と組み合わせることにより高い効果が期待できるとされています。

4.様々な方法と、注意点

ピラティスによって背筋を鍛える上で、ほんの少し動作を変えるだけでアプローチする筋肉を変えることができます。
また、その際には注意しなければならない幾つかの点もあります。

キャンペーン実施中!
今ならグループレッスンの
体験1回500円(税込)!
さらに体験当時入会で
入会金無料!
SNSでシェア
ピラティス・ヨガを体験する