ストレッチはどの位の期間続ければ効果が出るの?

ストレッチはできる限り長い期間続けることで効果が出やすいと言われています

ストレッチを始めてから、効果実感するまでの期間は人によって異なります。ただすぐに柔軟性は備わらないので、長い期間続けることが大事です。
早い人だと数ヶ月で筋肉に変化が見られますが、ストレッチの強度などによって効果の出方も違ってくるとされています。体内では筋肉の細胞が増えたり、筋膜が滑りやすくなったりするなどさまざまな変化が起こるようになるでしょう。

自分の変化に気づく「ピラティス」はこちら
自分の変化に気づく「ヨガ」はこちら

ストレッチの効果が出る期間は個人差があります

ストレッチをやってみて、どの位で効果が出るのかというのは個人差があるので一概には言えません。体が元から硬い人だと、筋肉はかなり硬くなっているのでほぐされるのに期間を要します。
逆に柔軟性の高い人だと、少しストレッチをすれば早くに効果が実感できることもあると言われています。またストレッチは1回行っただけでは、十分に柔軟性をもたらすことは難しいと言えます。
伸縮を繰り返しながら徐々に動かせるエリアが広がっていき、柔軟性がついてくるものだからです。さらに、ストレッチで筋肉がほぐされても、やめてしまうとまた元の戻り硬くなってしまいます。
筋肉は長時間のデスクワークなど、同じ姿勢を維持することで生じます。ストレッチ後にデスクワークにつくことで、ストレッチの効果が時間とともに失われてしまうのです。
また筋肉が冷えると硬くなるスピードも速くなっていきます。このような筋肉の特性を考えると、ストレッチの効果を持続させるためには毎日継続させることが大事だと言えるでしょう。

ストレッチ効果が出やすかどうかは、やり方などでも変わってきます

ストレッチの効果が出るまでの期間は、医学的な根拠はありませんが、早い人でも2、3ヶ月はかかるとも言われています。それは先述したようにもともとの体の固さなどにも関係しています。
ほかにも普段から運動を全く行っていない、運動が苦手だという人だと期間を要する可能性が高いと言えるでしょう。またストレッチの強度が不足していたり、回数や時間が短かったりすることも少なからず影響を与えているとされています。ストレッチを楽しく継続するためにピラティスやヨガなど、ストレッチの要素があるエクササイズを選ぶのも一つの手でしょう。
ほかにもストレッチにより、筋肉がほぐされると血流が促され、代謝が上がり熱が生成されます。そして筋肉が温まることでより緩みやすく、伸びやすい状態になります。
しかし普段から体温が低めだと代謝が悪く、熱が作られにくいので筋肉も温まりにくいため、ストレッチの効果が軽減する場合もあるとされています。そもそも筋肉を包む膜や関節内の靱帯なども体の柔軟性と大きく関係しています。
こういった組織の生まれ変わりには約300日を要します。一度硬くなった組織は、次生まれ変わるまで柔らかくなりにくいのでストレッチをしても、その効果はどうしても出にくくなってしまうと言えるのです。

ストレッチを続けると、体の中では着実に変化が現れています

ストレッチを始めてから、効果が出始めるまではある程度の期間を要します。その間体では着実に変化が起きています。
筋肉が伸ばされた時に、反射的にぎゅっと収縮する伸張反射という現象が起こりにくくなります。ストレッチをしているのに、反射的に筋肉が縮んでしまうのは困りますが、筋肉が伸ばされ、柔軟性が備わってくると少しずつ伸ばされることに筋肉が慣れてきます。
そうなると収縮する回数が減り、筋肉が伸ばせる領域が広くなっていきます。さらに筋肉を構成している筋線維の周りには、サテライト細胞という、発達段階で筋線維になれなかった細胞が存在しています。
ストレッチにより外から刺激を受けることで、サテライト細胞が増殖して筋肉が少し長くなり、動きやすくなると言われています。また筋肉の周りを多く筋膜はコラーゲンでできています。
引っ張られることで網目状に構成を変え、伸びやすくなり、筋肉自体の可動域も広がるとされています。そして筋膜の組織の間には、水とヒアルロン酸からできた体液が存在します。
ストレッチで筋肉を伸ばされることで、体液が生成されて筋膜の滑りを良くするので、動きやすくなるとも考えられています。

(まとめ)ストレッチはどの位の期間続ければ効果が出るの?

1.ストレッチはできる限り長い期間続けることで効果が出やすいと言われています

ストレッチスタートから効果が出るまでの期間は、体の柔らかさなどよって違ってきます。ただストレッチをやめると筋肉は硬くなるので、継続させることが大事です。
またストレッチのやり方などでも効果の出方が異なります。

2.ストレッチの効果が出る期間は個人差があります

ストレッチを始めてから効果を実感するまでに期間は、人によって異なるので一概に言えません。
ただ短期間で筋肉を柔らかくするのは難しく、またストレッチをやめると筋肉も硬くなるので継続させることが大事です。

3.ストレッチ効果が出やすかどうかは、やり方などでも変わってきます

ストレッチの効果が出やすいかは、ストレッチの回数や強度、普段の体温などによっても影響を受けると考えられています。
また硬くなった筋肉を包む筋膜が生まれ変わるまでには、長期間を要するため効果が出るのにはある程度の期間がかかってしまいます。

4.ストレッチを続けると、体の中では着実に変化が現れています

ストレッチを行うと、筋肉が伸張した際に反射的に縮む伸長反射が起こりにくくなったり、筋肉の細胞が増殖して伸びたりするなどの変化が見られます。
さらに筋膜の動きが滑らかになり、筋肉の可動域が広がってきます。

ピラティス・ヨガは全身を気持ちよくストレッチできます!

キャンペーン実施中!
今ならグループレッスンの
体験1回500円(税込)!
さらに体験当時入会で
入会金無料!
SNSでシェア
ピラティスの体験レッスン ヨガの体験レッスン